CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
東京ゴルフ遠征Ε札乾咼GCイン・チヨダ

さぁ、高速道路で2時間半もかかって到着した『セゴビアGC千代田』午前9時半にスタートです。

このコースは、今回東京で自社ビルを建てた私の先輩がメンバーになっているゴルフ場です。

なんでも、買った当時の今から約25年前のバブル全盛のころには会員権の価格が1億円したという

高額なコースであったそうですが、現在では会社が倒産してパチンコメーカーの平和の傘下会社の

PGMグループに所属して運営をされてるようです。ちなみに現在の会員権の相場は100万円程度と

当時の100分の1といいますからかなりの減少です。

 

このコースの特徴は、距離はさほどではなくとにかくほとんどのホールが池に関連していてかなり

の頻度で池の餌食になるようです。

 

そんなコースを1日楽しみます。

 

 

 

【セゴビアGCイン・チヨダ】

■住所:茨城県かすみがうら市高倉1384

■電話:0299-22-6000

■設計:デスモンド・ミュアヘッドというアメリカの著名なコース設計家です。

 

 

 

★玄関はヨーロッパのテラス風

DSC00104.JPG

 

 

★これまたゴージャスなフロント

現在は、パチンコチェーンの平和系列のPGMに統合されていますが、創業されたバブル期には会員権の

価格が3,500万円、ピーク時には1億円という相場だったのが‥‥現在では100万円相当だそうです。

※バブルというのは各方面へかなりの影響を与えたものです。

DSC00105.JPG

 

 

★広大な関東平野

真正面に見えてるのが筑波山だそうです。

DSC00112.JPG

 

 

★平坦なフェアウェー

DSC00113.JPG

 

 

★ヨーロッパ調のクラブハウス

DSC00114.JPG

 

 

★お城をイメージしたような建物

DSC00116.JPG

 

 

★親切なグリーンの表示

3.5个縫ットされ、スティンプメーター:転がりは9.5フィート、硬さ

コンパクションは22.5という細やかな表示。これは、通常のトーナメン

トのような仕上がりです。

DSC00110.JPG

 

 

★さぁスタート

はじめてのコースの1番ホールは胸がときめきます。

DSC00121.JPG

 

 

★この日はインコースの1番、

10番ホールがスタートホール

DSC00119.JPG

 

 

★池も巧みに配置されてます。

DSC00123.JPG

 

 

★このホールにも池が

DSC00126.JPG

 

 

★魔の浮島ホール

周囲が全部池に囲まれた14番パー3

DSC00130.JPG

 

 

★グリーンを横から

こんな橋を通ってグリーンへ向かいます。

DSC00131.JPG

 

 

★こちらも池越えの17番ホール

こちらも池に囲まれたショートホール、見た目には美しいのですが、少しでもミスをすれば池の餌食

となります。

DSC00136.JPG

 

 

★グリーン側から見た17番
こちらから見ればさほどではありませんが、なかなか池を怖がらない人はいません。

DSC00140.JPG

 

 

★こちらもユニークなホール

バンカーの長さが70mと細長いのがグリーンまで続いています。

DSC00172.JPG

 

 

★またまた池が…

DSC00173.JPG

 

 

★息が抜けません

DSC00175.JPG

 

 

★遠くから眺めるクラブハウス

DSC00179.JPG

 

 

★またまた池が

DSC00186.JPG

 

 

★このホールはパー5のホール

このホールは周囲を池に囲まれたホールで、左右前後に池が配置され、多くの仲間たちはここで

池の餌食になったようです。

DSC00183.JPG

 

 

★しかし、美しい

池というのはプレーヤーにとっては厄介ですが、見た目にはすごく美しいのです。

DSC00190.JPG

 

 

★美しいコントラスト

DSC00192.JPG

 

 

★夕暮れのコース

DSC00196.JPG

 

 

★昼間の光景もいいけれど、夕刻のコースには憂いがありますよね

DSC00199.JPG

 

