CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 2012年お盆休みB膵イな大三島 | main | 2012年お盆休みヂ膵イな大三島I抻慮園の豪華海鮮料理 >>
2012年お盆休みぢ膵イな大三島富士見園
 大三島といえば『定宿』にさせていただいている旅館があります。
それは、「富士見園」という料理旅館で、最初に訪れてからはもう10年になるでしょうか。
実は、この旅館・・・・・最初に泊まろうとしたときには外観を見ただけで「キャンセルしよう」などと一瞬思ったのでした。というのも、ここを予約したころにはまだ私がインタ−ネットをしていないときでして、情報も少ない時にたまたま大三島周辺のパンフレットを見ただけでここを予約したのではあります。大三島に着き、実際にその建物を見たとたん非常にみすぼらしい(すいません、お店の方々)建物の上に古びた看板がこの屋上に立っていて、何か「さびれた場末の旅館」(またまたすいません)みたいで、一緒に車で居たうちの奥さんに「まだ今なら良いかもしれないから今晩の予約はキャンセルしよう」と思わず言ったほどだったのです。その後、気を取り直してここに宿泊してのでしたが、外観に似合わず(3回目ですが、またまた暴言をすいません)部屋もきれいに改装もされて、そして・・・・一番素晴らしかったのが”料理が抜群に美味しかった”もんだから、大・大・大満足して帰ったもんです。

それ以来は、我々家族の大三島を訪ねるときの「定宿」として泊まっています。



【仕事でも縁があって】
その上、仕事の面では・・・・今から5年ほど前に、ここの女将さんから「ところで井上さん(私の苗字ですが)いつも利用してもらってるんですが、お仕事はいったい何をしてるんですか?」と聞かれたものだから、「松山で不動産の会社を経営している」と答えました。すると、女将さんが「ちょうど良かった、実はうちの娘が松山でネイルサロンを経営していて、毎月かなりの家賃を負担してるので、出来たら街中でいい物件があれば購入するので探している」との情報が・・・。そこで娘さんを紹介していただき、ちょうど予算的にあいそうな私の知人が所有するテナントビル&上の階がマンションという物件があり、それを紹介すると本人やここ大三島の女将さんやご主人も大変気に入り・・・・・結局銀行の融資も取り付けてその物件を購入していただいたのです。現在も、1・2階はネイルサロンとして使用し、上の階はご自分の居住するマンションとして利用していて、今でも感謝してもらっています。



【なんと”じゃらんの投票で中四国癸韻法鼻
そんな「富士見園」さん、ご紹介いたします。何でも、ネットのじゃらんで中四国の島の旅館で料理が美味しいと癸韻箸覆辰燭修Δ如∈から10年前に我々がキャンセルしようと思ったころとは比較にならないくらいの繁盛旅館と現在はなっているそうなのです。
不動産のお世話をしていたときにわかったのですが、ここ富士見園を旅館を経営されている鶴岡さんご夫婦は松山市内にある高校時代の同級生同士だとかで、年齢は・・・・なんと・・・私たち夫婦とも同級生であることも判明し、そんなこんなで・・・・現在では、我が家とは家族ぐるみのお付き合いをしていただいており・・・・まぁ富士見園の1ファンとしてはますます繁盛していただくのが私にとっても非常に嬉しい事なのです。



【富士見園】
■住所:今治市上浦町井口(しまなみ街道大三島インタ−下車約3分)
■電話:0897-87-2025
■料金の目安:1泊2食で約10,000円(これでお腹いっぱい瀬戸内海の海鮮料理を満喫できます)




★料理旅館富士見園
10年前にはこんな立派な看板はない・ない・・・とてもじゃないけれど・・無かったのです。



★富士見園の外観
決して新しい建物ではないのですが、手先の器用なこの旅館のご主人自らの手で少しずつリフォ−ムされて、たずねる度にきれいに生まれ変わっています。



★玄関ロビ−
格子状の天井がおしゃれですよね。
313.JPG


★玄関先のお帳場付近
おみやげ物各種などもそろえられていて、民家風でなにかすてき。
314.JPG


★小物のディスプレ−もおしゃれです。



★清潔そうな廊下回り
以前と比較してもすごくきれいになった廊下回り。がんばってるねって言いたくなるほど来るたびに良くなってるんですよね。



★和室10畳
この日は、この部屋で3人で泊まります。



★洗面所
このような民家調の化粧台があって、いい雰囲気です。



★日本人には和室が良いよね
やはりベッドも良いのですが、日本人には和室のタタミの香りが良いんですよね。



★浴衣にタオル
やはり旅館ですから、このような浴衣に着替えてリラックスしてくつろぎたいものです。「浴衣の君ぃは・・・・・」なんて吉田拓郎ちゃんの歌でも歌いたくなりそうな・・・そんな気持ち。



