CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< バンド仲間との同窓会@京都府綾部市 | main | バンド仲間との同窓会:皚再会を約束し・・・じゃぁ・・またね。 >>
バンド仲間のと同窓会:皚◆孱苅闇ぶりの再会」
450kmもの道のり・・・・
 私の住んでいる松山から,今回の[「バンド仲間との同窓会」の開催される場所である京都の綾部市へ行くには・・・・距離にして片道が約450km、今回の足としては、松山から参加するメンバ-はY君とT君、それにうちの奥さんとの4人なので50代の年齢ではいささか疲れはしますが、フットワ-クよく自由に行動ができるようにと・・・私の車で行くことになりました。(2日目はGOLFもするので、GOLFバッグも積めるし・・・・。)

同行する仲間をそれぞれ拾い上げて、松山インタ-をAM9:00ジャストにスタ-ト。朝のうちは、多少雲があったりして思ったよりも涼しく、四国地方の高速道路を走ります。およそ1時間半を過ぎたAM10:30分過ぎ、いよいよ瀬戸大橋に乗って・・・・・いよいよ四国の地を離れて中国地方に上陸です。



【瀬戸大橋】
この瀬戸内海を横断する巨大な橋ができたおかげで、四国からでも自家用車で本州方面へ行くことができるようになったのです。この巨大な橋を通ると、われわれの学生時代・・・・今から40年前には考えられないほどの世の中の進歩を改めて感じられるのです。



【後方座席記から運転の様子を】
多少の臨場感を演出してみました。





【山陽道から京都方面へ向かいます】
岡山から山陽自動車道に乗り、舞鶴方面へ向かいます。




【綾部まであと1時間くらい?丹波笹山の西紀インタ-チェンジで昼食】
お昼を過ぎ、パ-キングアリアで昼食休憩です。やはり夏休みの最中の土曜日、パ-キングエリアは昼食を食べる人たちで人が沸いていました。





【仲間の食べた「丹波笹山”恵”弁当】
彩の美しいお弁当、美的には良い感じです。



【肉食の私は「丹波笹山猪肉ハンバ−グ」】
やはり笹山といえばイノシシでしょう?




その後多少迷いながら、約束の3時過ぎに今晩の宿・・・あやべ温泉二王館到着です。
ここで少し早く温泉で疲れを癒し、夕方からの宴会に備えます。




【今回の宿泊場所&1次会会場】・・・・・あやべ温泉二王館



【玄関のでっかい暖簾】
まだできて新しそうなこの旅館、1晩お世話になります。






【1次会開催】
PM6:00今回参加するメンバ-も揃い、1次会が静かに始まります。
始まったころはまだ少々ぎこちない雰囲気なのですが、時間がたつごとに次第に場は盛り上がっていきます。





【1次会に参加のメンバ−】
後列:加藤の奥さん・私・湯藤さん・吉村・磯井・うちのかみさん
前列:加藤・山脇さん・藤本アッチャン・敏昭・田淵・・・・・以上11名




約1時間半の1次会も終わり、車で約3分の距離にある友人の経営する居酒屋に場所を移動して、2次会の開宴です。



【1次会を終えて2次会会場へ】
温泉のバスで送迎してくれました。




【2次会会場の「かんばやし・の」】
このお店は、ラ-メンと鶏料理で地元では有名みたいです。



【古民家を改装してお店として営業してます】
周囲の緑に溶け込んだ静かな集落に有ります。



【農機具や囲炉裏まである昔ながらの屋敷です。】




【全員でなにやら見ています】
この時は、私の持参した40年前のバンドのコンサ-トの様子を8ミリ二撮っていたのをCDに焼き直しし、それを全員で懐かしそうに見ています。
その時代に戻ったようで、それぞれみんなが過去にタイムスリップするのです。
※みんな笑顔です、こんな様子を見ると「あ〜ぁ今回やってよかったなぁ」・・・しみじみと感じるのです。




