CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 焼き肉立花:保免店 | main | 「秋の到来」が感じられる今日この頃 >>
レストラン野咲「スペシャルランチ」
 ”レストラン野咲”・・・・・松山市内では、古くから愛されている洋食のお店の代表格のお店です。
最近では、イタリアンとかフレンチなどといって、その国ごとのお料理をお店の代名詞に使用しているお店も多い中・・・・『洋食』という昔ながらのジャンルがこれほど似合うお店は他には無いのではないでしょうか?

そんな「レストラン野咲」なのですが、このお店の”から揚げ”について一言申し上げます。
皆さんの大好きな”鶏のから揚げ”を扱っているお店は、松山市内にも数多くの中華料理店やから揚げ専門店などがありますが、この野咲のから揚げはこれらの専門店なども含めて「松山市内では3本の指に入るほど美味しい」と私の以前のブログ上でご紹介いたしました。

今回は、その美味しいから揚げと比較のしようはないのですが、今日はこの店の「スペシャルランチ」をご紹介いたしましょう。「ランチ」といっても、この日はうちの奥さんが夜に友人たちと女子会(オバチャン会?)に参加するためにお店に行って晩ごはんをテイクアウトして”家ご飯”としていただきました。



【レストラン野咲】
■住所:松山市千舟町3-2-13(宝くじ販売で有名な竹村タバコ店から東へ20m)
■電話:089-946-0642
■営業時間:11:00〜21:00  ■定休日:火曜日


■代表的なメニュ−
〇野咲ランチ480円・・・・トンカツ・コロッケ・ハム
〇から揚げランチ600円・・・・竜田揚げ風なから揚げがたっぷり
〇スペシャルランチ660円・・・・本日紹介いたします。
〇盛り合わせランチ:780円・・・・・たっぷりの焼肉・から揚げ・魚のフライ



★「スペシャルランチ660円」
これが持ち帰り用の「スペシャルランチ」です。
開店する午前11時から夜の9時まで・・・ランチとして通用するのですから・・・・ありがたいのです。

※この日は、ご飯は自宅にあるので代用しましたのでライスは付いておりません。ライスなしでも料金は同じで、通常はこの容器の中にご飯を敷き詰めて一緒にあふれるほどの中身が満載です。
(私の場合、ご飯とおかずがごっちゃごちゃにされるのは好きじゃないので、ご飯とおかずを別の容器にとオ−ダ−するのですが、別の容器をお願いする場合は追加料金30円が余分に必要です)






そして、このスペシャルランチのおかずの数々を1つずつ分析してご紹介いたしましょう。




★チキンカツ
小ぶりですが柔らかい鶏肉のチキンカツ、お店特製のデミグラスソ−スがとても旨くて、見た目よりもさっぱりとしたお味です。



★ポ−クピカタ
ピカタ・・・・これはね、たまごの白身の衣をスライスした豚肉にからめて油でカラッと揚げたもの。口当たりがさくっとして美味しいのです。





続きまして・・・・・フリッタ−2種。
フリッタ−とは、天婦羅のようでてんぷらではない・・・メリケン粉をまぶした洋風の揚げ物。




★海老のフリッター
フンワリと揚げられた海老の衣が柔らかくて・・・・ふわふわした不思議な口当たり。



★白身魚のフリッタ−
これは、ヨ−ロッパなどを代表する「フィシュ&チップス」のような白身魚のフリッタ−・・・。
一見てんぷらのようですが、お店の方がフリッタ−というのでフリッタ−なのでしょう。この身にかかっているお店自家製のマヨネ−ズが、天婦羅ではなくフリッタ−としてその味わいを直一層深めているようです。



★すべてのメニューに付いている「マカロニ」
別段これという味付けはないのですが、この”茹でただけのマカロニ”が野咲の野咲らしい味を主張しているようです。



★盛り付け
写真を撮影し、再度スペシャルランチの全部をお皿に盛りつけいたしました。
やはり食事を美味しくいただくには”ビジュアル”も非常に大切な要素ですから・・・美味しそうに盛り付けする事も大切ですよね。



★完成型
さぁ少し料理も冷えましたが・・・・これを見ながら”2012年セリ−グチャンピオン”となった巨人とヤクルトとの1戦を観戦したのです。巨人軍、優勝おめでとうございました。
| 洋食の店 | 08:07 | comments(2) | trackbacks(0) | -
ケンタローさま

こちらのレストラン野咲さん、前のブログに登場した時の物も読ませていただきましたが、B級グルメの代表的なお店ですよねーお値段も太っ腹な上にお味最高とくればあしげに通いたくなってしまうお店ですよねー

とにかく¥500円以下でも食べられるお店ってこのご時勢では貴重な存在ですもんね。
ハワイではありえないですよねーこのお値段では・・・・

でも、私はこちらのスペシャルランチにも引かれるものがありますたが、奥様の女子会の方にご一緒したかったですねー
| めるママ | 2012/09/24 3:50 PM |
めるママさま

ここ・・・レストラン野咲・・・このお店は、松山では当然有名なお店で、ここの洋食から卒業した学生のOBたちや、この付近のサラリ−マン連中にとても人気があり、お昼なんかには常に25席くらいが満席なのです。しかし、やはりお客さんの大多数が男性でありまして、女性はあまり見かけることはないのですが、この店を紹介すれば「ぜひ連れて行って」とせがまれる事必見なのです。

ちなみに、奥様のこの日の女子会・・・我が家の近所でよく利用する居酒屋の「やな助」でしたらしく、私の顔のおかげ?で美味しいお魚や肉料理などをリ−ズナブルに満喫したそうで、奥さんも鼻高々だったそうですよ。
| ken-ta-ro | 2012/09/25 8:11 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/753
このページの先頭へ