CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 北海道夫婦旅2018:安臉秧垢離ーデン2 | main | 北海道夫婦旅2018:価惘清 >>
北海道夫婦旅2018:院屮侫薀謄奪蹇Ε妊・ミクニ」

私の北海道の楽しみ…‥その1番というくらい大切なのが食(グルメ)なのです。

 

 

【北海道の楽しみ方】

皆さんは、旅を計画する際には何を重点を置いて計画されますか?

人によれば、季節感(夏の場合は涼しさ)だったり、行きたい場所だったり、何かのイベントだったり

と様々なチョイスがあると思いますが、私の旅先での重点的なポイントといえば”何を食べるか”という

のが重要なファクターとなるのです。これは、国内の北海道をはじめそのほかの地でも、計画を立てるのに

その地は何が名物で、その食べ物の旬な時期・名物なお店などをチョイスしてスケジュールを組みます。

そして、その習性はハワイなどでもそうで、オアフ島では何を・カウアイ島やマウイ島・ハワイ島などでも

事前にハワイ版の「食べログ」にあたるYELPなどをチェックして、朝・昼・晩・スイーツなどの食べたいも

のをチョイスして企画を立てます。

 

 

【今回の北海道夫婦旅】

今回も、旅を計画する際に‥‥朝(ホテル)昼(レストラン・地元の名店)夜(地元で評判のお店)など

を事前に「食べログ」などのサイトでチェックしてあらかじめ食べるリストを作成しその日の行動予定を

立てます。

 

【上川町の名物:中華そば】

ここ「大雪森のガーデン」で1番最初に上川町へ来た際にも、「上川名物の中華そば」を地元の名店の「あさひ

総本店」で堪能しましたし、その後も、TV番組などで見ましたが、地元上川町出身の女性ジャンパーでオリンピック

メダリストの高梨沙羅さんもここが地元で、やはり故郷の上川町の中華そばが大好きだそうです。

最初こそ地元で評判の中華そばを美味しくいただきましたが、その後の上川町訪問では、あの名シェフ三國清三氏の

監修するイタリアンレストラン「フラッテロ・ディ・ミクニ」のとりこになり、今回も3度目で予約してお邪魔します。

 

その様子、ご覧ください。

 

 

【フラッテロ・ディ・ミクニ】・・イタリアン

■住所:上川郡上川町菊水旭ヶ丘

■電話:01658-2-3921

■営業時間:11:30-14:00、18:00-22:00

※こちらは、平成17年のミシュランガイドにも掲載されたお店。フレンチの達人の北海道増毛町出身の三國清三

シェフと、北海道イタリアンのシェフ堀川秀樹氏の2人のプロデユースされたお店です。

 

 

 

★小高い丘の頂上にあるお店

こちらは、レストランの建物を下の道路から撮ったもの、建物全体がそこからの大草原の眺望を最大限見れる

ように窓の部分が少し突き出しているのがお分かりでしょう?

DSC09971.JPG

 

 

★建物を横から

こんな風に窓の部分が突き出してあります。ですから、ここから下を見れば何も遮るものはないのです。

DSC09975.JPG

 

 

★建物のエントランス側から

駐車場から見ればまったく別の風貌ですよね。こちらが駐車場で、この脇から建物に入場します。

DSC00017.JPG

 

 

★建物のすぐ脇からの眺望

こちらからは、広大に広がった大雪高原の原風景が拝めます。この場所は、別名「神々が遊ぶ庭(カムイ

ミンタラ(アイヌ語)」と呼ばれるこの土地から望むのは、夏でも雪の残る大雪山系の雄大な姿と夜には

満天の星が降るといわれています。

DSC09976.JPG

 

 

★お店の看板

木で作られた温かみのある優しい感じのお店の表示板

DSC09977.JPG

 

 

★エントランス付近

清潔感あふれる玄関付近、冬にはこの玄関先まで雪に覆われるんでしょうね。

DSC00018.JPG

 

 

★精算カウンター付近

やはり高級感がありますよね。

DSC09981.JPG

 

 

★待合のコーナー

こんなスペースでスタッフから「お待たせしました」なんて言われるまで座っていてもずっと緊張しそう。

DSC09980.JPG

 

 

★お二人のシェフの写真

左がイタリアンの堀川シェフ、右側がフレンチの三國シェフ。三國シェフは全国的にもかなり有名ですが、

その生い立ちは北海道の増毛町という田舎の漁師町の出身で、幼いころには食べるものにも苦労したという

貧しい家庭だったそうです。そんな方々が創造する食べ物は、かなり期待感が大なのです。

DSC09985.JPG

 

 

★案内されたレストランの内部

この時間が午前11時半、我々はこの日の1番乗りというので他のお客さんはまだいません。

DSC09987.JPG

 

 

★客席の裏側が調理場

お客さんの様子がよくわかるように、ここでお客さんの食事の進み具合を見ながら制作するのだそうです。

DSC09988.JPG

 

 

★テーブルコーディネイト

木製のテーブルに同系の素材の椅子

DSC09992.JPG

 