【セゴビアGCイン・チヨダのあとがき】

このコースは松山で会計事務所を経営する私の先輩が所属しているゴルフコース。

事前に「池が多い」とは聞いてましたが、コースの3分の2程度が池に囲まれ、秋の快晴の中

かなりてこずったのでした。今回参加したのは総勢で7名、この日は「池に入れたら1,000円の

ペナルティ」というので開始しましたが、今回は全部で10個のボールが池の餌食になったようです。

私の先輩によれば、「東京のお客さんを招待するのに、このコースだけはもう勘弁して」といわれる

ようで、やはりあまり難しいコースは接待ではなくいじめになると変に納得していました。

また機会があればチャレンジしたいのですが、あまり池が多いのも精神的に疲れるのでした。

 

 

| 2018東京ゴルフ遠征 | 09:45 | comments(0) | trackbacks(0) | -
東京ゴルフ遠征ぅ曠謄襦Ε蹇璽坤ーデン@西新宿

今回のゴルフ遠征、10月の19日の金曜日の朝1便の飛行機で松山を発って21日に帰る2泊3日の日程。

 

初日は、千葉でゴルフをし、2日目は茨城のコースで1ラウンドをし、最終日の日曜日は東京で朝ご飯を

食べてお昼過ぎに松山へ帰る予定。

 

そして今回の東京での宿泊先は東京の中心地の新宿の西新宿、『ホテル:ローズガーデン』というホテル

を仲間が予約してくれました。2泊したホテルの様子をご覧ください。

 

 

 

【ホテル:ローズガーデン】

■住所:東京都新宿区西新宿8-1-3(青梅街道沿い)

■電話:03-3360-1533

 

 

 

★フロント

シンプルなフロント、こんなので充分です。

DSC00009.JPG

 

 

★フロント前のソファ

ここで仲間と待ち合わせです。

DSC00010.JPG

 

 

★2020年のオリンピック・パラリンピックグッズ

あと2年、今から開催地である東京は盛り上がってます。

DSC00054.JPG

 

 

可愛らしいノベルティ商品

DSC00055.JPG

 

 

★ホテルの入り口付近

場所は青梅街道沿いで、新宿警察のすぐそば。そんなに騒がしくなくいい場所でした。

DSC00013.JPG

 

 

★ローズガーデン、いいネーミングです。

DSC00004.JPG

 

 

★ベッド

セミダブルの部屋、寝るだけならこんなので充分でした。

DSC09998.JPG

 

 

★洗面コーナー

お風呂はゴルフ場で入りますので、お風呂は無使用でした。

DSC00002.JPG

 

 

★コンパクトな設備

充分でした。ただ製氷の機能がなかったので、アイスクリームなんかはこれじゃ溶けるので買えませ

んでした。

DSC00001.JPG

 

 

★翌朝のホテル

プチホテルといった趣
DSC00049.JPG

 


★な・な・なんとカボチャが
DSC00046.JPG

 

 

DSC00049.JPG

 

 

DSC00047.JPG

 

 

 


 

 

 

 

DSC00048.JPG

 

 

DSC00047.JPG

 

 

★やはりハロウィン仕様

DSC00051.JPG

 

 

 

 

 

| 2018東京ゴルフ遠征 | 08:06 | comments(2) | trackbacks(0) | -
東京ゴルフ遠征焼肉:李宮@西新宿

さぁ、千葉県のカメリアヒルズでのプレーを終えて、再びアクアラインを通過してこの日の宿泊先の

西新宿へレンタカーを走らせます。最近の運転は、高性能のナビゲーターが車に搭載されてあり、

はじめて伺う場所でもほぼ正確に誘導してくれます。多少の迷いもありましたが、なんとか宿泊先

近辺の駐車場に行き、ホテルへチェックインして晩ごはんに向かいます。

 

 

【焼肉・李宮】

■住所:新宿区西新宿6-5-1(新宿アイランドタワーB1F)

■電話:050-5868-9571

■営業時間:11:30-14:00,16:00-23:00

 

 

 

★大きなビルの1階

このビルの地下にお店はあります。

DSC00015.JPG

 

 

★レストランは地下1階レストラン街

DSC00016.JPG

 

 

