CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 夏の北海道夫婦旅:39:ニセコから積丹半島へ | main | 夏の北海道夫婦旅:41:オスコイ!かもえない >>
夏の北海道夫婦旅:40:岩内町・神恵内村

北海道の旅も4日目、今日は積丹半島を目指して高原のリゾート地ニセコから日本海の海沿い

の街を走ります。ニセコから時間にして約1時間、海沿いの町「岩内町」に着きました。

その様子をご覧ください。

 

 

 

■岩内町を望む

ニセコの高地から山を下って日本海へ降りた地点が岩内町。はじめてこの街を訪れます。

DSC06616.JPG

 

 

■一直線の道を海へ

この道を転がり落ちそうな・・・そんな気もします。

DSC06618.JPG

 

 

■岩内町の「カントリー・サイン」

この街のシンボルはイラストで見ると「ホッケ」なのでしょうか?たぶん、このタラコくちび

るがそうだと確信しました

DSC06619.JPG

 

 

■こちらは高原の街「共和町」

共和町のカントリーサインは「かかし」なんですね。この付近では、野菜や果物の栽培が

盛んなようです。また、ここ共和町は夏のこの時期にはサクランボの名所として道路沿いには

直営のお店が並んで販売してます。

DSC06620.JPG

 

 

■集魚灯を備えたイカ釣り船

最近はここ岩内町でもイカの漁獲量は落ちてるんでしょうね。たしか、10年前に比べると

漁獲量も約2割まで落ち込んでいるのだとか…。激減ですよね。
DSC06621.JPG

 

 

■積丹付近の「道の駅」

いわない(岩内)もあるし、かもえない(神恵内)・らんこし(蘭越)・くろまつない(黒

松内)こんな風に積丹半島までにはたくさんの「道の駅」がありますが、やはり漢字の地名

だけではこちらの地名も読みずらいのです。

DSC06622.JPG

 

 

■いわないの道の駅

DSC06623.JPG

 

 

■店内

DSC06624.JPG

 

 

■外観

コンパクトな道の駅です。

DSC06625.JPG

 

 

■その後は神恵内(かもえない)方面へ

DSC06626.JPG

 

 

■神恵内のカントリーサイン

こちらは竜のイラストです。この街には「竜神岬」というのがあるので、この竜のイラストに

なったんですかね。

DSC06627.JPG

 

 

道路の標識

ここからは小樽・余市方面と積丹半島に分かれます。小樽方面へ行くのならここが近道ですが、

今回の旅の目的は積丹半島周遊、海岸線の道をドライブします。

DSC06628.JPG

 

 

 

 

【菅原商店】

■住所:神恵内村7-11(R229号線沿い)

■電話:0135-76-5558

■営業時間:7:00-19:00 年中無休

 

 

■菅原商店

こちらは、神恵内の街中にある海産物の製造・販売をしている「菅原商店」私はお酒の肴には

「乾きもの」つまり魚の乾物が大好物、やはりこんなお店は避けては通れないでしょう。

 

 

DSC06633.JPG

 

 

 

■店内にはたくさんの乾物が

あまりにもたくさんの種類があり、どれを選ぼうか迷います。

DSC06629.JPG

 

 

■100円均一と激安のものも

DSC06630.JPG

 

 

■冷蔵庫の中にも一夜干し系が

DSC06631.JPG

 

 

■タラやミリン干し

好物ですから、こんなのもたくさん買っちゃいました。

DSC06632.JPG

 

 

■新鮮な一夜干し

こんなのがあてなら、お酒が進みますから飲みすぎにご注意を

DSC06634.JPG

 

 

■特価の100円均一

こんなのをたくさんスポーツジムの仲間にお土産として買って帰りま

したが、みんな喜んでくれました。ただし、100円というのは内緒。

DSC06635.JPG

 

 

■ベビー・ホタテ:100円

コンパクトなホタテの乾物、これくらいの量が1度で食べきれますからちょうどいい

DSC06636.JPG

 

 

■こんなのぼりが目印

DSC06637.JPG

 

 

 

| 北海道夫婦旅2019 | 08:05 | comments(4) | trackbacks(0) | -
けんたろう さま

お店内にある、いろんな商品よりも・・・・
販売価格表示の文字の擦れ具合に、年代(時代)を感じさせます。
如何にも”北海道らしかったり〜”とも思えてしまいます。(笑)
| ホノムボーイ | 2019/09/13 12:27 PM |
★ホノムボ−イさん

やはり北海道出身のホノムボーイさん、現地の実情がよくわかってらっしゃる。ここのご主人は、1度札幌で仕事ををさ
れてましたが、脱サラをしてここの地元へ帰り、菅原商店を
乾物の名店にされてるすごい方です。いくつか買って帰りま
したが、お味の方もなかなかで、今後も1ファンとして次回
からは予算を決めて自宅へ送ってもらおうと考えてます。
| ken-ta-ro | 2019/09/13 2:00 PM |
けんたろうさま

「神恵内」でカモナイと読むのですか
これは知らないと読めないな〜と、北海道の地名の読みは難しいです。
エー100円でバリエーションもあってこれ最高です。
家につく前にホテルや飛行機の中で食べてしまいそうです。(笑)
| ハイチュウ | 2019/09/13 6:20 PM |
☆彡ハイチュウさん

神恵内(かもえない)と呼びます。
やはり北海道の地名は独特で、やはり古いアイヌ文化の名残か、地名は漢字だけ見ればとチンプンカンプンです。
この乾物屋さん、積丹半島の半ばにあるのですが、在庫も豊
富で、地場で獲れる魚を加工して商品にしてますが、たくさ
ん買った乾物がどれも安くてその上美味しい、すっかりファ
ンになり、次回以降は電話で注文したいと考えてます。
| ken-ta-ro | 2019/09/14 8:05 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/2289
このページの先頭へ