CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 2012年夏:北海道の夏休み32「ル−トインの朝食」 | main | 秋が近づいてきましたね。「梨・稲穂・彼岸花」 >>
2012年夏:北海道の夏休み33「海産物のお土産」
 最終日の朝ごはんを終え、北海道をひたすら詰め込んだ手荷物を車に詰め込んでホテルをチェックアウト・・・・ホテル近くの苫小牧港付近にある「海の駅ぶらっとみなと市場」へ向かいます。ここには、海産物や野菜などのお土産品が多数売られてあって、交渉しだいではお値段のほうも多少はおまけしてくれるので、ゴルフの遠征でここへ来たときにも何回かはここに立ち寄ってお土産を購入すしているのです。



【海の駅ぶらっとみなと市場】
■住所:苫小牧市港町2-2-5(苫小牧駅から約2km)
■電話:0144-38-2880・・・・市場内にある食堂「とりあえず逢海(あうかい)」の電話です。
■営業時間:朝8時ころから夕方5時くらいまで
■お店は20店舗くらいあり、おみやげ物や美味しいご飯をいただけるお店もたくさんあります。



★ぶらっとみなと市場
ここは、おみやげ物やさんと飲食店などが立ち並んでいて、お昼ご飯を食べながらおみやげ物を物色するという方には最高の場所です。この敷地の中には、ここ苫小牧名物のホッキ貝のウンチクを展示している「ホッキ資料館」もありますので、のぞいてみられたら参考になりますよね。





そして、この日の朝に我々が寄ったのは「サンワ−ルド」という、ぶらっと市場からは道を隔ててすぐ前にあるもう1つの市場です。ここは、昨晩お寿司をいただいた「松坂」さんからこのお店で魚を買うのが良いと教えられて、うかがったのです。




【サンワ−ルド】
■住所:苫小牧市汐見町1-1-14(ぶらっとみなと市場のすぐ南側)
■電話:0144-32-1188
■営業時間:6:00〜18:00(5月1日〜12月31日)7:00〜17:00(1月5日〜3月31日)


★サンワールド
魚屋さんや地元産の野菜なども販売されています。



★朝7時から空いています



★魚屋さんの店頭
新鮮そうないろんな海産物が、かなりお安いお値段で売られております。



★建物の外にも商品が展示され
活きたものもたくさんありますし、イカや小魚などの乾き物やイクラ・メンタイコなども格安で売られております。



★値段を見ながら交渉するのです。
このような新鮮なものは、航空便で冷凍で送ることもできるので、便利な世の中になったものです。



★でっかいホッキ貝・・・1,480円(5個も入っています)
5個もあれば・・・・刺身に、塩焼きにバタ−焼きにホッキご飯などといろいろ楽しめるんですよね。



★活きたツブ貝
かなりでかいツブ貝が1ヶ300円で買えます。これもお刺身や煮つけで食べても美味なのは間違いのないところ。




★お店の看板↓
年中無休はわかりますが・・・・営業時間が1月5日〜3月30日までが午前7時から午後5時まで、
5月1日〜12月31日までが午前6時から午後6時まで・・・・どこかおかしくないですか?

で・・・・ね・・・・これでいくと、3月31日から4月30日までの1ヶ月間はこの看板の中には記載されていなんですよね。「この1ヶ月間は何してるんですか?」ってついつい聞きたくなるんじゃないですか。



★値札をつけています
まだ開店間際なので・・・・値札をつけたりしながら開店の準備中みたいですから、邪魔をしないように見ることにしましょう。



★晴天の苫小牧港
サンワ−ルドのすぐ裏側は苫小牧の港です。






このみやげ物やさん2店のすぐ裏側には苫小牧港があり、その入り口には苫小牧漁業卸売市場の建物があります。そして、その1階部分にはここ苫小牧では超・超・超有名な朝食・ランチのお店「マルトマ食堂」があります。


【マルトマ食堂】
■住所:苫小牧市汐見町1-1-13(卸売市場内)
■電話:0144-36-2023
■営業時間:6:00〜14:00
■定休日:日曜・祝日


ここマルトマ食堂さんは、ここ苫小牧ではとても有名な食堂です。ホッキ料理をはじめとするボリュ-ムがあってリ−ズナブルな海産物のランチは一度行列に並んでも訪ねる価値はあります。ちなみにお奨めは、毎日仕入れによって日替わりのお奨め丼とホッキカレ−です。