★芋吉
この付近のお菓子屋さんが作っている大三島の銘菓「芋吉」。
なかなか芋そのもののお味がして、結構いけました。



★旅館の1階にある潮風呂
ここ大三島では、このようにして海の潮を温泉として利用しております。
322.JPG


★清潔そうな男性用お風呂
5人くらいは充分に収容できそうなお風呂。以前と比較しても断然きれいになって、いい雰囲気の温泉です。
315.JPG


★露天風呂
こちらのほうも最近新設された露天風呂。今流行の露天風呂はやはりみんな大好きなんですよね。
318.JPG


★こじゃれたお風呂場の洗面所コ−ナ−
こんなところにも、お店の皆さんの意気込みが感じられます。
321.JPG


★富士見園から見た朝の瀬戸内海の橋
こちらは早朝の光景・・・・瀬戸内海にはたくさんの橋が架かっており、どの橋もすべてデザインが異なっております。この生口橋もこのようなきれいなデザインが我々の目を楽しませてくれるのです。
294.JPG


★富士見園の石の看板
この島のシンボル・・・・魚のオゴゼの石の彫刻、重厚なこの石像が似合っています。
299.JPG





※これは・・・この時期だけの富士見園名物・・・・お盆用の「幕の内ご膳」。
この約1000近い数の幕の内ご膳は、ここ富士見園でこのお盆時に町に依頼されて作られています。島の各家庭のご老人に向けて1膳づつ配膳されるそうです。



★この日は朝3時から仕込みだそうです。
我々もお盆の時期にたびたびうかがうのですが、毎年このような光景に大変なことだと・・・・ただただ驚くのです、
323.JPG


★アップで撮らせていただきました。
さすが料理旅館のお盆用の幕の内ご膳。1品1品美味しそうで、1つ持って帰りたいくらいの内容でした。
324.JPG


【最初はガッカリだった富士見園】
何度もいいますが、”最初はあまりの外観のひどさにガッカリしてキャンセルしたい”と思ったほどのここ富士見園でしたが、”この旅館のお料理はすばらしい”の1言につきます。我々瀬戸内海圏に住む人々は、普段から当たり前に美味しい魚介類を食べていて、他の土地の方と比較しても舌が肥えているといえるでしょうが、そんなわれわれでも、いまどき1泊2食で10,000円の料金でこんな豪勢な料理を満喫できるようなそんな事はまずないのです。

※詳しくは、明日のブログでそんな美味しかった料理の内容を詳細にご紹介します。
| 旅行/その他 | 06:58 | comments(5) | trackbacks(0) | -
ケンタローさま

おはようございます。
本日ホノルルのお天気快晴、とーっても気持ちの良い風が吹いております。

こちらの富士見園さん、こじんまりとしていますが清潔そうなお宿ですねーケンタローさまが何度も訪れてるんですからお食事も最高に美味しい!!んだと確信しております。
お盆用の幕の内ご膳を見ただけでも内容に工夫されてるのがよく分かります。ハワイでも和食のお店はたくさんありますが、おすし、とんかつ、すき焼き、天プラなど食べられるお店はありますが、こういう幕の内ご膳を食べれるお店がないんですよねー時々むしょーに食べたくなるんですよね。

とにかく同じ海に囲まれている所に住んでいても、ハワイと瀬戸内海では海鮮の新鮮さが違いますからねー
そう思うとケンタローさまの方が毎日美味しい物を食べられてる訳ですよね。羨ましい限りです。

ハワイで暮らしているとやはり肉類がメインの献立になってしまいます。できればお魚を・・・・と思ってもスーパーに並んでる商品を見ると一歩引いてしまいます。
本当に日本に住める方が羨ましいですね。
日本に住み、海外旅行できる方が一番幸せな生活をされてると思います。ハワイに住んでるとほとんどの方からいいねーーーと羨ましがられるんですけどね・・・・

