CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 1泊2日の山陰の旅:Ε曠謄襪痢廟簓閉ごはん” | main | 1泊2日の山陰の旅米子(鳥取)〜日生へ(備前) >>
1泊2日の山陰の旅Щ咳海の幸・購入

さぁ、境港ともお別れ・・・・やはりここへ来たら日本海の海産物を買って帰りたいとお土産店に立ち寄ります。

初日の昨日はこちらについたのが夕方になり、市場などは夕方には閉まっていたので買えませんでした。

そこで、境港のホテルから今日乗る予定の米子ICへ行く途中にある市場へ伺います。

 

 

 

【大漁市場:なかうら】

■住所:境港市竹内団地209

■電話:0859-45-1600

■営業時間:8:15-16:30

 

 

 

 

■市場の外観

こちらは、境港の埋め立て地にある有名な土産処、たぶんバスなんかで観光へ行くにしてもここが昼食や

土産物の購入には適していて、昼間には大勢の観光客でごった返しています。

DSC04774.JPG

 

 

■新鮮な鮮魚

見たことのないようなグロテスクな外観の魚もいたりして面白いのです。

DSC04776.JPG

 

 

■鯛・のどぐろ

DSC04777.JPG

 

 

■鮮度の良さそうなマス系の魚

DSC04778.JPG

 

 

■イカやタコ

DSC04779.JPG

 

 

■お値段は安そう

DSC04780.JPG

 

 

■ホタルイカもお安いんですね

DSC04781.JPG

 

 

■新鮮なベニズワイガニ

DSC04782.JPG

 

 

■こちらは少し大きいもの

DSC04783.JPG

 

 

■活きたズワイガニ

DSC04784.JPG

 

 

■こちらは1杯で6,000円

やはり鮮度のいいものはお値段もいいですね。

DSC04785.JPG

 

 

■店内の様子

こちらはまだ開店前の様子、実は開店前の時間にお邪魔して入店させていただきました。

DSC04786.JPG

 

 

■するめの一夜干

最近はイカが不漁であまり収穫できないそうです。お値段の方も高騰して、庶民には高嶺の花の存在

になりました。しかし、大好物のイカですから思い切って3杯購入しました。酒の肴には最高!!

DSC04787.JPG

 

 

■山陰名物の新名物「のどぐろ」
以前はさほど有名ではなかった「のどぐろ」、鳥取県出身のテニスプレーヤーの錦織君がTVで

「美味しい」なんて発信したもんですから、それ以降は爆発的な売れ行きだとか‥‥。やはり

有名人の一言はその影響はすごいのです。

DSC04788.JPG

 

 

■はたはた

こちらも日本海で捕れるハタハタ、四国ではなかなかお目にかかれませんから珍しいのです。

DSC04789.JPG

 

 

■するめの麹漬

これまた酒の肴には最高な「するめの麹漬」以前から大好きで、こちらへ来ればこれだけは

欠かせません。

DSC04790.JPG

 

 

■店内

まだ午前8時、開店が8時15分ですから誰もいません。

DSC04791.JPG

 

 

■こちらはお魚チップス

生の海老・イカ・ちりめんじゃこを特別な機械でプレスしたもの、これも美味しくてビールなん

かのあてには最高です。

DSC04792.JPG

 

 

■ゲゲゲの鬼太郎像

ここは団体のお客さんたちがショッピングや昼食に立ち寄る名所でして、

この鬼太郎像は有名な写真撮影のポイント。この大理石の鬼太郎像は

高さが7.7mで重さはなんと90トンもある巨大なものなんです。

DSC04795.JPG

 

 

| 1泊2日の山陰への旅2019 | 07:16 | comments(2) | trackbacks(0) | -
けんたろう さま

日本海側と聞けば・・・・
やっぱり、新鮮な魚介類でしょうね。
お客さんのお目当ても!!!
| ホノムボーイ | 2019/04/11 12:13 PM |
★ホノムボーイさん

境港、こちらは鳥取県を代表する漁港のある土地、やはり名
物は日本海の海の幸。我々四国の人間にはあまり縁のない魚
もたくさんあって、どれも美味しそうで目移りしますね。
| ken-ta-ro | 2019/04/12 8:00 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/2179
このページの先頭へ