★マルトマ食堂の入っている「苫小牧漁業協同組合」の建物



★マルトマ食堂の看板



★お店を訪ねました。
美味しそうな焼き魚や煮付け、フライものなど・・・朝ごはんやお昼ご飯にはぴったりなおかずがずらっとランナップされております。



★メニューです。
たくさんのメニュ−がありますが、やはりこの店の特徴は”ホッキ貝関連メニュ−の豊富さ”です。
ホッキ貝のアイスクリ−ムやピザまであります。



★ホッケの開きやフライものも並んであります。



★この時は「まかない中」
この時間帯ならお店の方たちの朝ごはんなのでしょうね。右端にいてはちまきをしているのが、ここマルトマ食堂の名物親父さんです。





そして、次に紹介する3枚の写真が2年前にこの店へ来たときのものです。



〇ホッキカレ−
この大皿の中にホッキ貝が約3枚分も入っているそうです。



〇日替わり海鮮丼・・・・980円
こんな新鮮な魚がたくさん盛り付けられた海鮮丼ですが、このような丼がランチメニュ−で980円から1,280円程度で食べれるんですから、お客さんが毎日行列するのもうなずけますよね。



〇大盛りのホッキカレ−・・・1,200円
このカレ−を食べるためにわざわざ遠くからやってくる人が後をたたないとか・・・・。しかし、この量ですが、普通のカレ−2人分は十分あるそうですが、大体の人がこれを完食するんだとか・・・・すごい。




★店の外にはホッキ貝の残骸が
これが、マルトマ食堂の1日分のホッキ料理をした貝のカラなのでしょう。
これだけの量を調理するなんて、すごい事だと思いませんか?



★ここ苫小牧港がホッキ貝の漁獲量日本1の港です。



【朝の苫小牧港】
今まで何度か訪れましたが、こんな晴天で波も穏やかな苫小牧港は初めて・・・いつもはもっとどんよりとして、暗い北海道の海って感じでしたが、こんな晴天の海は良いんですよね。
| 2012年北海道の夏休み | 16:33 | comments(2) | trackbacks(0) | -
ケンタローさま

先日のゴルフ旅行の時にも拝見しましたこちらのホッキカレー美味しそうですよねーもちろんバター焼き、塩焼きなども美味しいはずですが、食べた事がないものに引かれてしまいますよねー

今夜は花の金曜日ですので、前々から気になっておりましたカパフルにあるside street inで夕食を食べてまいりました。
ロコの方たちに大人気のお店はえてして余り日本人の口に合わない所が多いものですから気になりつつもなかなか行く気が起こらなかったのですが、ちこの暇つぶしのブロガーさんのちこさんが余りに褒めてるものですから、もしかしたらケンタローさまも気になってるお店じゃないのかなー????とも思ってケンタローツアー代表として行ってまいりました。一応ちこさんお勧めのポキ、キムチチャーハン、そしてメインのポークチョップ、ガーリックフライドポテト、エスカルゴなどをオーダー・・・・・一番人気はキムチチャーハンでしたねー子供でも食べられる辛さだったし、ものすごい量と味付けがGOODでした。ちこさん一押しのポークチョップはお肉自体がパサパサだったし、このお味で$22のお値段・・・・もう2度と食べないと思います。子供達にも不人気でほとんど残してしまいました。何気なく頼んだエスカルゴのガーリックソース・・・・マッシュルームに乗っていてその上チーズも熱々でけっこう美味しくいただけました。
子供達が好きなものですから色々なお店で頂きましたが、どこで食べてもオリーブオイル&ガーリック味、でもこちらのお店の物は工夫があって良かったです。
フライドポテトのガーリック味も美味しかったですよー一緒にビールを飲んだら最高だったんでしょーが、運転しないとだったので残念でした。
お店に雰囲気はケンタローさまが好きなダイナーレストランでした。

一応お知らせしておきます。
| めるママ | 2012/09/08 4:20 PM |
めるママさま

そうですか、サイドストリ−トイン・オンダストップへ行かれたのですね。私の場合は、この本家本元のサイド・ストリ−ト・インの本店へは去年おと年と2回うかがい、この店の名物であるキムチチャ−ハンや枝豆のガ−リック炒め、ポ−クチャップもいただきましたが、お味やお値段のほうもボリュ−ムの割には良心的で、しかも私の大好きなアメリカンダイナ−なお店だったと思います。
そうですか、ポ−クチャップは残念でしたね・・・。でも、それ以外は案外良かったとか・・・まぁ人の好みはいろいろと違いますし、お奨めというのも割と難しいもんですよね。

わかりました、次回行くときにはカパフル方面を朝から晩までグルメツア−で周遊するのも良いかもしれませんからね。
| ken-ta-ro | 2012/09/10 2:40 PM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/741
このページの先頭へ