CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 2013北海道ゴルフ旅:大通公園 | main | 2013北海道ゴルフ旅:札幌国際島松コ−ス >>
2013北海道ゴルフ旅:旧北海道庁
 札幌市内の中心部には徒歩圏で行ける名所も数々あります。

今日はそのうちの1つ・・・・朝の散歩の途中に立ち寄った「旧北海道庁本庁舎」をご紹介いたします。ご紹介といっても朝6時過ぎの様子ですから、まだ建物自体は正門が閉ざされていて中を見ることはできないのですが、その外観の1部と周辺の町並みくらいは感じていただけるものと思います。

それではご覧くださいね。




★わりと近い場所に集中してます



★街角にはこんな花びらが
街の街路樹の下にはこんな花びらが落ちていました。この花の名前はライラック・・・・別名「リラ」ともいいます。この時期少し寒いのを地元の人たちは「リラ冷え」といって・・・ライラックが咲く時期に寒くなることをこう言ってるようです。※エヘン・・・俺ってわりと博学でしょう?



★ライラック(リラ)の花びらアップ



★まだ元気で咲いてるのもあります。



★札幌グランドホテル
この茶色いレンガの建物は札幌グランドホテルです。
戦後の昭和9年創業の道内初の本格的な様式ホテルだそうです。このホテルは、私が今から約20年前に初めて北海道を訪れたときに宿泊した思い出の深いホテルでした。でもね、その時はこのホテルの良さを全く理解できなくて、「ただ古いだけのホコリ臭いもの」という印象でしたが、その歴史を知るともう1度宿泊してみたいと最近は思うような格式あるホテルなのです。※しかし創業80年ものホテルとは素晴らしいのです。



★旧北海道庁舎・・・・こんな通りの横にあります



★今はまだ閉まっている正門
こんな豪華な正門がここには現存しています。開門の時間は午前8:30〜18:00だそうです。



★歴史を感じる「表札」
すごく歴史を感じさせてくれる文字であり字体も年代ものですよね。




★北海道庁旧本庁舎
明治21年(1888年)建築された赤レンガの愛称で親しまれている北海道庁旧本庁舎。建物は明治初期を代表するアメリカ風ネオ・バロック様式のもので、昭和44年に国の重要文化財に指定されたものです。




★こんな風にも見えます。
札幌駅からも大通公園からもほど近いこの建物。いつまでも大切にして欲しい建造物ですよね。



★ススキノ方面を見る
まだ朝の6時過ぎですので「街はまだ眠っている」のでしょうが、あと2時間もすれば車も人もたくさん往来するのでしょうね。



★緑豊かな大通公園
皆さんこの周辺を大変愛してらっしゃるのを実感しました。



【大通公園・北海道庁旧本庁舎のあとがき】
街の真ん中にこんな緑豊かな公園や歴史的な建造物があるなんて・・・やはり札幌ってすてきな街ですよね。1年のうちでも2月の「さっぽろ雪まつり」や5月のライラックまつり、6月のYOSAKOIソ−ランまつりや夏の時期の夏祭りや花フェスティバルなど・・・多いときには100万人を超えるような観光客がここ札幌に押し寄せるそうです。

これからの時期・・・『夏の北海道へ行こう』・・・チャンスがあれば読者の皆さんもこんな素敵な北海道を楽しんでくださいね。私の場合は、今月の後半に4泊5日で帯広から富良野・美瑛・札幌・小樽・苫小牧を巡る「北海道の夏休み」に出かけます。そんな風だから・・・今のうちにたくさん仕事をしておかなくては・・・。



| 2013北海道のゴルフ遠征 | 08:28 | comments(4) | trackbacks(0) | -
けんたろう さま

<今月の後半に4泊5日で帯広から〜
最近ゴルフで、北海道へ行かれたばかりなのに・・・・
素晴らしい行動力でしょう。
今回は、夫婦水入らずで「奥様孝行」のご予定でしょうか。
羨ましい限りです。
| ホノムボーイ | 2013/07/03 12:13 PM |
★ホノムボ−イさま

「7月の夫婦2人の北海道旅行」、これはは我が家の恒例行事の1つなのです。毎年2月のハワイ旅行で約2週間、そして夏の北海道を約5日間・・・この習慣はここ10年ほど毎年無理をしてでも行っているんです。これを励みに1年間がんばれるのですから、まぁ”自営業者ならではのわがまま”許していただきたいのです。これを励みに後1年間・・・思いをハワイの島々や北海道の山海の珍味を胸に抱いてこつこつと仕事にいそしむのです。
| ken-ta-ro | 2013/07/03 1:26 PM |
けんたろう さま

ライラックは札幌(私の街)の木なので、少しだけ知っています。
リラとはフランス語(lilas)で、英語(lilac)読みするとライラックになります。
花びらは通常4枚なんです。(ですから十字の容をしています。)
極稀に5枚の花びらがありますが、それを”ハッピーライラック”と言います。
四葉のクローバーや、8枚花びらのティアレと同様にそれを
見付けると幸せになると言われています。
もしかしたら〜これは花びらが5枚なので、(白雲木)ハクウンボウ系かも・・・・

リラ冷えの説明はその通りです。
何時もながらすみません、元々は北海道人なので・・・(ペコリ)
| ホノムボーイ | 2013/07/03 4:45 PM |
★ホノムボ−イさま

いつもながらホノムボ−イさんのいろんな豆知識の深さには関心いたします。

私の場合、北海道もハワイの島々も「自分を癒してくれる大切な場所」なのです。年に1度「冬のハワイや夏の北海道へ行ける」というのも、この年齢になって子供たちも成長して子育てなども終わり、今後奥さんと2人で向かい合っていくためにもこの2つの旅は我々にとっても大切な意味があるのです。これからもよろしく・・・・という面と、過去のいろんな苦労への償い?・・・などなど、好きな場所での旅の中で・・快適な気候の中で自由な時間を過ごして、日常のストレスを発散し、それ以降の新たなエネルギ−をいただけるんですよ。
| ken-ta-ro | 2013/07/04 8:07 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/945
このページの先頭へ