CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 2012ハワイ旅:4(シダの洞窟  | main | 2012ハワイ旅:6(美味しいランチ) >>
2012ハワイ旅:5(シダの洞窟◆
『シダの洞窟』の後編です。

ワイルア地区の発着場から出発して約20分、いよいよシダの洞窟のある船着場に到着しました。
ここからは、徒歩にて緑のうっそうとした森の中に入っていきます。「シダの洞窟」のある地点は、この船着場から徒歩で約2分くらいの地点ですから、歩くにしたって全く疲れません。




★ボートを降りて
このような木製のデッキを渡って洞窟へ向かいます。



★生い茂る緑の中を進みます。
 


★やがて、洞窟の近くの展望エリアに到着
ここでも、足元は木製のデッキになっているので、見る分については足元は万全で・・これで充分です。こう見ると、観光客の平均年齢はかなり高いようです。日本人は皆無でした。



★これが今の「シダの洞窟」
以前は、洞窟の目の前まで行けたそうなのですが、今から約20年前にカウアイ島を襲ったハリケーン「イニキ」によって、ここでもかなりの被害を被ったそうです。それ以降に改修工事もされたそうですが、安全面を考慮して、洞窟から約10m離れたこの場所で眺めるしか出来なくなったそうです。



★この人たちがハワイアンを演奏して・・・。
現地では、英語でジョ−クを交えながらこの場所の解説をしてくれた後に、ハワイアンの演奏が始まります。※でもね、彼らがしゃべるアメリカンジョ−ク・・・これが理解できないものだから、アメリカ人はそこで笑うのですが、私にはさっぱり理解が出来ない・・・この時だけは少しさびしい思いがします。英語をもっと勉強しなければと感じるのです。



★華麗なハワイアン・ダンス
そして、ダンサーたちがハワイアン・ダンスで我々を歓待してくれるのです。



★約20分ほど滞在して
これから船で元の場所まで戻ります。



★空は澄み切って
この日の天気は快晴、空の青さに水面も美しいのです。



★またまた、パドル・サーフイン
このような波の静かな場所では、自力でパドルを漕ぎながらスイスイと・・・楽しそうです。



★そして、帰りの船内では
演奏の皆さんにダンスのスタッフも一緒に船に乗り込んで・・・ハワイアンのギター片手に、歌やハワイアンダンスで我々を楽しませてくれます。



★お姉さま・・・・気合が入っております。
このあと、乗客全員がフラダンスを教わりながら、私も”人生初フラ”を楽しんだのでありました。



★お疲れ様でした
行きと帰りで全部含めて合計約1時間半の「シダの洞窟小旅行」。お姉さまたち、みんなを楽しませてくれてありがとうございました。



【シダの洞窟の感想】
「シダの洞窟」そのものは洞窟そのものを見えずによくは理解できませんでしたが、行き帰りのクル−ジングの爽やかさやダンス・演奏など・・・・$20で90分間たっぷり楽しませていただき、皆さんに是非にとお奨めしたいツア−です。予約なしで先着順でOKだそうです。
| 2012年カウアイ島(観光) | 08:27 | comments(2) | trackbacks(0) | -
けんたろう様

本日のけんたろう様のシダの洞窟ダイジエストを見て、カウアイ島に訪れていながら・・・・と少し後悔してしまいました。思いだしたのですが、仲の良いお友達が、シダの洞窟なんてたいしたことないよー時間のムダ?!なんて言うもんですから、きっとその事が頭にあったんだと思います。

人それぞれ感性も心の響き方も違うんですから、これからは自分の心に添った所に行こうと思いました。

現地に住んでるとは言っても、行動範囲の狭い生活の私がはたしてけんたろう様のお力になれるのか・・・・?
頑張らせていただきます。
| めるママ | 2012/03/05 12:42 PM |
めるママさま

”人それぞれ感性も心の響き方も違う”この言葉は言えていると思います。我々も長く人生を送っているとついつい効率的な生き方を過ごしてしまいがちですが、それだけではないようです。
いつまでたっても好奇心をもって・・・前向きにチャレンジしたいなぁと思いながら生きていくのもいいんじゃないでしょうか?
カウアイ島私にとっては非常に良かったですよ、でもねみんなそれぞれ良かったなど思うポイントは人それぞれなんでしょうねぇ。
| ken-ta-ro | 2012/03/06 8:07 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/593
このページの先頭へ