★焼肉・李宮

DSC00019.JPG

 

 

★美味しそうなPOP

やはりこんなのがあれば食欲倍増ですね。

DSC00018.JPG

 

 

★無煙ロースター

DSC00021.JPG

 

 

★ビールで乾杯

最初の1杯はこれでしょうね。

DSC00022.JPG

 

★タン塩

やはり焼肉のスタートはこれから

DSC00024.JPG

 

 

★キムチの盛り合わせ

こちらも欠かせないものですね。

DSC00026.JPG

 

 

★カルビ&ロース

やはりこんなのからいただいちゃいましょう。

DSC00027.JPG

 

 

★新鮮な国産ロース

肉の刺しが美しいビジュアル

DSC00029.JPG

 

 

★ホルモンとハラミ

こちらも定番ですよね。

DSC00031.JPG

 

 

★焼き進めていきます

DSC00032.JPG

 

 

★2杯目からはハイボール

DSC00030.JPG

 

 

★レバー&鶏肉

DSC00034.JPG

 

 

★ナムルも美味しいですね。

DSC00035.JPG

 

 

★追加で上ミノ

このコリコリ感がたまりません。

DSC00037.JPG

 

 

★仕上げに「ビビンバ」

焼き上げられた石鍋でよく混ぜて、美味しいおこげもいただいちゃいましょう。

DSC00038.JPG

 

 

★たまりません

DSC00041.JPG

 

 

★仕上げにシャーベット

DSC00042.JPG

 

 

★店内の様子

この日は花の金曜日、多くのサラリーマンたちでにぎわっておりました。

DSC00043.JPG

 

 

★外へ出て新宿を歩く

DSC00045.JPG

 

 

★歩いて3分、ホテルへ到着

DSC00044.JPG

 

 

 

 

 

| 2018東京ゴルフ遠征 | 08:52 | comments(2) | trackbacks(0) | -
東京ゴルフ遠征▲メリアヒルズ2

さて、豪華なカメリアヒルズのクラブハウスを出発してプレーに入ります。

 

ここ最近はゴルフシーズン真っ只中ですので、半そでシャツ+ベストの軽装でプレーを満喫します。

コースの場所が千葉ということで「風が強い」というイメージでしたが、この日は風もなく少しの雨

はあったものの快適な気候の元でゴルフを満喫しました。

 

ここカメリアヒルズは、毎年春先に「モンダミンカップ」という女子プロのトーナメントが開催されるコース

でして、今年もすでに終了し地元千葉県出身の成田みすゞ選手が優勝を果たしました。

それでは、プレーや食事の様子をご覧ください。

 

 

 

■早速練習グリーンでパターの調整を

DSC09959.JPG

 

 

■スタートホール

やはり初めてのコースのスタートホールは緊張します。その緊張感がたまりません。

DSC09961.JPG

 

 

■池も巧みに配置され

DSC09963.JPG

 

 

■美しいのですが、トラップ(罠)でもあるのです

さて美しい池が美女なのか、果たして悪魔なのかは内緒です。

DSC09965.JPG

 

 

■きれいに整備されてます

DSC09966.JPG

 

 

■コースのカート

我々は歩きで18ホールをプレーしましたが、通常はカートを使用してのラウンドが一般的

DSC09969.JPG

 

 

■秋本番

周辺の木々が少しずつ紅葉してます。

DSC09967.JPG

 

 

■こちらは‥‥

千葉名産の落花生、茹でてあるので乾燥したピーナツとは少し風味が違いますが、私は好きです。
DSC09976.JPG

 

 

■中身

以前にも千葉のゴルフ場でいただきました。たまらなく美味しいものではありませんが、物珍しいので

いただいちゃいました。しかし、これだけ?7粒くらいで1,000円とは高すぎでしょう?

