CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 2012年夏:北海道の夏休み21「かなやま湖周辺」 | main | 2012年夏:北海道の夏休み23「保養センタ−の晩ごはん」 >>
2012年夏:北海道の夏休み22「かなやま湖保養センタ−」
 かなやま湖に到着しました。
ここの一番近くのコンビニまで行ってお水やジュ−ス等を買い込み、今日のお宿へチェックインします。


【今回4泊したそれぞれの宿泊先】
今回の北海道4日間の宿泊は、次に紹介する場所に泊まりました。

■初日:帯広駅前のビジネスホテル「ル−トインホテル帯広駅前」の1泊朝食付きのツイン
■2日目:帯広郊外池田町のログハウス「まきばの家」のイタリア料理の1泊2食付
■3日目:南富良野町の「かなやま湖保養センタ−」1泊2食付の和室の10畳
■4日目:苫小牧駅前にある「ル−トインホテル苫小牧」1泊朝食付きのツイン

このように場所と施設をいろいろ変えて、今日はビジネスホテル、明日はログハウス、3日目は温泉宿などと・・・・毎日飽きないように工夫してチョイスしたのです。(すべて格安なプランでしたが・・) 

さぁそれでは3日目に宿泊した「かなやま湖保養センタ−」ご紹介いたします。



【かなやま湖保養センタ−】
■住所:北海道空知郡南富良野町東鹿越
■電話:0167-52-2223(8:00〜21:00)
■今回のプラン:1泊2食付和室10畳:大人6,090円×2名=12,180円
■予約方法:じゃらんネットを利用して行ないました。
■ホ−ムペ−ジhttp://www.town.minamifurano.hokkaido.jp/kousya/02hoyo.center/01-1hoyo.center.htm




★保養センター近くのセイコマ−トの看板
北海道だけにしかないコンビニの「セイコマ−ト南富良野店」までは、この看板のあるかなやま湖周辺付近からは約10分程度かかります。



★南富良野町のセイコマ−ト
北海道独自のコンビニといったらセイコマ−ト。
最初訪れたときには店内の品揃えなど本州のコンビニと比べると一種独特だと感じたのですが、何度も通っていると次第になれてきます。




★夕方・・・かなやま湖へ到着です。
ここが、今晩宿泊するかなやま湖の中心地にある「かなやま湖保養センタ−」
この施設の湖側には、オ−トキャンプ場などもあってたくさんの人たちでにぎわっているのです。



★「かなやま湖保養センタ−」全景
ここかなやま湖の中心地にあるこの保養施設。この施設は、地元の南富良野町が経営しているみたいです。



★受付カウンター&風呂の入り口
このカウンタ−は、この施設に併設している大浴場の入場券売り場と宿泊者のチェックインするのが兼務していルらしく、非常にアットホ−ムなものでした。



★この部屋27号室がこの日の宿泊所
普通の学生たちが合宿するような・・・・そんな簡易な宿泊所です。



★トイレと洗面所
部屋のは備え付けのトイレは無く、トイレや洗面も男女は別でともに共同形式です。その中身はまだまだ新しく、トイレのほうもウォシュレット装備だったのはありがたいことでした。



★でっかい洗面所
いったい何人が一緒に顔を洗うのか・・・というくらいでっかい浴槽の洗面所です。



★部屋は和室の10畳
夫婦2人では少し広すぎるくらいの広い空間。たまにはこんな和室で自分たちでふとんをひいて休むのもいいのかもしれない。



★部屋からの眺め
ここだけ見ると・・・・・すごく立派な湖の畔のリゾ−トホテルのような気にさせてくれる素晴らしいロケ−ションです。



★浴衣にタオルも大小あって
やはり温泉旅館はこんな浴衣や丹前がありがたいのです。
旅の疲れを取るために、早速食事前にひとっ風呂浴びてしまいましょう。



【かなやま湖保養センタ−】
旅に出るといろんな形式のお宿に泊まるのは楽しいものです。
ビジネスホテルや温泉旅館、民宿形式やペンション・オ−ベルジュといったお値段もいろいろあってピンからキリまで・・・。

ちなみに、いままで北海道へ来て泊まったホテルの最高級はあのサミットの会場となった『ウインザ−ホテル洞爺湖』でした。そして、最低といえば利尻島で泊まったある民宿だったのです。何が最低だったかというと、我々の2階の部屋に上がる階段の踏み段が10cmくらいしかなくて勾配もすごく急斜面で非常に登りづらく、その上その日は約30人くらいの男女客が泊まっていたにもかかわらず、お風呂場は男女兼用(交代制)で、そのお風呂の大きさも一般家庭にあるような大人が2人入ればいっぱいというまさに「違法建築」で無理やり建増しをしたものでした。(あえて名前は伏せておきます)