 

★テーブルから見える大雪山系のナイスビュー

この日は少し薄曇り、晴れていたら夏場でも雪をかぶった大雪山が見えるのですが、この日はあいにく望め

ませんが、その広がりの雄大さ・大草原の広大さは大いに感じられます。

DSC09995.JPG

 

 

★メニューです

すいません、まだパスコンを買い替えたばかりで写真の回転が不可能なので画面を横にしてご覧ください。

メニュー:〆擶猊野菜サラダ⇔泳┿詐麦のパスタ・ズワイガニ・キャベツ9省婿困△泙稿擇離蹇璽好

ぅ妊供璽鉢ゥ魁璽辧次以上がこの日のメニュー、予約時に1人3,000円(税込み)でお願いしました。

そのほかにも、1人5,000円のコースもあるそうです。こちらはランチ料金で、夜はまた別です。

DSC09991.JPG

 

 

★美しいサラダの盛り合わせ

様々な新鮮な野菜が並んだ前菜、野菜ってこんなに色彩が美しかったんだと・・・・改めてウットリ

DSC09996.JPG

 

 

★自家製・フォカッチャ

DSC09999.JPG

 

 

★留萌地方の小麦を使ったパスタ

しゃきしゃきのキャベツに、ズワイガニのうま味が口に広がってたまりません。ボリュームも多すぎず、少

なすぎずちょうどのものでした。美味しいものはもう少し食べたい、というくらいがジャストなんですね。

DSC00003.JPG

 

 

★江別産のあます豚という品種のロースト

柔らかくてうまみのある豚肉でした。ソースとの相性もそれはGOODで、ペロッといただいちゃいました。

DSC00006.JPG

 

 

★デザート

地元上川産の牛乳から作られたアイス・クリーム、お隣のチョコ系のケーキとの相性もなかなか

DSC00011.JPG

 

 

★〆のエスプレッソ

最後に苦い奴を1杯、

DSC00013.JPG

 

【フラッテロ・ディ・ミクニのあとがき】

やはり有名なシェフが関わったお料理は美味しかったです。3,000円というお値段はランチには少しお高かった

のは事実ですが、日常では何度もうかがえないようなものでした。しかし、美しい眺めの下で専門のスタッフに

よるサービスを受けて食べる食事は何物にも代えられないものでした。

次回にも、またこの地へ来たとすれば絶対に伺いたいお店でした。

ブログ読者の皆様にもぜひ行っていただきたい”超お薦めのお店”です。

 

 

 

 

 

| 北海道夫婦旅2018 | 08:19 | comments(4) | trackbacks(0) | -
けんたろう さま

素晴らしく素敵な雰囲気、何時ものB級グルメとは
全く違っていますね。
高級な料理を堪能しながら、周りの風景も楽しめる・・・・
お腹にも精神的にも嬉しいでしょう。
奥様も大満足だったことでしょうね。
| ホノムボーイ | 2018/08/13 2:31 PM |
けんたろうさま

北海道のミクニさんのお店はこちらだけですか?
実は少し前にモーハのブロガーさん(割と最近なられた方)が
北海道のミクニさんのお店のお味をかなりダメ出しされていて
そうなの・・・と伺ったことはないくせに違和感を感じていました。
お味の好みは人夫々なのだからそんなこともあるのでしょうね
ちなみに、我家はけんたろうさまのお味の好みと相性がよいようなので
いつもとても参考にさせていただき、美味しいものをめぐり合えて幸せです。
| ハイチュウ | 2018/08/13 5:19 PM |
★ホノムボーイさま

そうです、たまにはB級グルメを離れてこんなおしゃれで素敵
なお店でランチするのも良いですよね。女性が好みそうなナ
イスなロケーションに、スタッフの心温まるサービス、そし
て見た目にも味わっても大満足な食事のクオリティ、たまの
夫婦だけの夏休みにちょっとだけゴージャスなランチは心ま
で豊かな気持ちになります。
※若い当時はいろいろ苦労もかけて、現在のこんな行動は過
去の反省と罪滅ぼしかも‥‥。
| ken-ta-ro | 2018/08/16 7:58 AM |
☆彡ハイチュウさま

すいません、ミクニさんのお店がここ以外に北海道にあるの
かどうかは不明です。

今回のレストラン、通常の私のチョイスよりもお値段は少し
お高く、頑張りましたがお料理のクオリティはさすがだと思
いました。ミクニさんのお料理というよりも、私の舌で味わ
ったお料理や、スタッフの程よいサービス、抜群のロケーシ
ョンでいただくランチはそのお値段以上に満足したのはいう
までもありません。

”他人様の料理のダメ出し”私には理解できませんが、自分
が感じた美味しいものは美味しい、しかしその方の体調や食
べ物の嗜好などによっても評価は人それぞれ、私にはすてき
でまた行きたくて、人様にもお勧めしたいお店でした。
| ken-ta-ro | 2018/08/16 8:07 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/2006
このページの先頭へ