CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 2012ハワイ旅:57美味しいチキン「マウイ・マイクス」 | main | 2012ハワイ旅:59「アラモアナ公園の夕陽」 >>
2012ハワイ旅:58「ハワイ・プリンスホテル」
オアフ島の初日、少し早いのですがこの日は天気もすぐれないし、ワイケレのアウトレットモ−ルに行ってもいまひとつ買い物にも盛り上がらない。連日の疲れもあって、午後3時過ぎにホテルへチェック・インする事にします。ここんところ連日、早朝からのハ−ドスケジュ−ルであったため、ここオアフ島では明日以降に充実した日を過ごすためにも、少しお昼寝をしておく必要があると感じたからなのです。ですから、初日の今日は、あまりあせって走り回らずに、ゆっくりと過ごす事にしたのです。



【ハワイ・プリンス・ホテル・ワイキキ】
住所:100 Holomoana St. Honoluklu Oahu
■電話:808-956-1111
■ホ−ムペ−ジ:http://www.princehotels.co.jp
■総客室数:33階建て2棟521室


今回このオアフ島で宿泊するのは「ハワイ・プリンスホテル・ワイキキ」です。今までのここオアフ島で泊まっていたのは、いわゆる「ワイキキ界隈」のホテルやコンドミニアムがほとんどで、カラカウア通りやその1つ運河側のクヒオ通りのいわゆるワイキキ周辺を歩いて回れる場所を確保していました。しかし、今回に限ってはワイキキ以外でレンタカ−中心で動けるアクセスの良いところをという事でこのホテルにしました。このホテルは、買い物に関してだけいうと、オアフ島最大のショッピングセンタ−のアラモアナ・センタ−まで徒歩約5分で行けるほどの好アクセスな場所にあり、その上私が最近習慣になっているジョギングを実践するためにも、ホテル周辺にある「アラモアナ公園」にて朝に晩にと存分に走れるという抜群の環境なのですから・・・ここに決めたのです。
 

【部屋のチョイスはジュニア・スゥイ−ト】
そして、今回もホテルの部屋のチョイスは「1BRのジュニア・スィ−ト」。ょうどこの期間格安にて宿泊できるパッケ−ジ商品がこのホテルには出ていて、さんざん迷った挙句ここに決めたのです。



★高層ビルのここプリンス・ホテル
やはりプリンスというくらいですから、経営は日本の西武系だとは思いますが、いまさらオアフ島で日本人に遭遇しない場所を確保することもなく、ここにしたのです。



★アラモアナ・ストリートからの進入口
この入り口が私たちは正面だと思っていて、こちらからくるまで入るとどうも人の歩行専用口みたいで、スタッフに確認してここから退去したのでしたが・・・・・。その後が大変でした。




★アクシデント
今回の旅2回目のアクシデント発生!!・・・・前回、カウアイ島で夜に車のキ−レスが作動しなくて、から利苦労して約2時間後にドアが開いた・・・というのがありましたね。今回のここオアフ島のアクシデントはその第2弾。※このコンクリートの階段にある白い傷は私がレンタカ−で乗り上げてできたものなんです。



★ハワイ・プリンスホテルのアラモアナ・ストリ−ト側の階段
※実はですね、スタッフに「駐車場の入り口はここじゃなく、ヨットハ−バ−方向からだよ」言われて、右側の平たいところからメインストリ−トへそのまま車で降りようとしたら、実は3段の階段があったんですね。(この事件のあったときには、大雨と強風が吹いていたので階段があるのがよくわからなかったのでした)あわてて左側の道路へ降りようとしたら、この3段の階段の途中で車の底が引っかかってしまい、前の写真のような大きな傷を付けてしまいました。途中の階段の傾斜で立ち往生したのですが、結局くはそのまんまスタントマンのように強引にこの3段の階段を車で駆け下りてしまったのでした。・・・・周囲にいた日本人の観光客は何事があったのかと心配顔でしたし、そこに来ていたホテルのスタッフいわく・・・・「オ−ゥ・マィ・・・ガッ」・・・・彼が言ったのは・・・たった・・・それだけでした。
車のほうは何とか無傷で、故障する事もなくその後も走ってくれましたが・・・・。気をつけよう・・・レンタカ−のアクシデント・・・トホホ。(階段の中央付近に白い大きな引っかき傷があるでしょう)