DSC09981.JPG

 

 

■大好物の「いぶりがっこ」

秋田名物のたくわんを燻して干した「いぶりがっこ」私は大好きで、旅先などであれば必ず買います。

DSC09980.JPG

 

 

■やはり生ビール

しかし、関東の物価高?四国なら600円〜700円ですが、こちらは

900円ですから信じられません。こちらもお客をなめてますね。

DSC09978.JPG

 

 

■仲間の「オム・カレー」

こちらは7人の中で3人オーダーした人気の品、少し甘いカレーがなかなかいけました。

DSC09982.JPG

 

 

★三元豚の厚切りカツサンド:1,770円

中に挟んであったカツが厚くて、食べ応えがありました。友人から1個いただきましたがナイスでした。

しかしながら、こちらもカツサンドが2,000円近くですから関東地方の値段設定は以上ですね。

DSC09985.JPG

 

 

■本まぐろの鉄火丼:2,500円

かなりの量の本マグロが入った逸品、魚好きにはたまらないメニューでした。

DSC09987.JPG

 

 

★私のチョイス「秋の松花堂弁当」2,380円

こちらは、いろんな美味しそうなものが食べれるお弁当形式のもの、欲張りな私にはぴったり

DSC09984.JPG

 

 

★中のアップ

マグロのお刺身・カキフライ、焼き魚やイクラなどもあって色々楽しめました。

DSC09988.JPG

 

 

■ゴージャスなレストラン

明るくて開放的なレストランです。

DSC09983.JPG

 

 

★こちらの写真が2018年モンダミンカップの優勝者:成田みすゞさん

DSC09994.JPG

 

 

■こちらは現在の関東地方の交通情報

こんなのがフロントにあるので便利なシステムですね。

DSC09996.JPG

 

 

■これはプレー後のコースからのサービス

今までずいぶんたくさんのコースへ行きましたが、「お茶&羊羹」のサービスがあったのはここくらい

これはさすがに感動したものでした。こんなのがあればまた来たいと思うエピソードでした。

DSC09990.JPG

 

 

| 2018東京ゴルフ遠征 | 08:15 | comments(2) | trackbacks(0) | -
東京ゴルフ遠征.メリアヒルズGC

秋真っ盛りの今日この頃、ゴルフをするには最高の気候となりました。

 

そこで、ゴルフ仲間が東京へビルを新築・落成したためにそのお祝いをしようと現地へ伺い、その流れで

関東の面白いコースでプレーしようと週末のゴルフシーズンに2泊3日で出かけてきました。

 

その様子をレポートしますのでご覧ください。

 

第1回目は千葉県袖ケ浦の『カメリアヒルズCC』です。

 

 

 

★羽田空港到着

これから、先着隊が手配していたレンタカーでゴルフ場へ出発

DSC09931.JPG

 

 

★高速道路でアクアラインへ

この東京湾を横断する地下道が横浜方面から千葉方面へのアクセスが格段にアップしてますよね。

DSC09935.JPG

 

 

★アクアラインへ突入

DSC09937.JPG

 

 

★長いトンネルを過ぎて海上へ浮上

DSC09938.JPG

 

 

★海上ではゆったりした時間が

DSC09941.JPG

 

 

まもなく千葉側へ入ります

DSC09942.JPG

 

 

★一般道へ入り

DSC09947.JPG

 

 

★ゴルフ場へ到着

DSC09948.JPG

 

 

★専用の入場道路を通り

DSC09949.JPG

 

 

★クラブハウスへ到着

DSC09950.JPG

 

 

★贅沢なクラブハウス

バブル当時に建築されたというゴージャスなクラブハウス

DSC09951.JPG

 

 

★これまた豪華な木製のロッカー

DSC09953.JPG

 

 

★バブリーな大理石製の洗面所

DSC09954.JPG

 

 

★この吹き抜け空間・・・・すごいの一言

DSC09956.JPG

 

 

★高い天井の憩いのスペース

DSC09957.JPG

 

 

★コース側から見たクラブハウス

DSC09960.JPG

 

 

★まるでシンデレラが出没しそうなゴージャスな階段ホール

この階段だけでもかなりのコストがかかってそう

DSC09973.JPG

 

 

★コースの1部を見る

DSC09974.JPG

 

 

 

| 2018東京ゴルフ遠征 | 08:41 | comments(2) | trackbacks(0) | -
2017ハワイ旅:119:美味しい朝食・サニーディズ

さて、朝が少し早かったモンサラットの町でしたが、約1時間カハラの町を探索した後に目的地へ

戻ってきました。美味しい朝ごはんに向かいます。

 

 

 

【Sunny Day's(サニー・ディズ)】⇒ここをクリックすればYELPのページにジャンプします

■住所:3045 Monsarat Ave.

