CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
2017ハワイ旅:22:ワイレアGC

「ワイレアGC」、庶民的な町のキヘイの隣町、高級リゾートのワイレア地区にもゴルフ場が

3ヶ所あります。その1つをご紹介します。

 

この周辺には超がつく高級なホテルが並んで建っており「グランド・ワイレアリゾート」、「フォー

シ-ズンズ・マウイ・アット・ワイレア」、「ザ・フェアモント・カエ・ラニ・マウイ」など新婚さんな

どが一生に1度新婚旅行などのために宿泊するようなホテルがゴルフ場の周辺に併設されております。

ゴルフ好きな旅行者にはたまらない好環境なのです。

 

 

☆ワイレア・ゴルフクラブ(ゴールドコース)

青い空に椰子の木がハワイしてるでしょう?

337.JPG

 

 

☆クラブハウスの看板

石の土台に滝の流れるモニュメント、高級感たっぷり

338.JPG

 

 

☆白亜の殿堂

白い建物が高級感を高めます

339.JPG

 

 

☆コースのロゴが庭に映えます

340.JPG

 

 

☆たくさんのゴルファーが

341.JPG

 

 

☆クラブハウス内部

開放感のあるホール

342.JPG

 

 

☆池の向こうに青空と緑のジュータン

343.JPG

 

 

☆美しいでしょう?

345.JPG

 

 

☆レストランからの光景

346.JPG

 

 

☆日差しがまぶしいのです

347.JPG

 

 

 

 

 

 

 

| 2017ハワイ旅 | 08:21 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2017ハワイ旅:21:3日目の朝ごはん

3日目の朝ごはん・・・・この日は今までにも何度か足を運んだサウス・キヘイ通りにある朝食やランチが

美味しいので有名なお店に向かいます。このキヘイ周辺では大変お気に入りのお店、開店時間はなんと

早朝の5時という早起き(アーリーバード)のお店『Kihei Cafe』です。

 

ご覧下さい。

 

 

【Kihei Cafe】・・・キヘイ・カフェ←クリックすると詳細が見れます。
■住所:1975 S.kihei Rd.(kihei kalama Village)

■電話:808-879-2230

■営業時間:5:00-14:00

 

 

 

☆サウス・キヘイ通り沿いのお店

食べる場所はアウトサイド、つまり路面に面した屋外にあるので「街角ウォッチング」が大好きな

私には最高のロケーションなのです。うかがった時間は午前7時過ぎ、早起きなお客さんたちですで

に店は賑わっております。

411.JPG

 

 

☆カップルや家族連れ

地元の方や観光客など、アメリカ人中心のお客さんの構成です。こんな場所では、まず日本人には遭

遇することはありませんね。

412.JPG

 

 

☆お店の中でオーダーを

ここで注文の品を精算して、その後テーブル付近にに運ばれてきて名前を呼ばれます。私の場合は、

自分の名前のケンタローではなくアメリカでは「ケンタッキー」のほうがわかりやすいので、ケンタ

ッキーと告げておくとお店の方はニヤッとして微笑んで「OK」と返してくれます。

413.JPG

 

 

☆ショーウインドゥの中には美味しそうな

カットフルーツやお店特製のケーキも

カウンターの前にはこんな美味しそうなフルーツやケーキが並んでいます。最近のアメリカはヘルシ

ー嗜好ですから、オーガニックやグルテン・フリーのものが好まれるようです。

414.JPG

 

 

☆イラストが・・・・カウンターの上に

有名女優の横にはお店のボスの絵も・・・。1番左側がお店のボス、ご主人です。このあとに、本人

にもお会いしました。強面の顔ですが、実は優しい方ですよ。

415.JPG

 

 

暖かい雰囲気です

416.JPG

 

 

☆メニュー各種

朝食やランチメニューが張り出されていますが、細部については即座には判断できませんから

事前にオーダーするメモを用意していて、それを読み返しながらオーダーします。

418.JPG

 

 

☆お店にはこんな行列が

若い方中心に、たくさんのお客さんが順番待ちをしてます。

419.JPG

 

 

☆可愛いベイビー

色白な赤ちゃん、将来はたぶん美人になるんでしょうね。

420.JPG

 

 

☆お店の奥から

道路から見れば中の様子は丸見え・・・・こんな陽気な雰囲気が人気の理由でしょうね。

421.JPG

 

 

 

 

☆この日オーダーしたもの:奥さんチョイス

「フレンチトースト・ナッツ・バナナトッピング」・・・美味しそうでしょう?

