CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 北海道夫婦旅2018:29:六花の森 | main | 北海道夫婦旅2018:31:真鍋庭園 >>
北海道夫婦旅2018:30:美味しい豚丼「かしわ」

帯広の食といえば、真っ先に目に浮かぶのが”豚丼”ですよね。

まだ豚丼を食べたことのない方に豚丼とは?ちょっと説明しますと”豚肉をたれに絡めて網の上で焼いて、

そのあとにどんぶりの中のご飯にたれを浸み込めせて焼いた豚肉と絡めて完成”なのです。

 

ここ帯広周辺にも豚丼の名店がかなり多くあって、ここ中札内町にも名店の1つが存在します。

そんな豚丼の名店にこの日のお昼ごはんに出かけます。

 

 

 

【レストハウスかしわ】

■住所:更別町更別西8線15-12(帯広空港から車で10分)

■電話;0155-52-3677

■営業時間:10:00-22:00

 

 

 

★かしわさんの外観

ドライブインのようなお店、帯広市内にも名店といわれるお店が数多いのですが、ここ隣町の中札内町にも

ここ『レストハウス・かしわ』さんが大人気

 

DSC00408.JPG

 

 

★いかにも”地方のドライブ・イン”という雰囲気

しゃれた感じはありませんが、中身というのか味で勝負って感じですね。今回が2回目でしたが、やはり観光客

と地元民が半々といった構成で、地元にも深く愛されてるのを感じました。

DSC00409.JPG

 

 

★午前11時過ぎに入店

我々がうかがったのが午前11時過ぎ、お昼ごはんには少し早かったのですが、この日は7月の中旬の3連休のど

真ん中・・・・ですから、お昼の12時の1時間前でもお客さんはほぼ満席でした。席数は全部で40席程度、普

段ならこんなことはあり得ないのですが、連休中というのは仕方ないのです。

DSC00410.JPG

 

 

★メニュー

他にもセットメニューというのがありますが、やはりメインは炭火焼き豚丼なのです。

お子様用480円、小盛780円、並盛980円、大盛1,250円‥‥我々は、私が並盛、奥さんが小盛をチョイスしま

した。

DSC00415.JPG

 

 

★テーブルの上の薬味

七味唐辛子・山椒・コショウの三点セット

DSC00416.JPG

 

 

そして、待つこと約一時間…‥待つことに慣れない私はじりじりして耐えましたが、やってきた豚丼の姿を

見ればそんな怒りも吹っ飛んで…‥「いただきま〜す」でした。

 

 

★私のチョイス:普通盛り:980円

見事に表面が焦がされた美味しそうな豚丼が目の前に、パソコンに匂いの機能ががあればいいのですが、やは

り匂いは感じていただくとして、美味しそうな画面をご堪能ください。

DSC00417.JPG

 

 

★見事な輝き”豚丼の焼き・こげ具合‥‥最高!!

ご覧ください、見事な照りです。家庭でも豚肉にたれを絡めてを焼いていくことは可能なんですが、こんな風

においしそうなテリをつけて焼き進めるのは困難です。さすがプロフェッショナルですね。豚肉の1部が焦げて

いるのがお分かりでしょうか?このこげ加減も最高の香ばしさを感じました。

DSC00418.JPG

 

 

★奥さんチョイスの小盛り:780円

ご飯が少し少なめといった具合の女性客用の豚丼、通常ならこれで十分です。

DSC00419.JPG

 

 

★こちらも豚肉のテリは最高

DSC00422.JPG

 

 

★付け合わせのお漬物

大根と白菜の2種

DSC00423.JPG

 

 

★たれの絡み具合も最適

タレの塩梅も適度なつゆ加減、ウナギのかば焼きのような甘辛いつゆがご飯に浸み込んでます。

つゆダク過ぎず美味しく食べ進みます。

DSC00424.JPG

 

 

★見事に完食

やはり美味しいものはこんな風にすべていただいちゃいましょうね。

DSC00425.JPG

 

 

★ご飯のあとのお店の前

まだまだお店に入りきれないお客さんたちがお店の前で待機してます。場所は、帯広空港から車で約10分、

東京からでも飛行機の搭乗時間を加えても2時間もあれば来れます。ぜひここの豚丼ご賞味ください。

DSC00427.JPG

 

| 北海道夫婦旅2018 | 08:12 | comments(4) | trackbacks(0) | -
けんたろうさま

豚丼が人気のお店の店名が「かしわ」、なんだか不思議です。
それにしても普通盛りでこの豚の量にはビックリです。
お肉は焼くのが難しく、ちゃんと火が通って硬くならずテリまでとなると
やはりプロの方の技にたよるのが一番ですね
お昼前、よだれが〜〜〜(笑)
| ハイチュウ | 2018/09/04 11:21 AM |
けんたろう さま

”美味しい豚丼”は、十分に理解出来るのですが。
「待つこと1時間」は、私的に残念ながらアウトかもしれません。
開店間もない時間帯なら、ある意味仕方ありませんが・・・・
待って30分、それも事前に「時間が少々かかります。」と
先に念押しされての話です。
オーダーする料理にもよりますが、「食べ始め〜食べ終える時間」
ぐらいで運ばれてきてほしいですね。
私がセッカチで、早食いかもしれませんが。。。
| ホノムボーイ | 2018/09/04 12:27 PM |
☆彡ハイチュウさま

かしわという名の由来は?それは、この付近にカシワの木が
たくさん植えられていてそこから来たのではと思うのです。

しかし、田舎町の中札内町でこんなにたくさんのお客さんに
来ていただくのは、やはり安くてうまいからだと思います。
我が家の奥さんも見よう見まねで同じ豚丼を制作しますが、
やはり似て非なるものができるのです。
残念ですが、やはりプロは1味も2味も違いますよね。
| ken-ta-ro | 2018/09/04 5:32 PM |
★ホノムボ−イさま

そうですね、最初から1時間も待つのなら早く店を出て別のお
店に行くのですが、お店で待ってる時の豚丼を焼くにおいが
たまらず、途中でお店を出る勇気は私にはありませんでした。

結局1時間も待ちましたが、食べ終わるころには笑顔も戻り、
そんなことがあったのと別人格になりました。
やはり美味しいものは人を惑わす魔女のようなものなんでし
ょうか(笑)
| ke | 2018/09/04 5:36 PM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/2018
このページの先頭へ