CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 夏の北海道夫婦旅:26:江差港へ戻る | main | 夏の北海道夫婦旅:28:長万部のかにめし >>
夏の北海道夫婦旅:27:いざ「長万部」へ

奥尻島から本土へ戻り、再びレンタカーに乗り換えて今日の目的地の長万部(おしゃまんべ)

行きます。江差港から厚沢部(あっさぶ)を経由し、山間の道を約1時間走ると道央道の落部

(おとしべ)ICに到着しました。そこから道央道に乗り、札幌方面へ車を走らせます。

※北海道の地名というのはアイヌ語が多いみたいで、フリガナがなければ到底わかりませんね。

 

 

 

■いざ日本海側から太平洋側へと車を前進

DSC06295.JPG

 

 

■八雲・落部方面

八雲(やくも)は分かりますが、落部(おとしべ)というのはなかなか読みずらいものです。北海

道の地名だけは本来の日本語とは少し異なり、アイヌ言葉が地名の原型が多いそうですね。

DSC06296.JPG

 

 

■やはり山間の道を前進

函館から江差へ行ったように、山間の道をひたすら走ります。思ったよりも道路は整備されてます。

DSC06297.JPG

 

 

 

DSC06300.JPG

 

 

■落部(おとしべ)ICへ到着

江差港から約1時間半、道央道の落部ICに到着。

DSC06301.JPG

 

 

■これから道央道を

室蘭・札幌方面に向かいます。

DSC06302.JPG

 

 

■やはり高速道は走りやすい

DSC06303.JPG

 

 

■途中で八雲PAで休憩

DSC06305.JPG

 

 

■大きなPAです

DSC06306.JPG

 

 

■天気さえよかったら

ここの八雲サービスエリアからは、噴火湾越しに晴天なら駒ケ岳や羊蹄山なんかも一望できて、

最高のロケーションだそうです。この日はあいにくの濃霧状態、全く視界が開けません。

DSC06307.JPG

 

 

■大きな公園なんかも近くに整備されてます。

天気さえよければ、この向こう側の噴火湾越しに絶景が見えたのかも…。

DSC06308.JPG

 

DSC06309.JPG

 

 

■土産物屋さん

今日のお昼に行くお目当ての「かにめし」が売店で売られてます。

DSC06310.JPG

 

 

■「丘の駅」

ここ八雲PA内にあるお土産物屋さん、多くのお客さんがお気に入りを探してました。

DSC06311.JPG

 

 

■花もきれいに整備され

DSC06312.JPG

 

 

■快適なドライブは続きます

DSC06313.JPG

 

 

■まもなく高速道を下車

DSC06314.JPG

 

 

■長万部ICを降りて長万部駅方面に向かいます

DSC06316.JPG

 

 

■午前11時半「JR長万部駅」到着

さて、駅近くの長万部名物のあのお店へ向かいます。

DSC06317.JPG

 

| 北海道夫婦旅2019 | 08:07 | comments(2) | trackbacks(0) | -
けんたろう さま

長万部と言えば、カニを思い浮かべます。
さて、どこに行かれたのでしょう!?
気になるところです。
| ホノムボーイ | 2019/08/23 3:34 PM |
★ホノムボ−イさん

正解、長万部といえばいわずと知れた「カニ弁」ですよね。
ここ長万部でカニが獲れるわけでもないのに、カニの弁当が
有名だというのも不思議ですが、やはり北海道の弁当の中で
もこのカニ弁は3大駅弁の1つに数えられますよね。
| ken-ta-ro | 2019/08/24 7:57 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/2276
このページの先頭へ