426.JPG

 

 

☆かつ・・・・ボリューミィ

パン1枚の大きさが日本のものよりも1回り大きいのです。手前に置いたスマホと比較して

ください。しかし、60代のミセスは完食しました。

427.JPG

 

 

 

☆私のオーダー「フライドライス・スクランブルエッグがけ」

”朝からチャ−ハンかぃ?”なんて言われそうですが、アメリカでは案外オーダーされ

る方を見かけます。チャーシューの入ったチャーハンにスクランブルエッグが乗っかってます。

添えられた刻みネギの風味もいい味を出していて、朝からもガッツリいけますよ。

428.JPG

 

 

☆チャイニーズ・アメリカン

こちらは、中華料理というのかアメリカンな中華風料理ですね。ボリュームもなかなか

430.JPG

 

 

☆ベビーカーを押しながらジョギング

日本ではこんな光景は見かけませんが、ハワイではよく見られる朝の光景。やはりこんな

ジョガーはスタイルもいいのです。やはり適度な運動が美を保つ秘訣ですね。

432.JPG

 

 

☆お店の女将さん

頭の飾り物がオシャレで個性的です。

434.JPG

 

 

 

 

 

| 2017ハワイ旅 | 08:09 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2017ハワイ旅:20:3日目の朝散歩

さぁ昨晩も1日中好きな街を巡りその疲れでゆっくりと眠り、マウイ島も今朝で3日目を迎えました。

 

 

【4泊したマウイ島】

今回のマウイ島では合計で4泊し、そのうち2泊はこちらのキヘイ地区で泊まり、あと2泊は島の中心

部のカフルイ地区で泊まりますから、ここキヘイ地区とも今日でお別れです。

今朝は、荷物をまとめてホテルをチェックアウトし、島をうろうろしながらカフルイ地区へと向かいます。

 

 

それではマウイ島3日目の朝の様子をご覧下さい。

 

 

 

☆恒例の朝の交通情報

これは、オアフ島のハイウェーのライブ情報、朝6時ころでもオアフ島ではこんなにたくさんの車が

行き交っているんです。

368.JPG

 

 

☆そして天気予報

やはり天気予報は言葉がわからなくてもなんとなく理解できます。

369.JPG

 

 

☆そして各島の解説

詳細に全部の島の情報も的確に・・・。

370.JPG

 

 

 

☆雨上がりの朝のホテル周辺

まだ路面には雨が残っています。

373.JPG

 

 

★ホテル備え付けのバーベキューコンロ

アメリカ人はバーベキューが大好き。これは、ホテルゲストのために建物の外部にこんなものを

装備してるのです。日本人もバーべキュー自体はは嫌いではないですが、こんな風に当たり前に

バーベキューコンロが常設されてるというのは日本のホテルではあまり見ることはないですよね。

152.JPG

 

 

☆今日も車はビッシリ

冬の季節、アメリカ本土やカナダからの観光客が大挙して避寒地としてマウイ島をチョイスする

みたいです。直行便も頻繁に飛んでますしね。

410.JPG

 

 

★後ろ側に見えるのが「ハレアカラ」標高3,000超え

そろそろ山の頂上から朝日が顔を出しそうです。

374.JPG

 

 

☆海沿いのビーチへ

こんな景色はハワイのような南国ならではです

389.JPG

 

 

☆皆さん散歩の途中

早朝から、散歩やジョギングする姿が見えます。そんなことをしてる方のほとんどがスリムな体

型でして、デブは運動不足でなるのかどうかは不明ですが、生活習慣そのものが健康な身体を作

るとすれば、日頃の努力は必要ですよね。

387.JPG

 

 

☆子供連れの家族連れ

小さな子供連れの親子の様子。ちびっ子はどの国でも大変ですね。

376.JPG

 

 

☆静かな朝です

こんな平和な朝、何をしても健康的な空気が流れています。

389.JPG

 

 

 

【Sarentos On  The Beach(サレントスオンザ・ビーチ】←詳細情報が見れます

■住所:2980 S.kihei Rd.

