CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 2011北海道の夏休み:おまけ・・ 崑翩で帰れません」 | main | 2011北海道の夏休み:おまけ皚「あと半日、何をする?」 >>
2011北海道の夏休み:おまけ皚◆崑臉飢!!お寿司」@松阪
地元松山を襲った台風の恩恵で飛行機が飛ばなくなり(せいで?とは絶対に言いません、だってもう1日北海道の居れるのがほんとに嬉しいんですもん)・・・・・ ”おまけの1日”となった・・・・7月19日の夕方、ホテルを苫小牧市内に決定してチェックインします。

この日に宿泊するホテルは、ホテル・ル−トイン苫小牧・・・シングルが6,000円、ツインが9,00円の朝食付き・・・・ここに決定しました。このホテルは、新千歳空港カランも約30分の近距離にあり、JR苫小牧駅のすぐ前にあります。建物も、建築されてもまだ日の浅い建物で、ここに決定したのは地元の人に道の駅で「苫小牧市内に宿泊するならどこがいいですか?」と尋ねてここをチョイスし、電話で値段の交渉をして決定したのです。

ホテルをチェックインし、ホテル内にある露天風呂に入ってすっきりし、晩ごはんに向かいます。
今晩のご飯は、今年の6月にゴルフ合宿で来たときに私が行きたかったけど行けなかったお店の1つで、インタ−ネットの食べログでもかなりの高評価のお店でした。



そんなお店・・・・・「鮨処 松坂」へ行きます。



【鮨処 松坂】
■住所:苫小牧市錦町2-3-2(屋台通り錦町横丁内)
■電話:0144-32-1727
■営業時間:18:00〜24:00 定休日:日曜日
■席数:9席




【苫小牧一番の繁華街】
でもね、夕方の一番忙しくなければいけない時間なのに・・・こんな閑散たる状態?





【街の真ん中に登場した屋台街】
この錦町屋台街の中にあります。今から約6年前にこの屋台村がオ−プンしたそうです。




【暗くなったらこんな感じです。】
焼肉・炉辺焼きなどなどの・・・・・いろんなお店が有って他のお店の注文をすることも可能ですし、屋外のテ−ブルもあるので、どの場所で飲んでもいいのです。



【鮨処 松坂】
こんな”やすぶしん”な建物のつくりです。
しかし、中に入れば本格的なねたに調理・・・・・このアンバランスさに驚きです。




【この日のお勧め】・・・・北海シマえび
これまた私の大好物の北海道ならではの味「北海シマえび」・・・・・このえびは非常に美味しいのですが、値段が高いのが難点です。しかし、今日はえび自体は少し小粒ですので15匹でなんと・・・・・・・・500円、びっくりのプライスです。(えび好きには大満足なのです)





【壁のメニュ-表】
本日のおすすめ・・・・・・こんなにお安く好物が食べれるなんて・・・・あ〜ぁ、しあわせ!!




【個性的なこの店の大将の松坂さん】
いまどき、あまりお目にかかれないこの「えらの張った顔」がいいのです。大将の松坂さんは、地元苫小牧の日本料理の名店「日本橋」で長年修行を積んで、6年前にここにお店を出店したそうです。




【メニュ−】・・・定番
値段1つずつを見れば高そうに見えますが、その1つずつの商品を実際に頼んで目の前で見るとそのねたの新鮮さと大きさに驚き・・・・・・の低価格なのです。





【お刺身の盛り合わせ】
これを見るだけでも、新鮮さは他のお店とは断然違います。
また、料理の彩のすばらしさに、見た目の美しさは感動さえ感じるのです。
「たかが屋台のすし屋」と多少上から目線で見ていた自分を恥じてしまうほどです。




【ビ−ルの後は地元北海道の地酒】・・・・北の勝
「北の勝」を冷やでいただきました。やはりお刺身には日本酒がよく合うのですが、さすが地元北海道のお酒・・・・・北海道の海の幸とすばらしいマッチングでした。





【早取れサンマのお造り】
サンマのお刺身・・・この時期の早取れのサンマに感激です。




【ホッキ貝の塩焼き】
大好物であるホッキ貝、生も多少あくがあって好きなのですが、やはり万人向けの一番はこの塩焼きではないでしょうか?コリコリ感が素晴らしいのです。





【お寿司】・・・・・ツブ貝
この大きさは今までいただいたツブ貝の中でダントツに1等賞なのです。また、食べた食感やコリコリ感は感激ものでした。




【お寿司】・・・・・ホタテ貝
このホタテも新鮮さと、ボリュ−ム感・・・・・・・・・大将!!参りました〜ぁ。




【巻き物】・・・・鉄火巻き
やさしく胃の中で消化されていきます。




【お寿司】・・・・・シャコ貝
これ写真で見るとそうでもないような大きさですが、実際はかなりの大きいサイズのシャコです。
私は大お好きなネタなのですから、許せます・・・・・・大きいのはいくらでも・・・・。



【ネタケ−ス】
左から2番目がこのシャコの仲間です・・・・・。どうですか?このビッグサイズ!!




【驚きの「うに軍艦盛り」】
これは写真用に特別作ってもらった・・・・・・・訳では決してないのです。
通常メニュ−の「うにの軍艦巻き」これで・・・・なんなん・・・なんと・・・450円、嘘やろう!!
奥に座っていたおねえちゃんもこの造形にうっとりしてるじゃありませんか?



【屋台鮨処・・・松阪さん】
この日のお会計は・・・約13,000円也・・・3人でたらふく食って飲んでこのお値段。
ありがとう台風さん・・・・私はこう言いたいのです。
何でかって、北海道のおまけの1日の夕食でこんなに美味しいお寿司が食べれるなんて・・・・大感激だったのです。”魚はの美味しさは鮮度”なんだと思っていましたが、やはりそうでした。ここ北海道周辺で取れた”鮮度の良い魚や貝の美味しさ”ったら・・・・たまらないのです。

「屋台の寿司屋?」・・・・ネット上の評判は評判でしょうが、お味のほうはあまり期待もしてませんでしたが、どうしてどうして・・・・・私の人生で今まで食べたお寿司の中で1.2を争うほどの1品でした。

恐るべし、松坂さん・・・・・また来年も苫小牧へ行けば必ずうかがいますから・・・・。
そんな名店、「鮨所 松阪」でした。
| 旅行/北海道 | 07:14 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/494
このページの先頭へ