CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 第1回「三津浜お好み焼きはしごツア−」 | main | 「ケンタロ-と行く、三津浜お好み焼きはしごツア−」パ−ト1 >>
35年前の勇姿?ロックバンド「泥」
  今日は大変お恥ずかしい・・・・・けど少し触れてみたい私自身の「学生時代の勇姿?」をほんのちょっとだけご披露します。・・・・・ほんとちょっとだけよ・・・・。


【松山〜大阪の1人暮らし】
 今から遡ること約40年前。高校野球で有名な愛媛県立松山商業高校を卒業し、1年間の社会生活を経験後に大学生へ転出した私がいました。同級生からは1年遅れで入学した大学の名は「大阪商業大学」、この大学で、私の4年間の大学生としての1人生活が始まりました。


【東大阪市民】
この大学がある東大阪市は、大阪市内中心部からは東側の生駒山の麓にあります。学校の近くには近鉄電車の奈良線が通っていて、周辺にもたくさんの大学があります。マンモス校で有名な近畿大学や大阪産業大学・大阪経済法科大学・大阪樟蔭女子大学など、電車に乗っていても他校の生徒ともよく会ったものです。


【近鉄奈良線「東花園」】
 私が大学時代に住んでいたのが、ラグビ−の全国大会ではおなじみの花園ラグビー場の近くの「近鉄東花園駅」、そこから徒歩で約10分くらいの文化住宅が大阪の棲家でした。「文化住宅」というと、大阪以外の人にはあまりなじみのない賃貸住宅の種類なのでしょうが、簡単にいうと「長屋」でして、軒を並べた1件の平屋のお家に5世帯くらい同じ間取りのおうちが並んである・・・・そのような形態の賃貸住宅に住んでいました。

【文化住宅でも・・・】
 そのお家は、現在風にいえば「2DK」の間取りが1つの世帯となっていましたが、私の住んでいた部屋はといえば・・・・1軒のお家を学生用に2人分として貸すために・・・・・・1世帯分を無理やり壁で南北に仕切り、その2つに仕切られた北側の裏側の部分なのでした。南側に面した「玄関と3畳の台所・和室4・5畳」の日あたりの良い部屋は他の学生が住み、私は勝手口が入口という北に面した裏手部分の部屋であり・・・当然「1年中陽の当たらない部屋」に最初の大阪の2年間は住んでいたのでした。

【風呂なし・トイレなし・キッチンなし】
その当時は、学生の部屋には当然にお風呂もなく、お風呂は近所の公衆浴場でしたし、トイレも部屋にはなく、近くの同じ大家さんが所有する学生アパ−トの共同トイレにて、雨の日には笠をさして用をたしたりしていたものです。

【音楽大好き】
たまたま借りた、そんな壁1枚を隔てた隣の部屋に、音楽好きの1年先輩が私より前から住んでおり、同じ学生という事で仲良くしてもらってました。たまに食事をご馳走になったり(主にカレ−なんですけど、肉・野菜は一切入っていない「マグロツナ缶入りだけのカレ−だったのでしたが)、その人の買ってきた新しいレコ−ドを一緒に聞いたり、ギタ−を弾いたりしながら時間を過ごしていました。

【バンドブ−ム】
当時はフォ−クソングやロックが若者に大流行しており、バンドブ−ムの真っ只中にありまして、私達も音楽そのものも大好きだったのですが・・・それ以上に「バンドをすればカッコよく、そうなると女の子にもてたい」という一心で・・・・好みのグル−プの曲をコピ−したりしながら、徐々にその先輩と仲間を増やして行き、本格的にバンドを結成するようになったのです。

【ロックッバンド結成】
作ったのはロックバンドでしたから、騒音の問題もなどあるし借家の部屋での練習ということも出来ず、週に1度くらいは大阪市内の難波にある楽器屋さんのスタジオなどを借りて練習を続け、徐々に我々のバンドとしてのレパ−トリ−も増えてきました。当時、同じスタジオで練習していたのは、その後数年でプロとしてデビュ−し「あんたのバラ−ド」が大ヒットした”世良雅則とツイスト”などもこのスタジオのメンバ−にいたのです。