■電話:808-875-7555

■営業時間:7:00-11:00、17:30-21:30

 

 

 

☆今日はサレントス

ここは、我々が泊まったホテルの奥にあるレストラン「サレントス」

407.JPG

 

 

☆海からのテーブル席

天気の良い日には「サンセット」が一望できます。今回は、2日とも夕方は雨模様で肝心の西の

海岸にはサンセットは拝めませんでした。

402.JPG

 

 

☆別角度から

405.JPG

 

 

☆オシャレな店内

今回はこのお店にはお邪魔しませんでしたが、次回はぜひ尋ねて美味しく・オシャレなディナー

満喫したいものです。

148.JPG

 

 

★園内には美しい花々が咲いてます

409.JPG

 

 

★プリメリアの花も

ハワイですよね。

408.JPG

 

| 2017ハワイ旅 | 08:44 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2017ハワイ旅:19:2日目晩ごはん

マウイ島2日目のこの日は朝早くから動き始めて少々疲れました。早めにホテルへ帰って夕方までしばし

の間お昼寝をします。

 

 

【日頃からお昼寝の習慣】

日本の自宅でもお昼ごはんを食べた後はリビングでお昼寝をする習慣があり、夫婦共にお昼ご飯をいた

だくと即刻眠気が襲ってきて食後は必ず就寝です。やはり、旅先でもこの習性は変わらず、レンタカー

を木陰などに停車してお昼寝をする習慣があり、約15分位眠ったらまた元気が回復してきます。

 

そして、この日はホテルでお昼寝をし、スッキリした後に晩ごはんに出かけます。

 

 

 

【Cafe O'lei Kihei】カフェ・オレィ・キヘイ←詳細が見れます、クリックしてください。

■住所:2439 S.Kihe Rd.(Rainbow Moll)

■電話:808-891-1368

■営業時間:10:30-15:30、16:30-21:30

 

 

 

☆昼間のキヘイの街の様子

交差点の信号にはおまわりさんが子供たちの登下校を応援しています。子供たちに優しい街ですね。

329.JPG

 

 

☆キヘイ通り沿いの「カフェ・オレィ」

330.JPG

 

 

☆大きなショッピングセンターの一角

こちらは、事前に予約をしに訪れた午後3時ころのもの。青い空が広がってますね。

331.JPG

 

 

☆さまざま賞を受賞

店内のディスプレーです。今までにもいろんな賞を受賞してるようで、食べるのが楽しみです。

332.JPG

 

 

☆ランチ時のカウンター周辺

地元の方や観光客たちがたくさん楽しんで食事をしてます。こちらでは、お昼だとか夕方だとかい

う時間の観念が余りないようで、いつでも自由気ままに過ごしてるみたい。

334.JPG

 

 

☆テーブル付近

カジュアルな雰囲気

335.JPG

 

 

 

☆そして夕方に訪れた時の様子

この時には、一雨が来たという感じでした。まぁ街歩きを終えたあとでしたからさほど影響はあり

ませんでした。

348.JPG

 

 

☆お店のメニュー

349.JPG

 

 

☆さて何をチョイスしましょう

350.JPG

 

 

☆単品のお寿司メニュー

354.JPG

 

 

☆付け合せのパン

暖かいままで提供されました。

358.JPG

 

 

☆1つ目のチョイス

「カフェ・オレィ・タワー」3種類のおかずが1つのタワーに盛り

つけされたもの。1番上が巻き寿しのフライ、2番目が「カラマリ

(イカ)のフライ」、そして1番下が「エビのフライ」まぁいろん

なものが少しづついただけるので、これをチョイス

359.JPG

 

 

カラマリフライのアップ

こちらは、日本のイカのフライそのもので、ノン・ストレスでした。

361.JPG

 

 

☆エビのフライ

こちらは、ココナツ・シュリンプというエビのフライ。まぁこれも日本で食べるものと同じで美味し

くいただいちゃいました。

362.JPG

 

 

☆2品目のチョイス

クラブ・ケーキというカニのコロッケでした。かかっていたソースがなかなかいけましたね。

363.JPG

 

 

☆中の様子

カニの身がぎっしりと入ってGOOD。

364.JPG

 

 

