CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 1泊2日の山陰の旅米子(鳥取)〜日生へ(備前) | main | 1泊2日の山陰の旅:イケヤ神戸店 >>
1泊2日の山陰の旅:かきおこの店「もりした」

かきおこ‥‥‥またはカキオコ‥‥これって何?

 

3月の初めにTVのグルメ番組「秘密のケンミンショー」で放映していた岡山県の備前市にある日生(ひなせ)地区

が牡蠣の産地では全国的にはメジャーではないのですが”美味しい牡蠣の名産地”ということで、この牡蠣をお好み

焼きにたくさん入れた牡蠣のお好み焼き‥‥かきおこ‥‥が紹介されていて、美味しそうだと今回の旅で立ち

寄りました。

 

私はとにかくお好み焼きが好き‥‥以前にも何度か書きましたが「最後の晩餐は?」と聞かれると「お好み焼き」と

必ず答えるほど大好きなんです。たかが”お好み焼きぐらいで何百キロも高速代やガソリンを使っていくなよ”なんて

いわれそうですが、好きなものは好き‥‥ですから山陰の帰りに立ち寄りました。

 

そんな美味しそうな”カキオコ”‥‥ご覧ください。

 

 

【お好み焼き:もりした】

■住所:備前市日生町630-2

■電話:0869-72-1110

■営業時間:11:00-17:00 ■休日:木曜日

 

 

 

■お店の外観

「お好み焼き」と「日生のカキオコ」のぼりがはためいてます。

DSC04817.JPG

 

 

■小さな店舗

やはりお好み焼き屋さんですから、そんなにお店の規模は大きくないのです。

DSC04818.JPG

 

 

■4つの味?

えっお好み焼きで4つの味って?……好奇心旺盛なだけに興味津々

DSC04840.JPG

 

 

■午前11時20分お店に到着

開店時間をわずか20分すぎたばかりなのに‥‥お店は満員の盛況。しばし待ちましょう。

DSC04819.JPG

 

 

■メニューを拝見

危機は年中あるようですが、夏場には冷凍のを使うようです。

DSC04820.JPG

 

 

■冬のメニュー

3月末までが冬のメニューらしく、やはり冬のメニューとは生の牡蠣があるのかないのかというところ。

DSC04821.JPG

 

 

■全体のメニュー

少し紙にシミができたメニュー、こちらは本来のお好み焼きのメニューなんでしょう。

DSC04823.JPG

 

 

■熱心に焼いていくご主人

このサングラスをした方がお店のご主人、見た目は怖そうにも見えますが、話すと優しい叔父さんです。

お店の方は、このご主人と奥様、そして娘さんらしい方と3人が接客

DSC04824.JPG

 

 

■たくさんのお客さん

カウンターに8名、椅子に座ってるのも8人とキャパはいっぱい、こちらが終わってから我々のを焼きます。

話しぶりを聞いてると、関西方面から来た観光客のようでした。やはりTVの影響は大きいようで、平日でも

開店直後に満席なんて”カキオコ・バブル”みたいです。

DSC04827.JPG

 

 

■大ぶりな牡蠣が鉄板の上で踊ります

これで約4人用、ですから1人前で大きな牡蠣が8ケくらいは入るようですね。

DSC04828.JPG

 

 

■鉄板の上に台を敷いてキャベツをのせます

こちらは広島風な台を敷いていくもの、関西風はメリケン粉とキャベツを一緒に混ぜて焼くものですが‥。

DSC04830.JPG

 

 

■こんがり焼いた牡蠣の身が乗せられます

DSC04833.JPG

 

 

■その上にもう1度メリケン粉を浴びせます

DSC04836.JPG

 

 

■そして、その後周辺にあふれたのを1つにまとめ

DSC04837.JPG

 

 

■包んで1つに丸く収めます

DSC04838.JPG

 

 

■完成形:1,000円

丸いお好み焼きを半分にカット。片方の半分は醤油が塗られます。〆能蕕凌べ方:そのまんま醤油味を

堪能△△犯省は醤油を塗ったものに山椒を振りかけていただく

DSC04839.JPG

 

 

■醤油を塗ったものに山椒をまぶし賞味する
DSC04847.JPG

 

 

■あとの半分はお好みソースをかける

そして、そのまんまいただくい修靴萄埜紊蓮▲宗璽耕のものに一味を振りかけていただく

DSC04848.JPG

 

 

■ぐ賁を振りかけた後の光景

 銑い悗般に変化をもたらし、4つの味が楽しめる‥‥不思議なお好み焼きの初体験でした。

DSC04850.JPG

 

 

■そして「牡蠣入り焼きそば」1,000円

こちらにも大粒な牡蠣がたんまり(8個ほど)入っていて、奥さんと半分ずつをシェアしました。

DSC04851.JPG

 

 

■お店の目の前:瀬戸内海・日生の光景

ここ岡山県の日生は地元周辺では有名な牡蠣の産地、このお身に流れ込む栄養をたっぷり含んだ川の水が

ここ日生のカキを太らせて美味しくするそうです。また、電話をして今年の冬には名産のカキを宅急便で

頼んでみたいと思ったのです。

DSC04853.JPG

| 1泊2日の山陰への旅2019 | 08:18 | comments(4) | trackbacks(0) | -
けんたろう さま

これぞ ”B級グルメの横綱”みたいな・・・・
一つの料理で、4種類の味わい方が出来るのも凄いのひと言です。
その土地その土地でしか、食せない料理こそ「王道」
かもしれませんね!!!
| ホノムボーイ | 2019/04/13 10:54 AM |
★ホノムボ−イさま

B級グルメ・‥好きな言葉です。
しかし、自分でいうのもなんですが”いつまでも好奇心旺盛
な自分”に呆れます。しかし、この好奇心の旺盛さが私だと
自負してますから‥‥。
かきおこ…美味しかったのでぜひ機会があれば‥‥。
| ken-ta-ro | 2019/04/13 11:45 AM |
けんたろうさま

お好み焼きの具がプリプリの牡蠣とは
食べたい、でも絶対に食べられない一品です。(号泣)
大好きなのにアレルギーでもう絶対に無理、悲しいです。
| ハイチュウ | 2019/04/13 5:46 PM |
☆彡ハイチュウさま

牡蠣のアレルギー…残念ですね。
牡蠣のような貝類は、人によれば大好物でも、アレルギーを
発症すれば次回からは絶対に食べられなくなりますね。
その点、私の場合は能天気なのか、アレルギーや花粉症など
も一切なく、美味しいものを食べたいときに日本全国・ハワ
イなどへも津々浦々訪問していただいてます。
こんな体に生んでくれた両親に感謝しかりです。
| ken-ta-ro | 2019/04/15 7:30 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/2181
このページの先頭へ