CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 山茶花さんからの贈り物 | main | 2011北海道の夏休み:皚亜崗緻逎侫 璽爐離薀鵐繊 >>
2011北海道の夏休み皚「上野ファ−ム」@旭川
 『北海道ガ−デン街道』・・・・・これは道東の帯広方面から始まって道央地方の富良野・旭川に至るまでの全長約200kmの7つのガ−デンを巡る総称なのですが、今回行きたかった場所のベスト3に入るところ・・・それが今日ご紹介するここ「上野ファ-ム」だったのです。
ここ「上野ファ-ム」は、若き女流ガ−ディナ−の上野砂由紀さんが自分の所有地に製作した英国式のガ−デンなのです。彼女は、この上野ファ-ムの運営・管理と富良野の「風のガ-デン」をもデザインもした新進気鋭の方だそうです。

この場所は旭川市内から車で約30分、旭山動物園からも・・わずか約10分の距離にあります。


【上野ファ-ム】
■住所:旭川市永山町16丁目186
■電話:0166-47-8741
■営業時間:10:00〜17:00 ■定休日:月曜日
■入園料:大人400円、小学生以下無料
※NAYAcafe:地元農家栽培の薬膳カレ-やサンドイッチがランチでいただけます。




【広大な敷地に緑がいっぱい】
ガ-デンですから緑がいっぱいなのはわかりますが、やはり計算しつくされた木や草花のレイアウトなどの演出がすばらしいのです。





【さまざまな小道が敷地内にあってそれぞれの表情を】
敷地内にはいろんな小道があり、それぞれの道がそれぞれ異なった表情があり、訪れる我々観光客を飽きさせないように作られています。





【入り口の看板】
ガ-デン全体のおしゃれな雰囲気が、この看板にも現れています。




【前面の道路沿いの看板】
この上野ファ−ム・・・・つまり上野農園という意味でしょうが、創業が1906年・・・うん?もう100年以上経過しているではないですか?





【木陰でゆっくりすることもできます。】
この夏の季節に、日差しがさんさんと降り注ぐ庭にずっといると暑さで疲れますから、このような木陰でゆっくりしてアイスキャンディでもいただくのもいいのです。



【ガ-デンにはいろんな種類の花々が】
ここにはそれこそ数え切れないほどの夏の季節の花々が・・・・た〜〜〜くさん・・・・咲いていました。でも花は枯れるものですから、日ごろの管理は大変なのでしょうねぇ。ご苦労様です。



【園内に併設されているブテック「丘の麓の小さな苗屋」】
ここでは、外国から取り寄せられた珍しいガ-デングッズや、ここ上野ファ-ムで作られた苗などを販売しています。




【見ているだけでもかわいいガ−デンGOOD】
近くに住んでいればたくさん買ってしまうんですが、ここは遠路からの旅人・・・・見るだけにしました。




【ガ-デンにはいろんな仕掛けが】
庭のあちこちにいろんな仕掛けがなされていて、われわれの目を飽きさせないように楽しませてくれるのです。




【上野さんのおばあさんが大好きだったという「ホリホック(タチアオイ)」】
真っ白なこのホリホックの花がすばらしいのです。ここにはホリホックだけでも数種類のものが華麗に咲いていました。



【計算された中にもいろいろ楽しさがあります】
同じ種類の花が並んでいたり、左右対称の庭があったり、同じ色の濃淡の花々が並んでいたりと・・・・・ほんとによく考えられていて楽しい空間です。



【やはり白樺並木はいいもんです】
このような木々の小道も存在しています。この場所はまた季節を変えて来てみたいなぁ・・・・そう感じたのでした。




【これは何?】
実はこの建物はトイレなのですが、その建物を緑で覆って全体の柔らかさを演出している・・・・これも上野さんの小さなこだわりや心配りなんでしょうねぇ。




【ビッグニュ−ス!!】
そ・そ・して・・・・・ここ上野ファ−ムに入る入り口付近で、偶然にもここのオ−ナ-であり、ガ-ディナ-の上野砂由紀さんにお会いしました。ウチの奥さんが持参した北海道の庭の雑誌で彼女の顔写真を事前に見ていて、会った瞬間に私がいきなり「上野さんですよね?写真一緒に撮っていただいても良いですかぁ?」とお願いしたら、この日は連休中で非常に忙しそうでしたが・・・それにもかかわらず「良いですよ」とニコッと2つ返事で了解していただきました。(女性はこの笑顔で男性の心をゲットするのでしょう・・・ドキッ)


以下の写真が・・・・彼女との2ショットです。

この年になり、世の中生きていくのに非常に厚かましくなる・・・・まぁ旅の恥はかきすて?・・・・うんぬん・・とも言いますが、記念にこんな写真いただきました。上野さんありがとうございました。



【ガ−ディナ−の上野砂由紀さんと・・・】
すごく小柄で、かつ優しそうで、かつしっかりしてそうな彼女です。長年この地で先祖代々上野農園をやってるらしく、彼女が今の時代にそれなりに現代風にアレンジして、この上野ファ-ムが出来上がったそうです。     忙しい中・・・・上野さんほんとにありがとうございました。



| 旅行/北海道 | 07:07 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/485
このページの先頭へ