そうそう、アラスカで頑張ったご褒美として、10月の半ばから一人で2週間帯広に帰郷です。
母を誘って函館に行きたかったのですが、振られてしまったので近場にドライブ旅行を計画しております。
去年もそうだったのですが、この時期に帰郷すると母手作りのいくらの醤油付けをたんまり持ち帰る事ができるんです。
ちなみに去年は3キロお持ち帰りでした。
それと栗が大好物なので、マロンケーキを食べるのも楽しみなんです。子供達からは、ママ一人だけずるーい!!とブーイングの嵐なんですけどね・・・・

今は毎日その2週間の予定で頭を悩ませてる所です。
| めるママ | 2012/08/20 8:32 AM |
ケンタローさま

おはようございます。
本日ホノルルのお天気快晴、とーっても気持ちの良い風が吹いております。

こちらの富士見園さん、こじんまりとしていますが清潔そうなお宿ですねーケンタローさまが何度も訪れてるんですからお食事も最高に美味しい!!んだと確信しております。
お盆用の幕の内ご膳を見ただけでも内容に工夫されてるのがよく分かります。ハワイでも和食のお店はたくさんありますが、おすし、とんかつ、すき焼き、天プラなど食べられるお店はありますが、こういう幕の内ご膳を食べれるお店がないんですよねー時々むしょーに食べたくなるんですよね。

とにかく同じ海に囲まれている所に住んでいても、ハワイと瀬戸内海では海鮮の新鮮さが違いますからねー
そう思うとケンタローさまの方が毎日美味しい物を食べられてる訳ですよね。羨ましい限りです。

ハワイで暮らしているとやはり肉類がメインの献立になってしまいます。できればお魚を・・・・と思ってもスーパーに並んでる商品を見ると一歩引いてしまいます。
本当に日本に住める方が羨ましいですね。
日本に住み、海外旅行できる方が一番幸せな生活をされてると思います。ハワイに住んでるとほとんどの方からいいねーーーと羨ましがられるんですけどね・・・・

そうそう、アラスカで頑張ったご褒美として、10月の半ばから一人で2週間帯広に帰郷です。
母を誘って函館に行きたかったのですが、振られてしまったので近場にドライブ旅行を計画しております。
去年もそうだったのですが、この時期に帰郷すると母手作りのいくらの醤油付けをたんまり持ち帰る事ができるんです。
ちなみに去年は3キロお持ち帰りでした。
それと栗が大好物なので、マロンケーキを食べるのも楽しみなんです。子供達からは、ママ一人だけずるーい!!とブーイングの嵐なんですけどね・・・・

今は毎日その2週間の予定で頭を悩ませてる所です。
| めるママ | 2012/08/20 8:34 AM |
めるママさま

私の大好きな場所・・・ハワイ・北海道・大三島なのです。
どこが1番か?なんて無粋な事はさておいて、それぞれにそこへ行けば楽しめて、美味しいものを食べれて、その土地の人たちと交流してその地のいろんなオ−ラをいただいきながら現実の毎日が続く・・・・。そんな元気を大好きな場所でいただきながら日常をがんばっているのです。

「帯広への2週間のご褒美旅行」ですか・・・いいですよねぇ。それを許してくれるご主人の寛容さと、子供さんのご理解に拍手・拍手です。がんばって・がんばって・がんばってそして、そのご褒美にいいことが待っている、またがんばれますよね。
10月に行くまで、また帯広周辺のグルメ情報を収集して、私の方まで伝達してくださいね。
PS:私の現在は、食卓に並ぶ十勝漬け本舗のお漬物食べて北海道を懐かしんでいる毎日なのです。
| ken-ta-ro | 2012/08/20 9:11 AM |
昨日の私の質問の回答有難うございます。明日の料理がたのしみです。シニア頑張りましょう。
| シロウ | 2012/08/20 2:36 PM |
シロウさま

いつもご覧いただいているようでありがとうございます。

ここ大三島の富士見園、一度チャンスがあれば行ってみてください。スケジュ−ルとしては、前日のお昼ころからゆっくりと出て、夕刻にマ−レグラッセ(潮湯温泉)でゆっくりと夕陽を見ながら露天風呂を満喫し、それから富士見園で瀬戸内海の豪華海鮮料理をいただき、翌日はゆっくりと瀬戸内海の島々を散策したり、本州へ渡り・・福山や尾道あたりの街をめぐりながら遊ぶのもいいかも知れませんねぇ。

明日の愛媛シニア、がんばって四国シニアへ行きましょうね。
| ken-ta-ro | 2012/08/21 7:59 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/731
このページの先頭へ