その後の我々のバンド活動といえば、女子大の文化祭の出場や各地で行われるコンテストに参加したり、ロ−カルの市民会館などで自前のコンサ−トなどを度々開いたりしたものでした。



【30年ぶりの同窓会】
そんな昔のバンド仲間とは、卒業して数年後に大阪や名古屋で再会はしてはいたのですが、ここ30年以上は会ってはいませんでした。毎年1度の年賀状のやり取り程度の付き合いでしたが、今年の正月明けに、私が無性に「昔の仲間に会いたい」と思うようになり、仲間全員に連絡したところ・・・・今年の夏に京都で約30年ぶりに会う事が決定しました。

総勢14人・・・・会って・しゃべって・笑って・飲んで・食って・・・・・特別これといって何をするわけでもないのですが、昔話に花を咲かせて・・・・・「親父たちの同窓会」をやる予定です。


そのために、今回「古い当時の写真を最新のCDにダビング」してもらい、このほど完成しました。
昔の仲間にこの夏にお土産として持って行く予定です。

待ってろよ・・・・みんな。
豪・敏明・磯井・加藤・太田・加藤・川平・田渕・輝雄・吉村・藤本さん・湯藤さん・山脇さん


そのなつかしの写真の1部をご紹介します。


あ〜ぁ・・・・恥ずかしい。





【京都府の日本海寄りにある綾部市の市民会館にて】・・・昭和50年くらいのもの
当時一緒にコンサ−トを開いた数組のバンド仲間全員と・・・。
われわれのグル−プ「泥(どろ)という名前です」とのコラボ・・・です。
(ちなみに・・・私は前列2列目の中央、マフラ−を巻いているのです)



【バンドではドラマ−でした】



【遠征の時に近鉄東花園駅で】・・・1年先輩のマネ−ジャ−Yさんと
右側が私。当時も今と変わらずこの日もそんなに寒いわけではないのですが・・・・ロッカ−としては、コンサ-トの時にはカッコつけて「ラビット(うさぎ)のファ−(毛皮)コ−ト」などを着こんで意気込んでおりました。(右手にもっているのは、当時の私の宝物・・・自前のラディック社製のスネアドラムなのです)



【コンサ−トが終わった直後に】
コンサ-トが終わった直後なので、多少メンバ−みんな顔も紅潮し、興奮してるようなそんな写真。
(左から2番目が文化住宅の隣人、先輩のFさん・・・今は、香川県で薬関係の仕事をしてるそうです)
そろそろ写真も”−”に進化しております。



【楽しかったバンド活動】
女子大巡りのひとこま・・・ギャラをもらい・・・ファンもいて・・・けっこう勘違いして”もてた”んかなぁ?・・・という時代でした。



【最後のコンサ−トも終わって】・・・昭和52年当時
そろそろこれで最後のコンサ−ト。卒業して、社会人となるために・・・髪もばっさりと切ったのです。(しかし、今とは違い・・・そうとうヤセとるのです・・・・左から2番目)



【あとがき】
『バンド活動に空けて、アルバイトして、ちょっとだけ学校へ行って、またバンドに暮れる』
そんな大学生活、しかし、素晴らしい仲間に恵まれて充実した4年間を過ごすことが出来ました。

今年の8月6.7日京都の綾部で「OB会」で会うのが非常に楽しみです。


おしまい・おしまい・・しかし恥ずかしいものです・・・若い時って・・・。
(なんか自分のヌ−ド写真を公開したような恥ずかしさです)

| みんな元気なん?(OB会レポ−ト) | 11:37 | comments(2) | trackbacks(0) | -
懐かしい写真をどうもです、真夏の再会を楽しみにしてます。
| katou | 2011/02/08 1:32 PM |
katouくん

コメントありがとうございます。
今年の夏の「泥ファミリ−:綾部に集合」という企画ですが、8月6.7日に決定しました。この場を借りて連絡網とします。

30年ぶりの再会、中にはそれ以上、卒業以来ご無沙汰のメンバ-もいるかとは思いますが、それぞれ「孫の自慢大会」でもしますかねぇ?
楽しみにしております。なお、ほぼ全員が集結してくれそうですから・・。
では
| ken-ta-ro | 2011/02/09 8:13 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/366
このページの先頭へ