★部屋からのロケ−ション
いわゆる「ビ−チ・サイド」のこの部屋からは、遠くにはこの日の朝に行ったコオリナ方面を眺める事ができるのです。当然眼下には、アラモアナのヨットハ−バ−があるのです。



★我々のフロア
我々の泊まった26階の「アラモアナ・スゥィ−ト」



★この部屋が我々のオアフ島の宿・・・2615号室



★スゥイ−ト専用のエレベ−タ
ここでは、スウィ−ト専用のエレベータがありました。



★リビング・ル−ム
まずまずのインテリア・・・インテリアのセンスそのものよりも、とにかく部屋が広いというのがお気に入りでした。



★リビング脇のダイニング・テ−ブル
ここからは、アラモアナの公園やヨットハ−バ−などが見える抜群のロケ−ションでした。



★リビングの壁際
さほど新しくはないのですが、清潔そうな調度品が並んでいました。



★ミニ・キッチン
一応・・・・ミニキッチンが付いていて、コ−ヒ−程度ならここでいただく事ができます。この下の扉を開けると、小さな冷蔵庫も完備されています。



★ベッド・ル−ム
アメリカン?キング?・・・サイズの大きなベッド、ここがうちの奥さんの専用ベッドとなります。私は、リビングのソファ−・ベッドを使ってゆっくりと休むのです。



★洗面所
天板には人造大理石が使用されていて、洗面スペ−スも2つあり豪華な感じです。しかし、設備そのものはあまり最新式ではなかったのですが・・・・。



★バスタブ
やはり日本人には、このようなバスタブがあれば旅の疲れを癒すことが出来るのでありがたいものです。



★トイレ
普通の洋式のトイレ・・・ここがいくらハワイだといっても、日本の西武系が経営するのならせめて「ウォシュレット」を装備していただければなお良いのにね・・・。※我が家のホテルをの評価する上で「ウォシュレットのある・なしでは、ない場合の評価はかなりダウンするのです。



★アメニティ用品
特別これというものもなかったし、ひと通りのものはあったという感じ。
| 2012オアフ島(ホテル) | 08:27 | comments(7) | trackbacks(0) | -
けんたろう様

車の乗り上げ・・・・大事故に繋がらなくて良かったです。
やはり、ハワイ大使のけんたろう様には、毎回良い思いでいっぱいに日本に帰国していただきたいですから。

やーっとシャワー室に使うマーブルとタイル選びが終わりました。我が家はまさに、今回けんたろう様が泊まられたプリンスホテルのような雰囲気になると思います。
やはり国が違うと作り方、使用する材料もまったく違ってくるので、日本式に慣れてる私にとっては、納得いかないことも多々あります。

マスターベッドルームもやはりこちらのホテルと同じ洗面所が二つあるんです。でも、最後まで私が頑張ったのは日本式のオフロです。こちら式はバスタブの中に立って体を洗い、それから湯船にお湯をためますが、日本のオフロを夢みていた私は湯船の隣に洗い場をもうけました。
もちろん、日本式のようにユニットバスがあるわけないので、全部タイルを張っていく方法しかなくて、後々のメンテネンスの事を考えると恐ろしい気もしますが、やはりこれだけは何があっても譲れませんでした。

