CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 北海道ゴルフ2019:14:四国へ帰る | main | 夏の北海道夫婦旅 >>
北海道夫婦旅2019:−1:10年前の記録

明日から約1週間、ここ10数年の恒例となっている『北海道の夏休み』へ夫婦で行きます。

 

ここ数年は、主に道東地区の(旭川・帯広・富良野・美瑛地区)中心に旅してきましたが、今年は1週間の予定

で道南地区を巡ります。そして、この旅のメインが奥尻島、2009年に行ってますから約10年ぶりの訪問です。

 

 

【2019北海道夫婦旅のスケジュール】

1日:松山−東京−函館:マイレージの蓄積で蓄えた無料航空券で行きます。この日は、函館のB級グルメの代表

  格「ラッキ−・ピエロ」のハンバーガーと「ハセガワストア」の焼き鳥弁当をいただき、その後街を探索し、

  夕方には”函館山の100万ドルの夜景”を見た後は美味しいディナーを。

 

2日:朝早くから函館を出発、その後江差町へ行き午前9時半のフェリーで奥尻島へ、島で昼食の後「レンタカー

   で島内観光、夕方には島の温泉で疲れを癒し、夕方には漁師が経営する民宿で北の海の幸を満喫する予定

 

3日:早い朝食後、朝6時50分出発のフェリーで江差町へ戻る。午前9時到着予定で、その後、八雲町を経由して

   高速道路で長万部へ、長万部では名物の「カニ弁当」の昼食後、虻田洞爺湖ICでおり、ルスツ・真狩・ニ

   セコ経由で、この日はニセコへ宿泊、ホテルの洋食ビュッフェで楽しむ予定。

 

4日:ニセコでの朝食後、ニセコアンヌプリのゴンドラで標高1,000mの山頂へ、羊蹄山を眼下に見て下山します。

  その後、大沼湯・神仙沼を経由して積丹岬へ。昼食は美味しい積丹の海の幸を満喫後、神威岬・島武意海岸 

  を楽しんだ後は「岬の湯しゃこたん」で温泉を楽しみ、その後は積丹のオーベルジュで積丹の海の恵み満載

  のディナーを楽しむ(今の時期は、生のバフンウニ・ムラサキウニと蝦夷アワビなどが楽しめます)

 

5日:朝ご飯の後、美国港から出発してる「ニューしゃこたん号」で岬を巡回、その後は余市町の「ニッカウヰイ

   スキー」を見学後、園内の「レストラン樽」でランチを。その後、小樽市内へ行き、小樽市街を周遊

   晩ごはんは、小樽名物中心の「あんかけ焼きそば」や海産物を楽しむ予定。

 

6日:朝早く、小樽運河周辺を散歩したのち、朝食後には「堺町通り」を巡回して、スイーツなどを満喫後、小樽の

   札幌寄りの隣町の銭函へ。銭函では、地元の名店で美味しい「そば」を堪能した後、札幌へ行く。札幌時計台

   や北海道旧庁舎・大通公園などを散策、夜は、地元の名店で”ジンギスカン”を楽しみます。

 

7日:ホテルで朝食後、札幌郊外の「札幌芸術の森」へ行って屋外美術品を堪能したあと、島松町にある豚丼とそばの

   店「空海」で美味しい昼食を。その後は北広島の「三井アウトレットモール」でショッピング後、最後の宿泊地

   の苫小牧へ、苫小牧では、先月もゴルフの遠征で行った”漁師の社長がやってる”居酒屋「なか善」で最後の晩餐

   を楽しみます。

 

8日:ホテルで朝食後、千歳市のガーデン「イコロの森」で楽しんだ後、レンタカーを返却。新千歳空港でお土産を

   買いこみ、午後2時半の松山直行便で帰る。

 

こんなスケジュールです。

 

 

それでは、今から10年前の旅の様子、ご覧ください。

 

 

 

■函館ベイエリア

ここ函館港は、昔から様々な船が来航して、北海道の玄関口として栄えた港。現在は、その倉庫群が観光名所と

なって、様々なお店が出店してます。

旅行写真:2009東京・横浜 085.jpg

 

 

■ロマンチックな夕暮れ

旅行写真:2009東京・横浜 101.jpg

 

 

■この日は函館山には暗雲が

旅行写真:2009東京・横浜 331.jpg

 

 

■こんなユニークなタクシーも

旅行写真:2009東京・横浜 097.jpg

 

 

■翌朝…快晴の函館山

旅行写真:2009東京・横浜 080.jpg

 

 

■早朝車で山頂へ

”100万ドルの夜景”が売り物なんですが、朝の函館山からの眺めもいいんです。

旅行写真:2009東京・横浜 144.jpg

 

 

