CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 秋の京都”紅葉狩り”28:京風の朝ご飯 | main | 秋の京都”紅葉狩り”30:銀閣寺 >>
秋の京都”紅葉狩り”29:哲学の道・法然院

"新年のご挨拶”

2020年、新年明けましておめでとうございます。

今年は、オリンピックイヤー、東京を中心に約50年ぶりでの日本開催です。

こんな記念の年、読者の皆さんに私のブログを通して楽しい思いをお届けできれば幸い

です。今年も『親父放浪記』よろしくお願いいたします。ken-ta-ro

 

 

 

それでは本題です。

 

朝ご飯を済ませて、ホテルをチェックアウト。

この日の午前中に向かうのは、銀閣寺周辺、最初に法然院へ行き、哲学の道を通って

銀閣寺へ行きます。

 

 

 

【法然院】

■住所:京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町30

■電話:075-771-2420

■拝観料:無料  ■拝観時間:6:00-16:00

※境内の東側には、小説家谷崎潤一郎夫妻の墓がある。

 

 

 

■法然院の参道

大きな木に囲まれた参道、このお寺の歴史を感じます。

DSC09069.JPG

 

 

■整備された参道の塀

DSC09082.JPGDSC09082.JPG

DSC09082.JPG

 

 

■静寂の中に苔むした茅葺の門

DSC09070.JPG

 

 

■心表れる静寂感

DSC09071.JPG

 

 

■白砂壇

流水模様が描かれた山門内の砂盛り、2つの白砂の間を通ると心身が清められるといわれてます

DSC09072.JPG

 

 

■趣のある情景

DSC09073.JPG

 

 

■庭にも苔がびっしり

DSC09075.JPG

 

 

■木の根っこが地面に張りついて

DSC09076.JPG

 

■心洗われる古いお寺

DSC09079.JPG

 

 

 

DSC09077.JPG

 

 

■ここへ来る人もさほど多くなく
DSC09080.JPG

 

 

 

次に向かうのが『哲学の道』

 

【哲学の道】

北は銀閣寺、南は熊野若王子神社までを結ぶ風光明媚な約2劼了曲眛察哲学者・西田幾多郎が

思案にふけりつつ歩いたことが「哲学の道」の名前の由来です。

 

 

 

■哲学の道の看板

DSC09089.JPG

 

 

 

DSC09067.JPG

 


DSC09083.JPG

 

■川べりののどかな光景

DSC09084.JPG

 

 

■川のほとりにはカフェや雑貨を売る店も

DSC09085.JPG

 

 

■紅葉もいい感じ

DSC09086.JPG

 

 

■紅葉の散歩道

秋は紅葉、そして春先には桜の名所としてもたくさんの人が集う場所

DSC09087.JPG

 

 

DSC09088.JPG

 

 

 

| 京都への紅葉狩り | 08:33 | comments(2) | - | -
けんたろう さま

新年あけまして、おめでとうございます。
本年もよろしく、お願い申し上げます。
シンプルですが、本年の初コメントで・・・(笑)
| ホノムボーイ | 2020/01/04 7:18 PM |
★ホノムボーイさん

あれっ、ホノムボーイさんは現在はハワイではなかったかと
記憶してますが、まぁハワイでもネットはつながりますから
、現地からコメントをいただいたのでしょうね。

こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。遅ればせな
がら、私も4月上旬のマウイ。ハワイ旅のエアーチケットやホ
テルの手配も終わりました。今年も1年交流させてくださいね。
新たな出発の年でしょうが、これからの人生も謳歌してくだ
さいね。
| ken-ta-ro | 2020/01/05 10:26 AM |









このページの先頭へ