CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 2012ハワイ旅:7(ハナレイの絶景) | main | 2012ハワイ旅:9(プリンスビル・リゾ−ト) >>
2012ハワイ旅:8(ワイオリ・フィイア教会」
 ”風光明媚”という表現がぴったりな「ハエナ・ビ−チ」を後に、これからは来た道を戻ります。

次に向かうのが、先ほど昼食をしたハナレイの街。ここへ立ち寄る理由は、ハエナ・ビ−チに行く際に街の中心に美しい教会(Church)が見えたもんだからです。




【ワイオリ・フィイア教会】
”In The Heart Of Hanalei
”・・・・※$1を寄付する箱に入れて、それと引き換えに持ち帰ったはがきにはこのように書かれてありました。意味は?・・・・「ハナレイの心」ってか?
■名前:Wai' Oli Hui'ia Church
■住所:P.O.Box 231 Hanalei Kauai Hawaii
■電話:808-826-6253
■e-Mail:waioli@aloha.net 



チャ−チの看板
幹線道路R56のすぐ脇に、この教会があります。この日は平日だったため、教会の周辺で人に会うことはなかったのですが、日曜日などにはたくさんの礼拝者たちで賑わうんでしょうねぇ。




カウアイカラ−グリ−ンの教会
カウア島は・・・グリ−ンの島・・・・・そう思うほど、
グリ−ンの似合う街です。教会にしてもこんなグリ−ンカラ−は非常に珍しいのでしょうが、ここカウアイではいいのです。



★外から見れば・・ステンド・グラスがおっしゃれ!!
頑丈というよりも、非常に愛らしく美しいコンパクトな教会です。



★教会の周囲は学校や公園
整備された緑の中心にこの教会が・・・・きっと、この街のシンボル的な存在なんでしょうね。




★教会内部
かなりたくさんの人が収容できそうです。高い天井が気持ちいいのです。




★内部から見たステンドグラス
きれいなガラス製のステンド・グラス、色彩の素晴らしさが我々の目を楽しませてくれます。この作品を維持するためにも、常に大変なメンテナンスを施してるんでしょうねぇ。



★横から見たら・・・・・また別の表情
”緑豊かなカウアイ島の教会”
なんだと実感させてくれます。




【教会を見終わって思うこと】
外国、特に欧米地域ではクリスチャンが多いという理由で「教会を中心に町が形成されている」のです。町の中心には必ずといっていいほど教会があり、その周りにはパン屋さんなどの食料品店があったり、学校などもあり、そのほかの施設も教会を囲むように周辺に形成されている。また、その近辺にはパブリックの公園やゴルフ場などもあり、住民の暮らしの中での憩いの場になっているのです。
日本と欧米では、そのあたりの日常の中の宗教へのかかわり方など・・・その辺の事情屋町の形成の仕方など・・・ちょっと違うのが外国へ行けば感じられるのです。
| 2012年カウアイ島(観光) | 08:47 | comments(2) | trackbacks(0) | -
けんたろう様

素敵な教会ですねーステンドグラスが所処に使われているので、たぶんここはカトリックの教会だと思います。
クリスチャンの教会はもっと質素ですから・・・

日本人はほとんどの方が無宗教だと思いますが、アメリカ人は日曜日に教会に行く方が多いです。
我が家の子供達もクリスチャンの学校に通っておりますが、主人が中国系なもので、最初はそこの学校を受験する事に難色を示していたんです。でも色々話し合った結果、通える事になったのですが、今ではここの学校を選んで良かったと思っています。やはり、将来どこの州に住む事になるか分からないし、アメリカ人としてキリストの歴史が分からないとやはり色々な面で恥ずかしい事に直面する事もあるかもしれませんので・・・・

時々娘にどうして家は教会に通わないの?なんて質問をされたりして、ドギマギしたりしています。

けんたろう様はたんに教会を見学されただけですか?
それとも・・・・?
けんたろう様はハワイやアメリカの色々な事に詳しいですよねーーー
| めるママ | 2012/03/08 2:51 PM |
めるママさま

「宗教の問題」については、日本人にとっては結構デリケ−トな話題なので、通常は日本人そのものはあまり宗教の話題そのものに触れる事はめったにありません。私自身、多くの日本人同様に「無宗教者」という部類に属するのでしょうねぇ。
我が家では、日本で言う「慣習や儀式」などは割合無視をいたします。初詣やクリスマスのケ−キなども特別しませんし、まぁ、このような儀式や慣習は、ケ−キ・お菓子メ−カ−などによって戦略的に作られたものが多く、私も含めて「日本人は勝手イベンタ−」ですから、各人が自分の都合の良いように解釈すればいいと思っております。

でもね、私や家族の心の中には「自分なりの守り神」がいると信じてはいるんですよ。何かあればお墓にいってご先祖様に報告や決意を誓う事もありますし・・・。姉は結婚してからクリスチャンになりましたし、それぞれの宗教観や神様との関わり方はは違っていいのだと思います。でも、人の大切なもの(神様や宗教)をよく知らずに否定するのもいかがなものかとは思いますけどね・・・・。
| ken-ta-ro | 2012/03/09 8:22 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/598
このページの先頭へ