CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 北海道夫婦旅2018:38「札幌芸術の森美術館」 | main | 北海道夫婦旅2018:40:グランドホテルニュー王子 >>
北海道夫婦旅2018:39:支笏湖〜苫小牧

約1時間半、芸術作品を堪能しこれからは今日の宿泊地の苫小牧へ向かいます。

 

苫小牧は、私が毎年6月のゴルフ合宿でたびたび訪れる場所でして、今回も最終日にここ苫小牧へ

宿泊して過去にもゴルフ合宿でいただいた美味しいものを堪能いたします。

 

それでは、真駒内地区から山間の道を通り、支笏湖を経由して苫小牧までのドライブです。

 

ご覧ください。

 

 

 

★一路、支笏湖へ

どうせ車で走るのなら、千歳市の名所の支笏湖へは寄っとかなくては

DSC00666.JPG

 

 

★正面に見えるのが標高1041mの樽前山

池だけではわかりずらく、向こう側の大きな山があれば池の大きさも実感できるのでは…。

DSC00667.JPG

 

 

☆湖面周辺を周遊する道路があります

DSC00668.JPG

 

 

★白樺がしげる北の道は美しい

DSC00669.JPG

 

 

★支笏湖

今から4万年前に激しい火山活動で誕生したカルデラ湖。水深の最大は360mにも達し、厳冬の季節でも

めったに凍らない日本最北の不凍湖だそうです。水の透明度が高く、水質調査では全国1にに何度も選ばれ

てるそうです。

DSC00670.JPG

 

 

★湖面の道路沿いにはライダーたちも

DSC00671.JPG

 

 

★ここが千歳市と苫小牧との分かれ道

ここから新千歳空港までが約30分、苫小牧までも約30分です。

DSC00673.JPG

 

 

★苫小牧突入

こちらのアイスホッケーをしてるのが苫小牧の「カントリーサイン」やはり、苫小牧はあの王子製紙が

あり、そちらのホッケーチームは日本でも有数なメンバーも多数いて、苫小牧を代表するのにはこの

アイスホッケーが1番わかりやすいですね。

DSC00674.JPG

 

 

★この付近からも洞爺湖方面へも行けます

DSC00675.JPG

 

 

★どこまでも続きそうな森林を抜け

DSC00676.JPG

 

 

★バーベキュー?

このお店、1度は来てみたかった苫小牧郊外にある「東千歳ブロイラー」というお店、私の好きな

「鳥の半身揚げ」のお店でして、絶対に次回の苫小牧ならここへ来ますからね…。

DSC00677.JPG

 

 

 

| 北海道夫婦旅2018 | 08:19 | comments(4) | trackbacks(0) | -
けんたろうさま

支笏湖はこんなに美しい眺めなのですね
実際に目にされると、その透明度が格別なのでしょうね

↓の桑の実、やはりけんたろうさまもご存知なかったのですね
実は私も、関東に出来てきて初めて目にしてこれが〜と
さらに美味しいのよと言われてへえ〜でした。
つい最近もこちらで生まれ育った方に、西の方では見たことがなくてと
そんなお話をして驚かれたばかりです。
考えてみれば、九州や東海地方でもほぼほぼ養蚕の歴史はなく
関東から北の地方ではお米の栽培が難しかったのだとあらためて実感したのでした。
ちなみに私の住んでいる場所にはその昔、絹を運んだ「絹の道」と言う街道の名残が残っています。
| ハイチュウ | 2018/09/13 5:53 PM |
けんたろう さま

苫小牧と釧路は、アイスホッケーが盛んな地域ですね。
カーリングだと、私の故郷北見市常呂町みたいな。

↓「わんぱく」じゃ無くて、普通に食料事情が悪かった(貧乏だった)ので〜
木の実もお腹をいっぱいにするため、食事の一つだったんです。
この桑の実の他に、イタヤ楓(メイプルの一種)、イタドリ(本州には無い!?)、
オンコ(イチイ)、野イチゴ、すっかんこ、くるみetc・・・・
北海道出身の人なら、全部知っていると思います。
| ホノムボーイ | 2018/09/13 6:58 PM |
☆彡ハイチュウさま

支笏湖、この日はまた快晴でしたからビュティフルでした。
桑の実の話、私も初めて見てこんなのが食べれるなんてって思ってましたが、なかなか自然のお味でいけました。
やはり食や文化などは生まれ育った場所でそれぞれ違いがあ
るようで、こんなブログの交流でもそんな違いがお互いに分
かり合えるというのはなかなかいいものです。
私は関東以北には住んだ経験がありませんが、やはり北海道
なんかは惹かれるものがたくさんあって、そこに魅力を感じ
るんですかね。

※養蚕ですが、私の母方の田舎では「おかいこさん」といっ
て養蚕をしていました。子供心に、蚕の草を食べる音が雨が
降るような音がしてたのと、毛虫のような幼虫が美しい絹に
なるなんて全く想像もできませんでした。
| ken-ta-ro | 2018/09/14 8:06 AM |
★ホノムボ−イさま

北海道は冬のスポーツの発祥地が多いみたいですね。
そして、その地その地で様々なものがあり、そんなのが自分
の人間形成にも何かしら影響を与えてるんですね。
イタドリは四国にもあり、そのまんま食べたり、炒めたりお
漬物風にして食べたりといろんな食べ方をして楽しんでます。
| ke | 2018/09/14 8:10 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/2027
このページの先頭へ