■八幡坂

ここは、八幡坂という函館の名所。この坂から海を拝める坂は、今や函館の名所なんです。

 

 

旅行写真:2009東京・横浜 102.jpg

 

 

■旧函館区公会堂

地元の豪商によって建てられた木造の洋館。1910年に建てられましたから、もう100年以上たってますね。

旅行写真:2009東京・横浜 110.jpg

 

 

■函館ハリスト正教会

こちらは、1859年の安政6年に初代ロシアの付属聖堂として建てられたもの。

旅行写真:2009東京・横浜 127.jpg

 

 

■こちらは江差のおそばの名店「むらた」さんのにしんそば

旅行写真:2009東京・横浜 165.jpg

 

 

■日本海沿いをドライブ

旅行写真:2009東京・横浜 207.jpg

 

 

■フェリーで奥尻島へ

カモメたちが島までの約2時間を同行してくれます。

旅行写真:2009東京・横浜 184.jpg

 

 

■奥尻島の津波館の「時空翔」

これは、平成5年奥尻沖地震の津波の影響で多数の死者を出し、その被害を忘れないようにとこのモニュメントが

制作されました。地震のあった7月12日には中央のくぼみに夕陽が沈むよう設計されてるそうです。

旅行写真:2009東京・横浜 168.jpg

 

 

■賽の河原

名前の通り、パワースポットです。ここは、海難事故などで亡くなった方々や子供さんの霊を弔う場所、ここにい

ると何かを感じてしまい、長い間はいれません。

旅行写真:2009東京・横浜 220.jpg

 

 

■豪華絢爛な漁師さんが経営する民宿の晩ごはん

生イニ・アワビ・ホヤ谷などの新鮮な海産物がラインナップ。この食事(1泊2食)で12,000円ですから街中では

到底考えられられないような豪華なものです。今回も10年ぶりに同じ民宿に泊まります。

旅行写真:2009東京・横浜 228.jpg

 

 

■ここがその民宿

この地が今から26年前に津波で島の半分が流された後に民宿を始めたそうです。

旅行写真:2009東京・横浜 117.jpg

 

 

■見て!!これが朝ご飯

朝から豪華な朝食、こんなのなら朝からたらふく食べるでしょうよ。

旅行写真:2009東京・横浜 083.jpg

 

 

■漁師さんが朝とった新鮮なイカがテーブルに

イカソーメン、それもこの量ですから、イカ好きの私には至福のひと時。

旅行写真:2009東京・横浜 103.jpg

 

 

■余市町の「ニッカウヰスキー」

あのTVドラマの「マッサン」で有名になった余市町にあるニッカウヰスキーの蒸留所、無料で観光できます。

旅行写真:2009東京・横浜 084.jpg

 

 

■その時食べた「スープカレー」

今年もお邪魔して、このメニューを食べると奥さんは言ってます。

旅行写真:2009東京・横浜 150.jpg

 

 

■小樽運河

しっとりとした感じ・・・すてき

旅行写真:2009東京・横浜 256.jpg

 

 

■ホテルの朝ごはん

北海道のホテルの朝食はなんて美味しいんでしょうか。ついついご飯を2膳はいただいちゃいますよね。

旅行写真:2009東京・横浜 263.jpg

 

 

■札幌市内

旅行写真:2009東京・横浜 266.jpg

 

 

■この銅像は

こちらは、札幌から約1時間の真駒内にある「札幌芸術の森美術館」、このように屋外に展示してありますから、

美術品の見学とお散歩が同時にできます。

旅行写真:2009東京・横浜 272.jpg

 

 

■可愛いからキスしちゃいました。

軽くキスもいいんですが、銅像なんかにも触ってもいいんだそうです。

旅行写真:2009東京・横浜 273.jpg

 

【2019年北海道の夫婦旅】

それでは、明日から1週間北海道の夏休みをエンジョイしてきますね。

 

 

 

| 北海道夫婦旅2019 | 09:28 | comments(2) | trackbacks(0) | -
けんたろうさま

明日からご夫婦の北海道旅にご出発なのですね
今回もお天気に恵まれてよい旅になりますよう
それにしても皆さま予定をこんなにちゃんと立てられるのだと
グータラな我家は見習わなくては!
お気をつけて、楽しんでいらして下さい。
| ハイチュウ | 2019/07/16 11:29 AM |
☆彡ハイチュウさん

はい、明日から1週間北海道を旅してきます。
私の場合、血液型がA型ということで事前の準備は怠りません、というよりも”事前の計画で1度楽しみ””実際の行動で
またまた楽しみ”帰ってブログアップで楽しむ”というウシ
の胃ごとく反芻で3度楽しみます。
今年はお天気は良さそうなので、思いっきり楽しんできますね。
| ken-ta-ro | 2019/07/16 1:01 PM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/2249
このページの先頭へ