☆お会計

2品&パンでボリュームは十分でした。まぁお酒は車で出かけ

ましたので呑みませんでしたから、こんなもんでしょう。

365.JPG

 

 

☆帰りの空は

が空に広がり、しかしまだまだ曇りがちでこの日も夕焼けは見えずでした。

366.JPG

 

【この日の反省】

この日のオーダー、結局2品というのか3種類のおかず+1種類を頼みましたが1つずつは良かったの

ですが結局”すべてがフライもの”というので多少胃もたれしました。やはりお料理はバランスよく

チョイスしたいものです・・・・反省です。まぁこのあとの食事のチョイスには参考になったのは確かでした。

 

 

 

 

| 2017ハワイ旅 | 09:46 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2017ハワイ旅:18:ラハイナの港

LAHAINAの港。

 

【Lahainaの歴史】

今から約200年前のマウイ島ラハイナの町。

当時は、ここラハイナ港はハワイ王朝の首都であり、捕鯨船の基地として栄えた場所でした。

ここラハイナ港へ捕鯨をする船員たちが数多くこの港へ寄港し、当時の町はこんな漁師たちでかなり

にぎわったようです。そんな面影を今にも残すのがここラハイナの港付近です。

現在もこの周辺には数多くの史跡が残っており、観光名所としても観光客が訪れる場所なのです。

 

 

そんな現在のラハイナの港・・・・・・ご覧下さい。

 

 

 

★ラハイナ・フロントストリート

こちらはフロントストリートを裏側から見たもの、道路の脇まで海があります。それに寄り添うよう

にさまざまなお店が並んでます。

283.JPG

 

 

★木の陰でなにやらお話を

284.JPG

 

 

★沖合いに停泊してる大型観光船

”動くホテル”・・・・海上を大きなホテルのような船が停泊してます。この舟は、約1週間でハワイ4島を

巡る大型の客船で、島々に寄航してはその地の名所を巡るツアーだそうです。

285.JPG

 

 

★このオレンジ色のボートは

こちらは、あの大型客船からこちらに乗り換えてさまざまな島に寄航するのです。

286.JPG

 

 

☆平和な光景

のどかですよね。こんな場所で芝生に寝ころがって見る夢は・・・ハッピーですね。

287.JPG

 

 

★パイオニア・イン

こちらの2階部分は現在でも使用されているホテル、創業は1901年ですからすごいキャリアです。

1階にはレストランもあり、美味しい食事を提供してくれます。私も今までに2度お邪魔しました。

288.JPG

 

 

★帰りを急ぐツアー客たち

たくさんの方々が乗り込んで行きます。

290.JPG

 

 

☆チケットを拝見

291.JPG

 

 

☆可愛いギャル

彼女は、舟から降りてきた観光客に貝の首飾りを渡す係、

なかなかの美人ですね、また10年後に再会しましょうね!!

293.JPG

 

 

☆同行の女性と懇談

親子なのでしょうかねぇ。

294.JPG

 

 

☆クルーズ船の受付

ここラハイナ港は「ホエールウォッチ」やラナイ島へ行くツアーの発着所として多くの方々に利用

されます。

295.JPG

 

 

★こちらはホエールウォッチングの船

冬のこの時期は、クジラたちが島の周辺に来てますから、こんな遊覧船に乗って間近で見ることが

できます。

296.JPG

 

 

☆椰子の木

ゆるい空気が流れてま〜す

299.JPG

 

 

☆パイオニア・インホテルと金髪美女

いいですねぇ。アメリカの女性はいつまで経ってもヤンキー&ポップな心を持ってま〜す。

淡いブルーのニットがオシャレでしょう?

297.JPG

 

| 2017ハワイ旅 | 08:22 | comments(4) | trackbacks(0) | -
木蓮(モクレン)満開

木蓮の花・・・・満開でした。

 

でした・・・・というのも、今年は3月初旬に12日間ハワイ旅をしてたものですから、ジャスト

のタイミングで咲くところから満開までの様子まではレポートできませんでした。

 

というので、満開の状態の木蓮の花・・・ご覧下さいね。

 

 

 

☆私の住む松山の隣町「松前町」です

082.JPG

 

 

 

☆大きな庄屋さんのお宅

大きなお屋敷の中央にそのモクレンはあります。交差点の信号のたもとにありますから近所の皆さん

には素敵な目印です。

083.JPG

 