【そして、飲んで食べて語り合って】



【昔話に花が咲いていきます】




【飲むほどに、酔うほどに盛り上がっていきます】





【なにやら真剣に話していますが・・・・たいした話ではなさそうです】



【当時ボ-カル担当だったこの店の経営者ツヨシ君が熱演しています?】
いや、これは歌を歌っているのではなく、当時のエピソ-ドを熱演しているのですから・・・・・・・。



【そしてお開きに】
延々5時間もの間飲んで食べてそして大いに語らいました。
今回参加の全員13名がそろってポ-ズです。
この時点では、全員が40年前にタイムスリップしています。いいもんです。




※2日目へ続く・・・・・・。乞うご期待
| みんな元気なん?(OB会レポ−ト) | 08:14 | comments(4) | trackbacks(0) | -
綾部のロリーギャラガーことnonoです。
先日は2日間、長い車の旅お疲れさまでした。
あれだけ、涙をだして腹より笑ったのは近年なかったです。
2日間は完全に二十歳の頃にタイムスリップしていました。
月曜日も「ぼわっと!ぼーと」して半日は仕事になりませんでした。
ぶっちゃんのブログと健ちゃんのブログで数日楽しめそうです。
またそちらに行きますので宜しく!!
ほんじゃら。



| nono | 2011/08/09 2:18 PM |
健ちゃん、トッサン、メンバーの皆々様お疲れ様でした。お蔭様で充実した二日間でした。いやー楽しかった、面白かった久しぶりの遠出で渋滞にも遭って、ちょっと疲れたけど「親父放浪記」見てまた思い出し笑いしそうやわ、また、皆元気で再会出来ますように・・
| katou | 2011/08/09 7:07 PM |
大変楽しい企画に参加できていい思い出が出来ました。ケンタロウありがとう。
今年の1月ごろ貴方から連絡を頂いた時昔の記憶が急に蘇りました・・更に貴方のブログを見たらより鮮明になりました。この日が来るのが待ち遠しかったこと。

愛媛組に会う時どんな顔をして会ったらいいのか少し緊張気味でしたが「あっちゃん、久しぶり」の一言で37年前に一っ飛び・・!(歳は取っていますが昔のままだった)
泥のバンドをやっていなかったらこんな繋がりの同窓会的な集まりはなかったから今後大事にしていきたいね。 楽しかったし勇気をもらいました。みんな本当にいいやつばかり。

加藤 昔のままの加藤だったので安心しました。としあきご苦労さまでした。
| あっちゃん | 2011/08/09 11:31 PM |
アッチャン・としあき・加藤くん

皆さん・・・・「泥」の同窓会お疲れ様でした。
私も皆さんと同様に、40年のブランクでの再会は多少の緊張感がありましたが、みんなに会った瞬間に20歳の昔に即刻タイムスリップいたしました。

あっちゃん、「泥」結成しとって良かったねぇ。泥というバンドがなかったら、40年たってこんなにみんなにたくさんの思い出が残ってなかったかもしれません。

としあき、バンドの中ではお互いのメンバ−が若かったせいもあっていろんないざこざもありながら、前向きに生きていましたねぇ。

加藤、今回はツヨシに多少からかわれたそうですが、まぁ昔のこととして水に流してください。

参加してくれたみんな・・・・。
20歳の若者から・・・・大人になって、結婚して、社会人として長年がんばってきました。私にはもう孫もいますが・・・・。
過去を振り返ればいろんなことがあったと思うし、これからも楽しい事・つらい事がいっぱい有るでしょうが、またこんな機会を作って・・お腹の底から笑い会えるような、そんな企画ができれば最高です。
次回は、川平や太田にも参加してもらって盛り上がりましょう。

5年後には・・・・さて、みんな元気でいるでしょうか?
現役引退して、沖縄でカフェやってるんでしょうかねぇ?磯井君・・・・。

夏の暑い日にほんとにお疲れさまでした、そしてみんなありがとう。
| ken-ta-ro | 2011/08/10 8:25 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/478
このページの先頭へ