他の部屋も当所はこのホテル式の予定だったのですが、今はバスタブを付けないで、シャワーのみの方が人気だって言うので最新式のデザインのほうを選びました。

一応、下の階は人に貸し、2階に私達が住むつもりです。
| めるママ | 2012/05/18 2:01 PM |
けんたろう様

おはようございます。
本日のホノルルのお天気快晴、すがすがしい朝です。
相変わらず、目の前のゴルフ場ではコーン、コーンとみなさんゴルフを楽しまれてる様です。

帯広で食べられるレストランは決まりましたか?
私も五十郎様のブログを参考にしながら、毎晩頭を悩ましております。けんたろう様は日本在住の方なので、帯広名物を中心に考えてられる事とおもいますが、私の場合、ラーメン、うどん、おそば、それに子供達の大好きなハンバーグにおすし、インドカレーと普段みなさんが口にされている物も視野にいれなければならず、結構悩みます。

日本に住んでる方はまた次の機会に・・・と思えても、たまにしか口にできない私達にとってはとーっても重要な事になるんですよね・・・

今回の中華ちらしは、桃園と夜来香、それにあじ福のお店の3件を考えてます。もちろん五十郎様のブログでも美味しい!!とのお墨付きのお店です。
| めるママ | 2012/05/19 4:33 AM |
めるママさま

「住まい造り」・・・・手をかければいくらでもかけられますし、業者任せにしようとしたら、それはそれで完成するのです。まぁ、自分の気になる部分に関しては極力こだわったほうが先々まで満足できるんでしょうからね。
今回の帯広の料理といっても、初日の晩は山翠庵さんに行きますし、朝食は宿泊先で付いているし、2日目の晩ごはんはまきばの家のイタリアンディナ−でしょう。・・・・まぁ決めるとすれば2日目のお昼ごはんですから、美味しそうなパンやランチなどを今は考えております。それこそ、めるママさんが食べられた美味しいものをご紹介ください。多分2日目のランチは、清水町の「十勝千年の森」付近でと考えておりますので、美味しいお店などがあればぜひ帰国されたときに私までご一報ください。我々が帯広へ行くのはまだ7月中旬ですので、現在は情報収集中なのですから・・・。
※中華チラシ・・・やはりこれは北海道でも帯広でしか食べられないグルメ、3件ともに美味しいんでしょうね。
| ken-ta-ro | 2012/05/19 8:12 AM |
けんたろう様

私も色々と考えているのですが、38号線沿いには余りレストランがないんですよねー
唯一、回転寿司のは羽衣亭にたまに行くぐらいで・・・

だから十勝千年の森の中のレストランにしようが頭を悩ませてる所です。でも、もしも美味しい物の情報があったら、すぐお知らせしますね。

| めるママ | 2012/05/20 12:23 PM |
けんたろう様

お店情報です。
富良野に向かう時、38号線沿いの左手に十勝漬本舗というつけもの屋さんがあるのですが、やまごぼうとにんにの入ったお漬物・・・・これお勧めです。
お茶漬け、おかゆと食べると最高ですよ。必ず帰郷の際は帯広から遠くても買いに行くぐらいにお気に入りなんです。

それとほとんどの方が狩勝峠でトイレ休憩をされると思うのですが、そこで売ってるいももち・・・素朴な味で美味しいです。一本¥200なんですが、必ずおばさんに作りたてをお願いしてみてください。

十勝千年の森に行くまでに余りレストランがないんですよねー回転寿司の羽衣亭ぐらいですねー

とにかく、またお知らせしますね。
| めるママ | 2012/05/20 12:40 PM |
けんたろう様

また思い出した事がありますのでお知らせします。
38号線を運転されてる途中に、こばやし菓子舗と言うお店があるのですが、そちらで売られている¥129のワッフルおいしいですよーとくにカスタード味のもの・・・

こちらの商品は帯広駅の中でも売られています。帯広駅だからこそ、帯広で美味しいとされてる物がけっこう売っておりますよ。
| めるママ | 2012/05/21 5:15 AM |
めるママさま

たくさんの情報ありがとうございます。
十勝漬本舗の「ヤマゴボウとにんにく入り」の漬物に、狩勝峠頂上のレストランの「いももち」と、R38号線沿いのこばやし菓子舗の「カスタード味のワッフル」ですね。
貴重な情報として、デ−タをチェックしておきますね。
| ken-ta-ro | 2012/05/21 8:11 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/655
このページの先頭へ