 

☆近くには小川が流れ

ゆるい光景がこの付近には流れてます。

084.JPG

 

 

☆川のせせらぎにも癒されます。

085.JPG

 

 

 

そして木蓮の大木

高さ5m近くはあるでしょうね。毎年お邪魔して写真を撮らせていただいて

ます。

086.JPG

 

 

☆まるで白いハトがとまってるようで

087.JPG

 

 

☆アップ

088.JPG

 

 

☆美しい

089.JPG

 

 

☆春が待ち遠しいのです。

091.JPG

 

【モクレンの花満開】

例年、桜と同時ころにこのモクレンは咲きますが、今年は桜の開花が遅くてモクレンが枯れてから

桜の蕾がほころんでいます。私の住む四国の松山でも、今週末には花も見ごろで桜の下ではお花見

も開催されるでしょうね。

今年の春は少し遅いスタート、まぁその分桜も長期間楽しめるというので満足しましょうね。

 

| 季節の移ろい・・・花々 | 08:09 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2017ハワイ旅:17:2日目のランチ

マウイ島2日目、この日は朝ご飯をたくさん食べてましたから、お昼になってもあまりお腹は減りません。

しかし、ラハイナの町を歩いてるとなれない暑さに少し疲れたのでお目当てのランチのお店へお出かけします。

 

この日のランチは、ラハイナの港に程近い『サンライズ・カフエ』でいただきます。

ご覧下さい。

 

 

 

【Sun Rise Cafe】サンライズ・カフェ←クリックするとお店の内容がわかります。

■住所:693 Front St.Lahaina

■電話番号:808-661-8558

■営業時間:7:00-16:00 

 

 

 

☆フロントストリートからすぐ

こんなメインストリートから少し入った場所にお店はありました。

326.JPG

 

 

☆サンライズ・カフェ

目立たない場所にお店を発見、さてどんなものをいただけるのやら・・・・。

272.JPG

 

 

☆お店の内部

建物や室内のインテリアは新しくはないですが、古さが気にならない程度のお店でした。

273.JPG

 

 

☆お客さんはまばら

お昼過ぎなのに、お客さんは1組だけ、まぁ本番はこれからでしょう。

274.JPG

 

 

☆テーブルの上の調味料

古くて落ちつきますよね。材料はコアの木と竹ですね。

275.JPG

 

 

☆さて何でしょう?

こちらは、元々あった木の幹を切らずに建物の1部にはめ込んだものが中から見えてる状態。

これってありなんでしょうね。

281.JPG

 

 

 

☆もう1つの入口

建物の脇にはもう1つの入口が・・・・こちらは、ラハイナの港か

らは入れる入口、オープンな雰囲気です。
282.JPG

 

 

☆こんな木の下にあるのがお店

お店も大切ですが、元々あった木を生かして共存共栄。場所は、ラハイナ港のすぐ近く。あの有名な

歴史的建物、パイオニア・インのすぐ北側の横にあります。

300.JPG

 

 

☆道路側からの外観

かなりの年代物の建物ですよね。

301.JPG

 

 

 

☆お昼にオーダーしたもの

「ベルギアン・ワッフル&パイナップル&バナナ」通常のワッフル2個分、大きさはかなり大きく

夫婦2人で食べるのにちょうどいい量でした。今回の旅で改めて勉強したこと・・・・朝食やランチなど

は1人目前の量が半端なく多いので”2人でシェアしてちょうど日本の1人前”ですからよろしく!!

302.JPG

 

 

☆見た目もGOODでしょう?

フルーツも山盛り、ランチなのかおやつなのかはどちらでも、お昼は軽い感じでちょうどいいのです。

303.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

| 2017ハワイ旅 | 08:07 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2017ハワイ旅:16:ラハイナの町並み

ラハイナの散策・・・・・・・・・・・・・まだまだ続きます。

 

 

 

☆こちらもレストラン

2階のテラス席からは海が一望できます。涼しい風を受けながらいただく食事は美味しいことこの上

ありません。

315.JPG

 

 

☆こちらは有名なエビ料理のお店「ババ・ガンプ・シュリンプ

なぜかブロンドの美女が海を眺めています。

316.JPG

 

 

