CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 1泊2日の山陰の旅:ぁ峩港の温泉宿」 | main | 1泊2日の山陰の旅:Ε曠謄襪痢廟簓閉ごはん” >>
1泊2日の山陰の旅:ァ嵌佞瓦呂鵝Сた粥

朝早くから松山−尾道−三次−松江と長距離を走ってホテルへチェックインし、その後最上階の

お風呂で疲れを癒して、午後6時半お迎えの車に乗って晩御飯に出かけます。

 

 

 

【お食事処:海心】

■住所:境港市福定町1802-23

■電話0859-42-3223

■営業時間:11:00-15:00、17:00-22:00

 

 

 

■お店の入り口

DSC04691.JPG

 

 

■お店のポスター

美味しそうな海鮮丼の写真、食べるの楽しみな感じ

DSC04692.JPG

 

 

■店内のテーブル

DSC04693.JPG

 

 

■お座敷スペース

晩ごはんは、ここで提供されるようです。

DSC04694.JPG

 

 

■やはり境港はカニ・蟹・かにでしょう

DSC04695.JPG

 

 

■私はベニズワイガニ食べ放題

1時間でカニ食べ放題:3,000円をチョイス、さぁどれだけ食べれるのかチャレンジ

DSC04706.JPG

 

 

■結構でかいカニが4杯

さぁいただいちゃいましょうね。

DSC04707.JPG

 

 

■スタッフのお姉さんが食べ方のレクチャー

DSC04708.JPG

 

 

■カニ味噌…よだれが・‥‥

DSC04709.JPG

 

 

■奥さんのチョイス「お刺身定食」

DSC04710.JPG

 

 

■刺身が7種

DSC04711.JPG

 

 

■サザエ・タコ・イカ・ウニなど

DSC04712.JPG

 

 

■茶碗蒸しや家庭的な付け合わせも

DSC04713.JPG

 

 

■私の〆は・・・

こちらはカニの身を2匹程度取り分けたもの、これをご飯にのせて「カニご飯」にしちゃいます。

DSC04717.JPG

 

 

■カニの身ご飯

こんなのをいつか食べたかったのです。

DSC04718.JPG

 

 

■アップ

どうです、おいしそうでしょう?

DSC04721.JPG

 

 

■食べ放題の残骸

こちらが約"1時間食べ放題”の残骸、最初4杯でしたが、あと1杯追加で食べて総計5匹完食です。

DSC04715.JPG

 

 

■こんな車で歓・送迎していただきました。
ホテルからこのお店まで車で約10分の距離、無料の送迎はこんなのはありがたいサービスでした。

帰りも同じ若い女の子でしたので、送迎していただいたお礼にわずかながらのチップを少し進呈し

ました。思わぬことで彼女は驚いてましたが、最後にはありがとうとお別れしました。

DSC04722.JPG

| 1泊2日の山陰への旅2019 | 06:23 | comments(4) | trackbacks(0) | -
けんたろうさま

もうなんでしょう、この贅沢三昧
山陰の冬の醍醐味、お写真を見ているだけでもよだれが〜〜〜(笑)
| ハイチュウ | 2019/04/09 12:05 PM |
けんたろう さま

カメラの視線が、”カニの食べ方”よりも〜
若い女性へ、向けられている様な・・・・
そんな風に思えるのは、私だけじゃないでしょう。(笑)

| ホノムボーイ | 2019/04/09 12:16 PM |
☆彡ハイチュウさま

3月いっぱいは山陰ではカニが食べられます。
そして、安くてお腹いっぱい贅沢な食べ方もできます。
しかしですね、冷たいカニの食べ放題はこの季節にはまだ寒く、やはり暖かいカニ鍋などを挟みながらいただくのが良か
ろうかと思います。しかし、冬の時期は山陰の味覚を味わえ
るので幸せの極みですね。
| ken-ta-ro | 2019/04/09 4:52 PM |
★ホノムボ−イさま

すいません、やはり親父のエッチな視線を感じられたようで
すね。やはり私も男ですから、いくら娘よりも年下の女の子
がサービスしてくれたのは嬉しいに違いはありません。
| ken-ta-ro | 2019/04/09 4:54 PM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/2177
このページの先頭へ