まぁこんないろんな経験をするのもたった1晩ですからまぁいいのです。ここかなやま湖の保養センタ−もなかなか良かったと思いますよ。お値段の手軽さや従業員さんの接客、この付近の景色のよさ、施設には大浴場もあって何度もお風呂につかり、リラックスさせていただきました。

「かなやま湖」・・・・・あまり本州の人たちには知名度もあまり無く、まだまだマイナ−かもしれませんがぜひお奨めのスポットです。私のメル友の『めるママ』様に言わせると、”ここかなやま湖周辺から帯広方面に向かうトマム周辺はすごくいい気が流れていて、素晴らしいヒ−リングスポット”だそうですから、ぜひその恩恵をいただいて自宅に帰ってからもいい事が待ってるかもしれません。
| 2012年北海道の夏休み | 08:54 | comments(3) | trackbacks(0) | -
ケンタローさま

ケンタローさまが宿を決める時は何を基準に選んでますか?
私はまずお値段、一泊¥10,000以上のお宿はどれだけ人気があってもパスです。次にしゃらんのクチコミ・・・・
お手頃価格でクチコミが良くて食事が美味しそうだったら合格です。

ウインザーホテル洞爺湖・・・一度泊まってみたいですねー
洞爺湖には2度行った事があります。湖の近くのホテルってなぜかとーっても癒されるんですよねー
こちらでサミットが開催された時にシエフの一人として食事を作られた方がトマムでペンションをされてるんですよ。

ペンションイングトマムです。その時に食べたハンバーグのデミグラソースの味が未だに忘れられません。
私の母は舌が超えているのですが、その母が絶賛したハンバーグです。とにかく、私もハンバーグが大好きで色々美味しいと言われてるお店で食べましたが、ここのハンバーグは絶品でした。帯広に帰帯する度にこのハンバーグの事が頭を過ぎるのですが、実は泊まったお部屋で山ダニが出たんです。
山の中なので仕方がないのかもしれませんが、子供達も怖がってしまってお付き合いしてくれないんです。
でも、死ぬまでにもう一度食べたーい!!!て思うぐらいに美味しいんですよねー
| めるママ | 2012/08/11 4:20 PM |
ケンタローさま

今回、初めてセイコーマートのワンコイン¥500カツドンを食べたのですが、お肉の柔らかさといい味付けといい、コンビニでこんなに美味しいカツドンが食べれるんだーと思って感激しました。

息子もいいなーーーーー日本のコンビニは・・・・といつもの口ぐせです。
昨日子供達の学校で先生との顔会わせがありました。
お土産はもちろんロイズのチョコレート(オーレ味)です。
アメリカ人にあのチョコを食べさせると、誰もがいったいこの美味しさは何?今まで食べたチョコでベストチョコだって
誰もが言います。何を食べても日本は美味しい食べ物大国だってハワイの人は知ってますよ。
| めるママ | 2012/08/12 2:20 AM |
めるママさま

Q.「私が宿を決める基準」さて何なんでしょうね。このように改めて言われると答えに困りますが、結局いろんな場所でさまざまな宿に泊まってみたいんでしょうね。
宿のロケ-ションが良かったり、料理が良かったり、温泉があったりといろんな要素はありますが、やはりこれっていう決定的なものは無いのです。
時には温泉旅館で、時には民宿で、時にはシティホテルやペンションなどなど・・・・ほんとに稀に「三ツ星ホテル」。でも、三ツ星ホテルは素晴らしいのですが、なんだか普段と違いすぎて何をしても落ち着かないんですよね。ちなみに、ウインザ−ホテルに泊ったときにはスペシャルプランがちょうどあって、確か24,000円(2人ツインル−ム)だったと記憶しています。でも、その価値は十分あって素晴らしかったと記憶しています。今から5年ほど前かなぁ。

日本の食事、外国に旅に行けば改めて自国の料理が旨い・美味しい・工夫してるなぁと感じるのです。この日本人の舌の繊細さやアレンジするセンスなど、やはりこの国が世界でも一番ではないでしょうか。
これからも、グルメ遍歴は続きますのでお楽しみに・・・・・。
| ken-ta-ro | 2012/08/13 6:53 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/720
このページの先頭へ