【Babba Gump Shirimp Company】

ババ・ガンプ・シュリンプ・カンパニー

■住所:889 front St. Lahaina

■電話:808-661-8422

■営業時間:11:00-22:00

※ここ「ババ・ガンプ」へは何度もお邪魔して、美味しいエビ料理をいただきお店の熱い息吹を感じ

ました。お店のシステムもスタッフの対応もユニークで、何度でも通いたくなるハッピーなお店です。

 

 

 

☆お店の内部

天井なんかは鉄板そのものの屋根材がむき出しで、そんな飾らない雰囲気がお店にはマッチしてます。

318.JPG

 

 

☆お店のロゴの入ったお土産品の数々

この店は、トム・ハンクス主演の映画「ババ・ガンプ」をモチーフにしたエビ料理専門店です。

317.JPG

 

 

☆このコテコテ感・・・・好きだなぁ

319.JPG

 

 

☆店内は手造り感満載

320.JPG

 

 

☆Tシャツやキャップなどもお土産用

うかがったこの日も、たくさんのお客さんでごったがえしてます。

321.JPG

 

 

☆歩道側にある看板

有名なお店だけに、いつも超満員

322.JPG

 

 

☆路上にはたくさんの車が止まってます

323.JPG

 

 

☆海辺の光景

何もしなくても、何も買わなくても大丈夫。

324.JPG

 

 

☆先ほどのチーズバーガー・イン・パラダイス

お昼過ぎでしたが、すでに超満員でして、外まで行列が続きます。

325.JPG

 

 

☆やはり・人・人・車

326.JPG

 

 

| 2017ハワイ旅 | 08:32 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2017ハワイ旅:15:ラハイナの町並み

ラハイナ・・・・・この町は各国からやってくる観光客を魅了する港町です。

 

私も今から約20年前にここラハイナへ来て魅了され、それ以降は必ず立ち寄る大好きな町。

今回も、この町をブラブラするために立ち寄りました。

ご覧下さい。

 

 

 

★こちらがラハイナのメインストリート

メインといっても、片側1車線づつの2車線。その両側には少し広めの歩道があり、ウインド−ウショッ

ピングをしながらブラブラするにはちょうど良い大きさです。

304.JPG

 

 

個性的なお店がたくさん

メインストリート沿いにはカラフルなお店がたくさん、建物も古いものがほとんどで、平屋かせいぜい

2階建てまでのコンパクトな街です。※赤いオープンカーがこの街にはよく似合います。

305.JPG

 

 

 

☆ベンチで一休み

この日は快晴なので日差しが強く少し汗ばみます、こうして休みながら街を歩くのがいいでしょうね。

307.JPG

 

 

☆THE HAWAII

これぞハワイの海って感じでしょう? 沖合の向こう側に見える島がラナイ島です。

308.JPG

 

 

メインストリートの端っこ

ここは有名なレストラン「ロンギーズ」、長年ローカルの方々に愛されるお店です。

309.JPG

 

 

☆レストラン&バー「チーズバーガー・イン・パラダイス」

2階建てのオープンエアーなお店で、いつもたくさんの人たちでごった返しています。昼間はこんな風

ですが、夜ともなると2階席も丸見えになって、ポップな生バンドの演奏がストリートに響いてます。

名前の通り、ハンバーガーが美味しいので評判です

310.JPG

 

 

☆Ono Gelato「オノ・ジェラート」

この日は立ち寄りませんでしたが、歩いてる最中に喉が渇いたらこちらが1番

311.JPG

 

 

☆さまざまなアイスが勢ぞろい

いつもたくさんの人が行列してます。

312.JPG

 

 

☆街の中央付近

この日は昼間から観光客が多いようです。その理由は、豪華客船からのツアー客が訪れてるので多い

のでしょうね。

314.JPG

 

 

 

 

 

| 2017ハワイ旅 | 08:10 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2017ハワイ旅:14:マウイ島のオープンハウス事情

マウイ島2日目のこの日、カパルア・カアナパリとマウイ島の北部の高級リゾートをエンジョイし、

お昼になったのでランチを食べようかと思ってたところ、この日の朝に食事をした「レオダズ・

キッチン&パイショップ」へ忘れ物をしたのに気づきラハイナを通り越して朝うかがったオロワル

地区へ戻りました。

 

