CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 2012親父たちの北海道ゴルフ「居酒屋富士」 | main | 2011親父たちの北海道ゴルフ「松山へ帰る」 >>
2012親父たちの北海道ゴルフ「シャムロックCC」
 さて・・・いよいよ最終日となりました今回の「親父たちの北海道ゴルフ旅行」、最終日の今日は新千歳空港から一番近いゴルフ場だといわれている「シャムロックCC」へ向かいます。なにせこのコ-スは、新千歳空港の最寄のレンタカ−の事務所がある美々地区から車で約2分という至近距離にあり、旅行客たちが北海道へ着いた日の午後からスタ−トしたり、帰省する当日の午前中にプレ−したりするには最適なコ−スなのです。

そんな「シャムロックCC」ご紹介いたします。



【シャムロックとは?】
※ちなみに、このコ−ス名に使用されている”シャムロック"とは・・・・・・ゴルフ発祥の地であるアイルランドの国花をコ−スの名前に引用したのだそうです。正式には、「マメ科の3つ葉のクロ−バ−」だとかという意味だそうです。(四葉のクロ−バ−ではないそうですからお間違いなく・・・。)


【シャムロックCC】
■住所:千歳市柏台1390番地3
■電話:0123-22-2111
■今回のプレー料金の目安:5,480円(セルフプレ−+2,000円で4人用カ−トレンタル)
■ホ−ムペ−ジ・・・http://www.shamrock.co.jp/




★コース玄関から見たエントランス付近
このエントランスを少し出た場所には、レンタカ−オフィスがたくさん並んでいる美々地区があります。



★クラブハウス
ここのクラブハウスも、やはり北海道のアイヌの住宅を模倣したデザインみたいですよね。



★クラブハウスの正面
決して豪華ではなく、シンプルな気軽に入れる雰囲気があります。



★ゴルフクラブのコ−ス内の案内板
シャムロックCCのロゴマ−クには、先ほど紹介した「三つ葉のクロ−バ−」が入っています。



★出だしの1ホ−ルから池のからんだホ−ルです。
フラットなコ−スをセパレ−トするために巧みに池がレイアウトされています。



★3の池越えのパ−3
やはり池があるとプレ−ヤ−には恐怖心を与えますが、こうして見ると光景は美しいのです。



★フラットで広大なコ−ス
コ−ス全体の標高差は10mもないくらいの超フラット(平ら)なこのコ−ス、おまけに広くてOBなんかはなさそうですから思い切って攻略できるのです。初心者の方なんかには、ゴルフはハワイか北海道でデビュ−するのがいいみたいですよね。



★9番・・・パ−5
クラブハウスに向かってひたすら攻略していきます。



★たくさんの航空機が
この付近は新千歳空港から近いという事もあり、ひんぱんに航空機が頭のすぐ上を飛来します。おまけに、ここ千歳空港は自衛隊のジェット機なども並列した滑走路から飛び立ったりするものですから、結構騒音もすごいのです。



★ゆるい空気が流れています。
なんだかこの景色は、北海道ならではの「ゆるい感じ」がします。
そうです、内地から行く我々観光客たちは、このゆるい空気感を求めて北海道へまた舞い戻って来るのですから・・・・。



★このホールにも池が
フラットなコ−スは、こうして池を設営して変化をつけなくては面白くないんでしょうねぇ。



★素晴らしいコ−スでした。
メンテナンスも素晴らしくて、楽しくゴルフを満喫いたしました。



★戦い終えて・・・ホ−ルアウト
4日間のゴルフお疲れ様でした。まぁこんな涼しい気候だからあんまり疲労感もなかったのですが、しかし60代が中心の8名のおじさんたち・・・・全員無事に完走です。ご苦労さまでした。



【4日間のプレ−を終えて】
今回は3泊4日で4つのコ−スをめぐりました。まぁ4日連続のゴルフというのはまぁまぁハードなのですが、今回のカ−トを使用してのプレ−ですからそんなに疲れのほうも大したことはないのです。
普段からゴルフ大好きで生きている親父たちは、この4日間のゴルフには満足だったようです。また、懸念していた台風のほうも最後の最後のそれてくれて思ったほどの風雨もなかったのも幸いしました。来年もここに戻ってこれる事を念じて・・・お疲れ様でした・・・・です。
| 北海道のゴルフ場 | 08:35 | comments(2) | trackbacks(0) | -
けんたろうさま
久しぶりの日本語です。主人がやーっと日本語の変換を見つけてくれたんです。
なんせアップルコンピューターを使うのが初めてなもので,機械が苦手な私にとっては変換するだけでも大変な事態になってしまうものですから。
ローマ字は読まれるけんたろうさまも大変だったと思いますが、打ってる私もすっごく大変で時間のかかる作業だったんです。

苫小牧のゴルフ旅行のブログ毎日楽しく読ませていただきました。
今回のけんたろうツアーの内容には、お友達も満足されていたことと思います。
この内容で文句を言われる方はいないと思いますけど。

今週末には奥様との楽しい夫婦二人旅が始まりますね。
美人な奥様をもう少し登場させてくださいね。

窓の外はまた雨です。昨日なんて吐く息が白いぐらいの寒さでした。
こんなに寒い夏を過ごすなんて人生初めての経験です。
毎日目の前に停泊する船を見て、来年は私も船の中の人になるぞーと心に決めております。

| mel-mama | 2012/07/10 12:32 PM |
めるママさま

パソコンが無事に日本語変換出来るようになりおめでとうございます。
やはりこのように日本語のコメントをいただくと、読解するのにもすぐに意味が理解できて改めてうれしいのです。

今回の苫小牧ゴルフツア−、まぁいろんなこともありましたが、参加した全員がそれなりに北海道のゴルフやグルメ・気候や地域の人たちとのふれあいを楽しんでもらったと思っております。

さぁ、今週末には奥さんとの道東から道央を巡る「北海道ガ−デン街道ツア−」が始まります。北のさわやかな気候の中、美しい庭を眺めつつ、美味しいものをた〜くさん食べて・・・・またまた地元の人たちとも大いにふれあいたいとも思っています。
| ken-ta-ro | 2012/07/11 8:10 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/695
このページの先頭へ