CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 2012年お盆休みА崔攸家・とり壱」@今治 | main | 2012年夏:北海道の夏休み24「4日目の朝ごはん」 >>
土佐礼子さんと2ショット
 今年のお盆休みに私の卒業した松山商業高校の同窓会が開催されました。

私が松山商業高校を卒業したのが今から40年前です。卒業以来、仲の良かった連中とは時々交流していましたが、この同窓会が発足したのは今から4年前のことでした。それ以来、年に2度ほど松山の住んでいる仲間たちとは連絡を取り合って「夏にはビアガ−デン、冬には忘年会」などと親交を深めておりました。

今年は4年前に最初に集まったのと同じ規模で、松山市内のホテルを借りて盛大に開催されたのです。今日は、その様子をご覧ください。



★松商70会
これは我々が卒業したのが松山商業70期生という意味です。
098.JPG


★校章を染め上げたTシャツ
この緑が松山商業のチ−ムカラ−です。今思えば懐かしい校章やロゴ
092.JPG


★記念写真
このときに集まったのが約120名、この写真は約半数のメンバ−たち(ちなみに私は前列2列目の左から2番目)
080.JPG




そ・そ・そして「この日の特別ゲスト」登場です。
日本を代表するマラソンランナ−であった土佐礼子さん。
彼女は、我々と同じ松山商業高校の卒業生で、この日の特別ゲストで来場していただきました。



★土佐礼子さん
スレンダ−な健康的な美人でしょう。
082.JPG


★3人でポ−ズ
この写真の左側にいる佐伯さんの子供さんと土佐さんが同級生だとか・・・・そんなよしみと同じ同窓生としてこの会に来ていただきました。
087.JPG


★2ショット
土佐さんの「タ・レ・目」が非常に印象的で、”田舎の良い人”って感じがするでしょう?
しかし、顔の大きさは私の半分ですよね。088.JPG


★Tシャツにサインを
今年のエヒメマラソン出場記念シャツにサインをいただいていました。
089.JPG


★だいぶんお酒も進んで
みんなリラックスした表情で・・・・この中には、現役の高校の校長先生などもいるのはいますが、この日は全員が無礼講で高校時代に回帰しております。
094.JPG


★みんな記念に土佐さんと
各クラス別に土佐さんと記念写真です。
096.JPG



★私は高校時代の恩師と
この恩師は崎野先生というのですが、よく呼び出されてこずかれていました今となってはいい思い出です。
100.JPG



【仲間との同窓会】
4年ぶりに集まった高校時代の仲間たち・・・。それぞれが60歳の還暦を迎えるあと少しの年齢となり、今までの40年間おもいおもいそれぞれの人生を謳歌してきたんでしょうね。やはり昔の同級生と集まって盛り上がるのはとてもいいもんですね。
それと、今年はこの時期にオリンピックが開催されていて、その縁でもないのですが同じ松山商業の卒業生である後輩の土佐礼子さんにきていただいたのも盛り上がった要因だと思いますね。
また伺います、みんな元気で生きていろよ・・・・なぁ。
| みんな元気なん?(OB会レポ−ト) | 09:06 | comments(2) | trackbacks(0) | -
ケンタローさま

同窓会・・・・素敵ですよねー
自慢じゃありませんが、同窓会には一度も参加した事がないんです。残念ながら・・・

中学の同窓会は一年に一度、飲み会はちょくちょくあるんですが、ハワイに住んでるのでなかなか・・・・
従姉妹が同じクラスだったので彼女はいつも参加してるようなので色々と話だけは聞いております。
ハワイの住所の事も聞かれるみたいなんですが、従姉妹がみんなが遊びに行って大変な事になるから・・・・と秘密にしてくれているらしいんです。

同窓会も2次会、3次会と続いていくので、生活に余裕がない方はやはり不参加が多いそうです(特に女性の場合)
高校は女子高だったのですが、一度も同窓会の通知なんて受け取った事がないですねー寂しい事に。

ケンタローさまはその点いいですねーみなさんとーっても楽しそうですよねー田舎は友達との絆が強くていいですよね。
羨ましいお話です。
| めるママ | 2012/08/27 5:53 PM |
めるママさま

同窓会ですが、これも年齢にもよると思うんですよね。

若いとき(20代30代)などには、その時の自分・家族に精一杯で、昔の同級生たちに会いたいなんて気持ちはそんなに強くはありませんでした。今思うに、我々世代(子育てを終わり自分の過去と今後の未来を想定する年代?)は、ノスタルジ−というのか・・それともふと過去を振り返りたくなる世代ともなると、やはり昔の仲間たちと交流を深めたいという思いがどこからかわいてくるんでしょうねぇ。
松山に生まれこの地で育ちこれからも大きくは変わらないのでしょうが、こんなふれあいを大切にしていきたいと深く思うのです。
| ken-ta-ro | 2012/08/28 8:06 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/737
このページの先頭へ