CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 北海道夫婦旅2018:25:芽室の田園風景 | main | 北海道夫婦旅2018:27:中札内付近の農村風景 >>
北海道夫婦旅2018:26水にこだわるパン「カントリーブラン」

北海道の食‥‥‥食と言ったら朝ごはん・昼ごはん・晩ごはんとありますが、それ以外にもスイーツや

パン類なども食の1つ、せっかく芽室町へ来たのだからパンの名店へ伺います。

その名も『カントリー・ブラン』

 

ご覧ください。

 

 

【カントリー・ブラン】

■住所:芽室町上美生4線36-15(国民宿舎「嵐山山荘」から車で3分)

■電話:0155-61-6610

■営業時間:10:00-18:00 ■休:水曜

 

 

 

★お店の外観

このお店、道路沿いというよりも田園風景の中の小さな集落にあるお店、最初も戸惑いましたが今回は2回目

なんとかお店へたどり着きました。それくらいわかりずらいお店です。

DSC00286.JPG

 

 

★看板

DSC00287.JPG

 

 

☆店舗正面

DSC00285.JPG

 

 

★パン各種

おいしそうなパンがずらっと並んでます。まだ時間的に9時半くらい、この時間はできたてのパンが勢ぞろい。

DSC00289.JPG

 

 

カウンタ−越しの調理場

パン屋さんのオープンキッチンというのは珍しいのでは‥‥やはりこんなシステムを行うというのは腕や品質に

自信がある証

DSC00290.JPG

 

 

★さてどれをいただきましょうか

DSC00291.JPG

 

 

★イート・インコーナー

店内でもお茶しながらパンをいただけます。

DSC00292.JPG

 

 

★お店の雰囲気

DSC00293.JPG

 

 

★ハード系のパンも

DSC00294.JPG

 

 

★食パン1個が…‥な・な・なんと5,000円

これには訳があり、トーストの中には卵の代わりに烏骨鶏の卵が入り、パンの粉も全く異なるものを使用して

いるそうですが、たまに予約して買っていかれる方もいるようです。

DSC00295.JPG

 

 

★黒いメロンパン

DSC00297.JPG

 

 

★美味しい水

DSC00296.JPG

 

 

★美味しい水で焙煎されたコーヒー
DSC00301.JPG

 

 

★お店のこだわり

お伺いしたときにご主人とお話しする機会があり、この場所でパン屋さんを始めたいきさつを詳しくお話

いただきました。以前は関東のパンの会社で長年製造していましたが、自分で店を持ちたいと北海道の各地

を数か月回り、美味しい水を探し求め、最後にここ芽室町の上美生にたどり着いたとのこと、それ以来この地

で製造を続け、こだわった繁盛店として皆さんに愛されてるとのことです。

DSC00300.JPG

 

 

| 北海道夫婦旅2018 | 11:28 | comments(4) | trackbacks(0) | -
けんたろうさま

5、5、5000円の食パンとは!
食べてみた気はしますが、絶対に自分では買えません。(涙)
でもこだわりの水で作られたパンと、入れられたコーヒー
お金に返られない贅沢が味わえる気がします。
| ハイチュウ | 2018/08/29 3:32 PM |
☆彡ハイチュウさま

そうですよね、5,000円もするパンなんてのは興味本位
で食べたいけど自分の財布からという選択は100%ないで
すね。しかし、これほどのこだわりがあるので、お店の経営
者の姿勢には納得です。メロンパンをいただきましたが、や
はり口当たりも良く、それと合わせていただいたコーヒーや
お水は、やはりこの地でパン作りをしたというくらいの値打
ちはあるようです。
| ken-ta-ro | 2018/08/30 8:10 AM |
けんたろう さま

一斤が500円なら、手が出そうですが・・・・
さすがに5,000円になると、躊躇と言いますか
購入はペンディングされちゃいますね。
我が家は、その上の写真のパンで十分かも〜
| ホノムボーイ | 2018/08/30 12:08 PM |
★ホノムボ−イさま

5,000円の食パン、やはり作られる方にとればその価値
は十二分にあるようですが、やはり一般人には高嶺の花で、
やはりパンはパンで毎日買えるようなお値段が妥当だと思い
ます。

まぁこれ以外は一般的なお値段ですし、そのすべていただい
てもいいくらい種類も豊富で、また機会があれば立ち寄りた
いお店です。まぁここの水は確かにおいしくて、コーヒーな
どにも最高ですし、ましてパン職人には最高のお水なんでし
ょうね。
| ken-ta-ro | 2018/08/30 1:46 PM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/2014
このページの先頭へ