■電話:808-732-2045

■営業時間:8:00-18:00 ■休:木曜

 

 

 

★建物の外観

1つの大きな建物があって、5つくらいのお店に分散してます。

929.JPG

 

 

★お店の内部

左側が厨房。オープンキッチンですから、中で作業してるのも見れます。

983.JPG

 

 

★壁のロゴ

白い壁にお店のロゴが冴えます。大好きなインテリアです。

984.JPG

 

 

★お水

器が最近のハワイではこんなのが流行りですね。グラスのようであり・瓶のようであり・とにかくおしゃれ

991.JPG

 

 

★ドリンク系

左がコーヒー、右側がアイスティ

996.JPG

 

 

★花が添えられてありいい感じ

997.JPG

 

 

★お店のノベリティ入りの小物

バッグやコーヒーカップなどが並べてあります。

998.JPG

 

 

★マグカップ$18

これで2,000円くらいならお土産に買って帰っても‥‥。自宅でハワイの風を感じるならいいよね。

999.JPG

 

 

★お客さんも次第にいっぱい

1005.JPG

 

 

★私のオーダー:ベリーベリー・パンケーキ:$17

柔らかいパンケーキが3個、その周辺にはイチゴやブルーべリーなど添えられてます。

食べたいというよりも”インスタ映えを狙った”オーダーでしたが、思いのほか美味しかったのです。

パンケーキ3枚にその周辺はイチゴなどがたっぷり、頑張って完食しましたがお昼にはなかなかお腹が減り

ません。

1007.JPG

 

 

★奥さんのオーダー:エッグ・スラット:$14

こちらは、新鮮な野菜・卵・ベーコンなどががたっぷり入った朝食セット。トーストも4枚も入ってこれを

完食すればお昼ごはんはパスしても良さそうですね。

1009.JPG

 

 

★こちらはポテトサラダ

1011.JPG

 

 

★約30分後
我々が食べ終えるころにはたくさんのお客さんがお店の前で行列。そのほとんどが日本人の若い女性たち

この店は、ローカルのお客さんよりも日本の観光客が集結してるようですね。

1012.JPG

 

 

★完食

60代の熟年の夫婦、よく頑張りました。

1013.JPG

 

 

★お会計

ドリンク系:コーヒー$4・パッションベリーティ$5

フード系:パンケーキ$17・エッグスラット$14:合計で$41

まぁ物価の高いオアフ島ならこんなのは平均的ですね。

1014.JPG

 

 

★外も車が通勤ラッシュ

1016.JPG

 

 

 

 

 

 

| 2017ハワイ旅 | 07:25 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2017ハワイ旅:118:早朝のカハラ地区

朝ご飯のお店へ行くのが少し早すぎて、食事をするお店はまだ1時間後の開店。

 

そんな事情なら、ダイヤモンドヘッドを海側に回って高級住宅地の「カハラ地区」へ向かいます。

そして、ゴルフ好きにはたまらない場所の毎年2月にソニーオープンが開催される「ワイアラエCC」へ行き

そのあとは高級ホテルのカハラホテルへ訪問です。

 

 

 

★カハラ地区の大邸宅

この周辺には大きなお家が多いです。

950.JPG

 

 

★それぞれ個性的で

951.JPG

 

 

★カハラの静かな場所によく似あいます

952.JPG

 

 

★こちらは「ワイアラエ・カントリー・クラブ」

ここは、コース内ではなくゴルフショップ。アメリカではコースへ入場する際には、フロントではなく

こんなコースのプロショップにてスタートの予約・精算などを行います。

954.JPG

 

 

★朝露に濡れた「ワイアラエCC」

平坦な場所に位置してますから、コース内はフラットです。

955.JPG

 

