CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 夏の北海道夫婦旅:21:26年前の大津波の記憶 | main | 夏の北海道夫婦旅:23:漁師民宿「清運丸」 >>
夏の北海道夫婦旅:22:神威脇温泉

さて、朝早くから車の運転・フェリーに乗船し、その後は半日あまり奥尻島を周遊して少し疲

れました。そこで、ここ奥尻島に1つだけある温泉へ疲れを癒しに向かいます。

 

ご覧ください。

 

 

【神威脇温泉】・・・町営の温泉だそうです

■住所:奥尻郡奥尻町湯浜98番地(島の北西アリア)

■電話:01397-3-1130

■営業時間:4月〜10月(無休)11月〜3月(第1・3火曜日定休)朝9:00-21:00 

■入浴料:大人420円

 

 

 

■神威脇温泉の看板

道路脇のこんな看板が

DSC06200.JPG

 

 

■結構年季のはいった建物

神威脇温泉と書いてはありますが、そのペンキも風雨にさらされて劣化し、わかりずらい

DSC06183.JPG

 

 

■温泉のフロント

かなり老朽化が進んでます。温泉ですから、もう少し清潔感が必要ですね。

DSC06184.JPG

 

 

■チケット販売機

大人は420円、我々夫婦は昨年65歳を迎えましたのでこの自販機では

65歳以上は230円だと思ってましたが、(こちらは島民に限る)とな

ってましたので、しぶしぶ420円支払いました。これってどう?

DSC06185.JPG

 

 

■2階建の温泉施設

2階は大浴場で、2階からの展望は良いみたいです。

DSC06186.JPG

 

 

■2階の脱衣室

DSC06187.JPG

 

 

■洗面所も古そう

DSC06189.JPG

 

 

■海側の眺め

ちょうど港の脇にあるので、夕方には夕日が日本海に沈むのを見れそう。

DSC06190.JPG

 

 

■2階の展望風呂

まぁまぁのスケールです。ちょうど入浴客が途切れた時に撮影しました。

DSC06191.JPG

 

 

■脱衣所

鍵がかかるようなものはありません、かごがあるのみ、貴重品などは不用心かもしれません

が、そんな心配がないのがこんな離れ小島なんでしょうね?

DSC06192.JPG

 

 

■1階にある温泉

こちらは源泉そのままのかけ流し、お湯の温度は高く長時間は入っておれません。湯舟は2階

に比べたら少し小さめです。大勢のお客さんは2階に入ってましたが、私は1階のここで汗を

流しました。

DSC06195.JPG

 

 

■洗い場

こちらも年季の入ったもの。この時は私1人しかいませんでした。

DSC06196.JPG

 

 

■脱衣スペース

ほんの数人程度しか入れません。当然クーラーなどはありません。

DSC06197.JPG

 

 

■1階の脱衣場

DSC06198.JPG

 

 

■眺めがよいのが救い

DSC06199.JPG

 

 

| 北海道夫婦旅2019 | 08:05 | comments(2) | trackbacks(0) | -
けんたろう さま

なんとも、シブ〜〜〜イ温泉でしょう!!!
北海道の場合、ほとんどの自治体内で温泉があると思います。

地元の住民じゃ無くても、「シニア割引」はあってほしいと・・・・
日本人は基本的に、みんな温泉好きなのでしょうから。
| ホノムボーイ | 2019/08/17 7:37 PM |
★ホノムボ−イさん

今年の北海道旅、割とたくさんの温泉をいただきました。
ここ利尻島でも事前に調査して入りましたし、積丹や函館な
んかでもその地の温泉をエンジョイしました。
北海道はやはり温泉天国、これからも各地で温泉三昧したい
です。
※シニア割引:こちらは地元民を大切にするというのもいい
んでしょうが、たまに来る観光客をもてなすのもいいかもね。
| ken-ta-ro | 2019/08/19 8:00 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/2271
このページの先頭へ