CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 中華そば「真木商店」@久万高原町 | main | 2013北海道の夏休み:1「松山出発」 >>
おくま饅頭@久万高原町
 お饅頭を「スウイ−ツ」と呼ぶのかどうかは別にして・・・・今日も久万高原町へ行ったときに立ち寄った「おくま饅頭」さんをご紹介いたします。

実をいうと・・・この店のオ−ナ−の高市さんとは古くからのゴルフ仲間でして、今から30年以上も前からの若かりし頃からいろんな形でお付き合いさせていただいております。普段は年賀状の交流くらいですが、このような暑い季節ともなると久万高原町にある「久万カントリ−クラブ」か「高原ゴルフクラブ」が松山市内に比べると涼しいというのでけっこう出かける機会が増えるのでここおくま饅頭さんにも立ち寄るのです。

「おくま饅頭」の高市本舗さんへも中華そばをいただく際に立ち寄りました。ちなみに、中華そば真木食堂のネタをいただいたのも高市さんでして・・・・・・ありがとうございました。

それでは・・・・どうぞ・・・・。




【おくま饅頭】・・・高市本舗
■住所:久万高原町久万574-4(久万町の中心部のバス停前です)
■電話:0892-21-0014
■営業時間:8:00-19:00
■定休日:年中無休




★久万高原町のメインストリ−ト沿いにあります。
まぁメインストリ−トといったって・・・松山に比べたら非常に田舎ですから、交通量はこんなもんです。



★国道33号線沿いにある看板




★お店の外観
重厚な造りのお店の外観。この付近は、冬の寒い時期には積雪する事もあるという四国地方では標高の高い(約700m)場所でして、こんな重厚なお店がこの地にはよく似合います。




★店内の様子
お饅頭や・・・・今の時期には涼しげな水羊羹も人気です。



★名物:おくま饅頭
このお饅頭が甘すぎず大きすぎず良い塩梅でクセになるのです。



★夏限定の水羊羹
饅頭の餡と同じものを使用した水羊羹、こちらのほうも夏の季節には喉越しさっぱりで私は好きかも知れません。



★きれいな陳列
小さなお店ですが、きれいに陳列されて・・・・お店のオ−ナ−の人柄がにじんでいます。



★歴史もあります。
この地区で花図良い人気のスゥイ−ツです。四国88箇所のお遍路さんたちにも人気があり、口伝でリパ−ピ−タ−も多いそうです。



★オ−ナ−夫婦
この店のオ−ナ−の高市さん夫婦。
見た目どおりの非常に仲の良い夫婦でして、主に旦那さんのアキオさんが外回り、奥さんのやっちゃんがお店の中を切り盛りしています。

※ちなみに、オ−ナ−の高市さんのご主人は大学が東京でして、あの”関係ないねっ”で有名な俳優の「柴田恭平」さんとは同級生だそうです。現在でも時折交流があるようで、お互いが認め合う親友だそうです。今年も、高市さんが東京を訪れた際に柴田さんの自宅まで行って食事を共にしたそうですから・・・そんな良い関係だそうです。

そして、彼はここ地元の久万CCのクラブチャンピオンにも何度もなっている実力者でして、私より2歳上のいい先輩なんです。がんばれ!!おくままんじゅう・・・高市夫婦。
| スイ−ツのお店 | 10:13 | comments(2) | trackbacks(0) | -
けんたろう さま

お饅頭・・・・
それは日本が誇る、世界一の「スウイ−ツ」だと確信しています。
我が家も国内旅行、特に温泉へ行ったならこのお土産
無くして語れません。(ちょっとオーバーかな?!)

ご夫婦揃って、満面の笑み!
そのお人柄も、この写真に写っているような感じでしょう。
| ホノムボーイ | 2013/07/26 4:04 PM |
★ホノムボ−イさま

お饅頭・・・・・これってやはり日本人が大好きな世界に誇れるスゥイ−ツなんでしょうねぇ。

私も、オ−バ−ワ−ク(主にゴルフですが?えへっ)で身体が重いなんて感じたときには、洋菓子よりもキンツバやお饅頭などの和菓子がが身体の疲労を補ってくれるので、自分で買ってでもいただくようにしています。

ここのご夫婦、久しぶりの再会でしたが「ケンタロ−さん元気やった?」なんて大歓迎してもらい、お店に併設してあるご自宅で美味しいコ−ヒ−までご馳走になりました。いつまでもいい刺激を与え合う良い関係の友人でいたいものです。
| ken-ta-ro | 2013/07/27 8:07 AM |









http://oyajihoro.jugem.jp/trackback/961
このページの先頭へ