 

★プロショップ

956.JPG

 

 

★内部の様子

カラフルなゴルフウエアが並んでいます。

957.JPG

 

 

★ソニーオープンロゴ入りシャツ

毎年2月にこのコースで開催される「ソニ−オープン」の記念ロゴ入りのウエアもあります。個人的には

あまり興味もないのでパスします。

958.JPG

 

 

★外には多くの方の写真が

こちらはこのコースで開催されたソニーオープン(以前はハワイアンオープン)歴代優勝者の写真

960.JPG

 

 

★こちらは日本の青木功プロ

もう30年近くなりますかね、最終ホールで劇的なチップイン・イーグル

で逆転優勝を果たしました。こんなのがあれば同じ日本人として誇らし

く感じます。

961.JPG

 

 

★スタート周辺の練習場

963.JPG

 

 

★ハイビスカスがまぶしい

964.JPG

 

 

★こちらは「カハラホテル」

965.JPG

 

 

★エントランス付近

966.JPG

 

 

★緩い空気を感じますね。

968.JPG

 

 

★ホテルの看板

970.JPG

 

 

★ホテル周辺の道路

椰子の木がなんともいえないハワイらしさを演出。

972.JPG

 

 

★超がつく豪邸

973.JPG

 

 

★カハラ側から見たダイヤモンドヘッド

975.JPG

 

 

 

| 2017ハワイ旅 | 09:40 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2017ハワイ旅:117:モンサラット・アベニュー

モンサラット・アベニュー‥‥こちらは、グルメの個性的なお店も多い街で、場所的にはダイヤモンドヘッド

のすぐ北側に位置しており、ワイキキからは徒歩でも行けてカピオラニ公園を左折すぐがこの街なのです。

 

ここモンサラット・アベニューは人気店も多くて、”アサイボウル”で有名な「ボガーツ・カフェ」や、日本人

経営のプレートランチのお店「パイオニア・サルーン」や、こちらもロコに愛されるプレートランチのお店の

「ダイヤモンドヘッド・マーケット&グリル」などが軒を連ね非常に楽しいお店です。

 

今までにもこの付近にはたびたび伺い、朝食やランチを楽しんでいます。

今日は、この町の最新の朝食の美味しいといわれるお店へ直撃します。

ご覧ください。

 

 

 

★サニーディズ

このお店へ訪問しましたが、時間はまだ午前7時過ぎ。開店時間まで1時間もあるので周辺を探索しますね。

929.JPG

 

 

★ボガーツ・カフェ

同じ建物の横にあるのがアサイボウルで超有名なお店の『ボガーツ・カフェ』ここの朝食はお薦めです。

930.JPG

 

 

★ボガーツカフェの内部

サーフィンをモチーフにしイラストがおしゃれですね。

931.JPG

 

 

★カウンター

ここでオーダーをして支払いをします。

932.JPG

 

 

★ボガーツ・・・っていうロゴ入りのイラスト

933.JPG

 

 

★まだ朝早いのでお客さんの姿はなし

934.JPG

 

 

★こちらが両方のお店がある建物

935.JPG

 

 

★お店の前面道路

これを下るとカピオラニ公園へ行き、その先はワイキキのビーチです。

936.JPG

 

 

★お隣の小学校

979.JPG

 

 

★内部のベンチ

938.JPG

 

 

★子供たちの姿が

どの国でも、子供たちは宝ですね。

980.JPG

 

 

★こちらはカピオラニ公園の周辺道路

やはりこの街では朝早くからランニングやウォーキングをしてるのをよく見かけます。

939.JPG

 

 

★こちらはダイヤモンドヘッドビーチ

こちらは、ダイヤモンドヘッドの海側の道沿いの光景。ここに車を停めて、下の海に降りて早朝のサーフ

ィンをエンジョイするんです。

977.JPG

 

 

★灯台も

978.JPG

 

 

 

 

 

| 2017ハワイ旅 | 08:26 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2017ハワイ旅:116:オアフ島4日目の朝