【無事に忘れ物ゲット】

お店に到着すると、私のことを覚えてくれたスタッフが「これ忘れてたよ」と旅先での虎の巻(古い

表現ですね)のファイルを渡してくれました。そうです、朝ごはんを食べた際にそのファイルを置き

忘れてしまって、後で気づいてお店に立ち寄ったのです。

※虎の巻ファイルこれは、旅に出かける前に詳細な地図やお店お奨めのメニューなどを網羅したもの

これがなくては、好みの食べ物をオーダーすることさえできないので絶対にマストなものです。

 

大切なものが見つかりひと安心し、すぐに昼食を予定してるラハイナへ戻ろうとしましたが・・・この時、

私の好奇心旺盛な虫が騒ぎ始めました。それは、道路脇に「OPEN・HOUSE」の看板を見つけ、

やはり興味があるのでランチは後回しにして現地へ向かいました。私も地元松山で「不動産・建築」の

仕事をしてる関係でこんなのはぜひチェックしたいという理由からです。

 

その様子、ご覧下さい。

 

 

 

 

★テラスから見える眺望

ラハイナ近辺のハイウエーを脇道に入り、山の中腹に向かって車を進めます。そこにありました。

欧米人はとにかく海が大好き、こんな素敵な光景を独り占めできるという満足感に皆さん興味がおあ

りだそうです。また、海の見え方でお値段が変わるそうですから、海は大切なファクターですね。

249.JPG

 

 

☆小さいながらもプールつき

アメリカ人の好むプールもありました。これもある意味成功者としてのステータスなんでしょうね。

250.JPG

 

 

★リビング・ルーム

白い皮製のソファがいい感じを出してます。

広さにして日本風にいえばおよそ30畳くらいはありそうです

251.JPG

 

 

☆キルトのベッドカバーがオシャレなメインベッド・ルーム

こちらもステータスの天蓋つきのダブルベットルーム、こちらは15畳くらいはあるでしょうね。

252.JPG

 

 

☆ベッドルームからも海が見えます。

こんなベッドで見る夢は、楽園のことでなく案外日本のことだったりします。

253.JPG

 

 

☆洗面所

やはり器具や金具がゴージャスです。洗面器は2つあります。

254.JPG

 

 

☆書斎

シックなイスやテーブルに、脇にあるチェストもオシャレですよね。

256.JPG

 

 

☆ゲスト用ベッドルーム

こちらも広さは15畳近くはありましたね。

257.JPG

 

 

☆明るいキッチン

259.JPG

 

 

☆キッチンは重厚な木製

まぁ家全体にすれば一般的な大きさですが、やはりゴージャス
260.JPG

 

 

☆ダイニングからテラス方向

こちらも海が一望です。朝ごはんをこんな光景でいただくと、幸せ感をひしひしと感じますよね。

261.JPG

 

 

☆物置&ガレージ

車が2台はゆうに収納でき切るガレージ、当然開閉は電動シャッターですね、

262.JPG

 

 

☆お屋敷へ続くアプローチ

山の中腹ですから高低差もあり、整備も大変です。

264.JPG

 

 

☆海に向かって

山の中腹、やはりここからの光景は素敵です。また、夕方になるとサンセットも拝めますから、それ

も美しいでしょうね。※向こう側に見えるのはラナイ島です

265.JPG

 

 

☆ラハイナ沖に豪華客船の姿も

この場所はラハイナからも近い距離にあります。ですから、ラハイナ沖に停泊してる豪華な客船の

姿も写真中央に拝めます。

266.JPG

 

 

☆海に向かって一直線

まるで、海にダイビングしそうな錯覚を覚えます。

268.JPG

 

 

☆オープンハウスの看板

263.JPG

 

【オープンハウスのあとがき】

日本人と欧米人ではさまざまな価値観の相違というのを感じました。

ところでこの邸宅のお値段いくらだと思われますか?当初の売り出し金額が$2,095,000でして

それから値下げした現在の金額が$1,395,000だそうです。まぁ日本円に換算すると約15,000万円

という金額だそうです。まぁ我々庶民にはとうていての届かない金額。やはり日本人は”ウサギ小屋”

程度の家のほうが落ち着くようですね。

まぁ仕事柄大変勉強になりました。

 

 

| 2017ハワイ旅 | 08:24 | comments(4) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