CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 2012年夏:北海道の夏休み28「若鶏時代なると」@小樽 | main | 2012年夏:北海道の夏休み30「ル−トイン苫小牧」 >>
2012年夏:北海道の夏休み29「小樽の街並み」
 「小樽」・・・・・皆さんは小樽といえば何を連想されますか?

ここ小樽で有名なのは、運河沿いの歴史的な建造物のある古い街並み、食べ物ならお寿司など・・・他には、あの石原裕次郎がここ小樽で幼少時に育ったとかでも有名で、裕次郎さんの記念館などもあるのです。まだ数え上げれば小樽のネタはたくさんあるんですよね。

ここ小樽では、できればじっくりと時間をかけて半日くらいじっくりと町全体を歩いたりすると良いんですよね。ここ小樽が本店の有名なスゥイ−ツのお店「ルタオ」をはじめとするお菓子の名店や、オルゴ−ル館やガラス製品、海産物などのお土産品などを扱っているお店がこの町にはたくさん立ち並び、全国からここ小樽へ集まる観光客を楽しませてくれます。




★小樽の倉庫街
本来は本当の海運業の倉庫として使用されていたのが、現在では工芸品などのショップや飲食店などに改装されて、おしゃれな運河沿いの街として今風に蘇っております。



★小樽の街中にあるルタオの最新ショップ
ルタオとは、ここ小樽が発祥の地である有名なスゥイ−ツのお店。ここで、ド−ブル・ブロマ−ジュなどの限定品のお土産品を買うことも出来ますし、お店の中のイ−トインコ−ナ−では、お茶しながら目の前に展示されている美味しいお菓子を味わうこともできるのです。
※なお、このお店の名前の「ルタオ」の由来とは・・・小樽(オタル)を反対に呼んで「ル・タ・オ」という名前になったのは有名な話です。



★ガラス細工のお店もたくさん
ここ小樽で製造されているものもありますが、世界中から収集されたガラス工芸各種がたくさん展示販売されています。



★堺町を歩く観光客たち
たくさんの観光客たちが、ここ小樽のメインストリ−トの堺町を歩いております。



★堺町の通り
ここは車は一方通行で、歩行者道路も左右2ヶ所もあります。



★昔の豪商のお大屋敷やお店の跡
現在では、このような歴史的な建造物も実際の店舗として営業しているのです。



★レトロな街並み
1軒1軒の個性的な建造物が我々観光客の目を楽しませてくれます。



★観光客も国際的
ここに来る観光客は、日本全国からもそうなんですが、東南アジア方面からもたくさんのお客さんたちが集まっています。中国語、韓国語など・・・いろんな国の言葉が街を流れています。



★お客さんの数もすごいのです。
いつ行っても、ここ小樽の観光客の数はすごいのです。



★この建造物は?
そうです、六花亭と北嘉楼という北海道を代表するお菓子メ−カ−たちが、この通りにも軒を並べてレトロな建物を今風にアレンジして直営店を出しているのです。



★六花亭のお店の2階
1階がお土産品の直売所で、2階はイ−トインコ−ナ−の喫茶室となっています。中央付近は吹き抜けとなっていて、非常に面白いインテリアです。



★吹き抜け付近はカウンタ−に
この吹き抜けを取り囲むように喫茶のカウンタ−が設置されています。



★1階のいろんなお菓子の壮大な数
いろんな種類のお菓子が、コ−ナ−毎にディスプレ−されています。



★そして・・・このおじさん・・誰?
そうです・・・・、ここ六花亭の包装紙のデザインを製作した農民画家の「坂本直行」さんです。



★まだまだあります・・・お菓子の数々



★まだまだ
これは私も好きな「雪やこんこ」・・・・・名前もユニ−クでしょう?



★そして、高速に乗っていざ苫小牧へ
そろそろ夕方近くになってきて、小樽歩きにも疲れてきたので、今晩の宿泊先の苫小牧へ向かいます。苫小牧へは、ここ小樽からは、札幌を経由して車で約1時間20分、結構この道路は交通量も多いのでゆっくりと安全運転で向かいます。



【小樽の散策】
時間さえあれば半日くらいの予定を組んで小樽周辺をゆっくりと回るのがいいのです。また、小樽の隣町の余市もニッカウイスキ−の工場があったりして見学するのにも非常に面白いですよ。
私の場合は、ここ小樽に来たのは今回でもう10回目くらいもになりますが、今回歩いたのは街の中心部だけでしたが、まだまだ見どころはたくさんあります。何度来ても良い街ですよね。
私の1番のお奨めは・・・・早朝の時間い街の中心部にある古い建造物を歩いて回るのがいいんですよね。
| 2012年北海道の夏休み | 06:45 | comments(2) | trackbacks(0) | -
ケンタローさま

私もこの小樽の街並みが大好きでございまして・・・・
今まで、5−6回訪れてるんですが、未だかって小樽の街すべてを回りきった事がないんです。残念な事に・・・
とにかく我が家の子供達!!!毎日車生活のおかげで長時間歩くのがとーっても苦手で・・・・

だから、いつもとんぼ球作りやオルゴールを手作りししたりして時間が終わってしまうって感じなんです。
でも、小樽はいつ訪れても素敵な場所ですよね。少し軽井沢にも似てる所があって、ただ歩いてるだけでも気持ちの良い所ですよね。

小樽で一度もおすし屋さんに入った事ないんですが、ケンタローツアーお勧めのお店があったらご紹介ください。
| めるママ | 2012/09/03 8:54 AM |
めるママさま

小樽って良いでしょう。まぁみんなが良い良いなんていうからそんなでもないと思っていましたが、行けば行くほど味わいがあって歴史的な背景もあって、それが自然と今の街の雰囲気にバッチリと合ってるんですよね。

小樽でのお奨めのお寿司屋さんですか?
今まで小樽ではお寿司屋さんへはお昼や晩ごはんにも何軒か行きましたが、ここが1番というのにはまだお目にかかっていません。しかしですよね、大体においてレベルは高く、コストパフォ−マンスも良心的で、ここ小樽でのお寿司に関してはいやな思いをしたお店は無かったような・・・そんな気がします。都会のような”ぼったくり”的なここ小樽に限ってはそんないやな思いをするお店は少ないんではないでしょうかねぇ。
| ken-ta-ro | 2012/09/03 3:30 PM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/727
このページの先頭へ