2017年のハワイ旅、この年はマウイ島・カウアイ島と訪ねて最終にオアフ島へ来てから4日目。

5日目の明日には日本に帰国しますから、実質的には最終日のこの日、この日も朝早くから行動を開始します。

 

 

 

★まだ朝が明けやらぬアラモアナホテルからの眺め

911.JPG

 

 

★朝でもなく夜でもない時間

こんな時間もいい感じですね。

912.JPG

 

 

★アラモアナからカラカウア通りへ

914.JPG

 

 

★朝日が昇ってます

915.JPG

 

 

★こんな時間でもたくさんの車が

やはりオアフ島には電車もないので、車が朝早くから多いのです。

918.JPG

 

 

★「ホノルル・フェスティバル」ののぼりが

毎年日本とハワイの親善を深めるイベント「ホノルルフェスティバル」が3月に開催されるのです。

919.JPG

 

 

★早朝のカラカウア通り

皆さん早起きしてサーフィンを見に行ってたんでしょうか?

920.JPG

 

 

★カピオラニ・パーク

ダイヤモンドヘッドの下に市民の憩いの場所「カピオラニ・パーク」があります。

922.JPG

 

 

★こちらがモンサラット・アベニュー

有名な食事の名店が多い「モンサラット・アベニュー」

923.JPG

 

 

★朝7時ころ

まだ町は半分眠ってるような感じ

925.JPG

 

 

★こちらは「サッカーの幼児募集」看板

926.JPG

 

 

★モンサラット・アベニューの名店「パイオニア・サルーン」

日本人が経営するプレートランチのお店「パイオニア・サルーン」こちらのランチは安くて美味しい

のです。今までにも2度お邪魔しましたが、いつも満員ですが待つだけの価値はありました。

928.JPG

 

 

 

| 2017ハワイ旅 | 08:25 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2017ハワイ旅:115:ブレッド&バター

さぁ、オアフ島の3日目も夕方になり、ディナーへ出かけます。

この年に宿泊したアラモアナホテルは、アラモアナショッピングセンターにも隣接し、買い物や食事に行くにも

周辺には地元の老舗のお店や新しい店舗も数多くあって、晩ごはんにお酒を飲むために歩いて行っても十分に満足

できるのです。

 

そんなアラモアナ地区にあるお店へ伺います。

『ブレッド・&バター』です。

 

 

【ブレッド&バター】

■住所:1585 Kapiolani Blvd.Alamoana(アラモアナセンターのすぐ山側のカピオラニ通り沿い)

■電話:808-949-3430

■営業時間:8:00-23:00

 

 

 

★お店の外観

895.JPG

 

 

★おしゃれな看板

896.JPG

 

 

★シンプルな店内

898.JPG

 

 

★窓辺の席

カピオラニ通り添いのお店、やはり外の景色を見ながらディナーをいただいちゃいましょう。
899.JPG

 

 

★ビールを1杯

ハワイで飲むビールは空気が乾燥してるから美味しさも倍増します。

900.JPG

 

 

★さまざまなビールやジュース

901.JPG

 

 

★カウンター

902.JPG

 

 

★クラム・チャウダー

暖かいクラム・チャウダー、海の幸もたくさん入り横に添えられたフォカッチャをスープにつけながら

美味しくいただいちゃいます。

904.JPG

 

 

★ピザ

{マルゲリータ・ピザ」を注文しました。すいません、少し酔っぱらったようでピンボケ

しかし、お味のほうは我々日本人にもよく合うもので‥‥思わず…ボーノなんて言いました。

905.JPG

 

 

★お会計は

〆て$34くらい、チップを含めて$40くらいですから、オアフ島

なら格安ですよね。

906.JPG

 

 

★外にあった「パエリア」の写真

こんなのも美味しそうですが、やはりここはアメリカ、ボリュームも

すごそうで今回は遠慮しました。

907.JPG

 

 

★お隣の「食堂レストラン」

我々の行った「ブレッド&バター」は閑散としていましたが、こちらは満席状態でした。

908.JPG

 

 

| 2017ハワイ旅 | 08:14 | comments(4) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