CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
2018ハワイ旅:126:ダイアモンドヘッド

ダイアモンド・ヘッド‥‥オアフ島の代表的なシンボル。

ホノルル空港からもよく見えて、ワイキキ界隈からも身近に感じられるスポットですね。

 

そんな名所を、カハラモールからワイキキ方面へ帰る途中の住宅街に立ち寄ってみます。

ご覧ください。

 

 

■住宅街の高台からの眺め

カハラ地区からワイキキ方面への帰り、ちょっと寄り道をしてワイキキ界隈を眼下に見ます

2790.JPG

 

 

■まるで虫歯のような形状のダイアモンド・ヘッド

ワイキキからは山の1面しか見えないのでなだらかな山風に見えますが、ちょっと上から見ればまるで虫歯

みたいでしょう?

2791.JPG

 

 

■ワイキキ界隈
やはり島の中心部ですから、背の高いマンションやホテルがたくさん

2793.JPG

 

 

■お邪魔した住宅地

この周辺はすべて急な勾配でして、車の停車なんかもサイドブレーキだけでは危なそう

2794.JPG

 

 

■1直線の道路

この道をまっすぐ降りるとワイアラエ通りへ行けます。ここからなら

さほどには感じませんが、実際にはかなりの急勾配なんです。

2795.JPG

 

 

■路肩にはたくさんの車の駐車が

2796.JPG

 

 

■5分後カラカウア通り

この付近には美味しいレストランなどがたくさん密集してます。

2797.JPG

 

| 2018ハワイ旅 | 08:26 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2018ハワイ旅:125:カハラ・モール

カハラ・モール‥‥ここカハラ地区は1億円を超えるような壮大な邸宅や別荘が立ち並び、オアフ島でも

有数な高級住宅地なんです。ですから、ここカハラ・モールへ来られるお客さんはその住民も多くて、

お店で遭遇しても「金持ちそうな」気配がして、我々庶民は少し引いてしまいます。

 

そんなカハラ・モール‥‥各テナントさんは午前10時オープンです。

その様子をご覧ください。

 

 

 

■カハラ・モール入り口

今までにも何度も来てますが、オアフ島では必ず立ち寄る大好きな場所

2789.JPG

 

 

■こんな風なキッチンの展示も

やはり私は仕事柄(建築・不動産)こんな内装関連が気になります。

2779.JPG

 

 

■絵画店のディスプレ−

派手なデザインの絵画、こちらはヘザーブラウンというハワイでは有名

な画家のもの

2780.JPG

 

 

■わかりやすい絵でしょう?

2781.JPG

 

 

■こんなのも大好き

今回は、この絵を買って帰りました。

2782.JPG

 

 

■マグノリア

このお店で購入しました。

2783.JPG

 

 

■シナモン・ガール

こちらは、若い女性中心に人気のお店

2784.JPG

 

 

■ソーハ・リビング

こちらはインテリア小物のお店、私もこんな風なお店は大好き。

2778.JPG

 

 

■店内の様子

2785.JPG

 

 

■明るくて清潔そう

2786.JPG

 

 

コンプリート・キッチン

こちらも我が家の奥さんが大好きなキッチン関連の小物を取り扱うお店

2787.JPG

 

 

 

 

 

 

 

| 2018ハワイ旅 | 08:16 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2018ハワイ旅:124:ホール・フーズ

美味しい朝ごはんを堪能、その後は近くのカハラ・モールへ出かけます。

モール自体の開店は10時ですから、開店する前にモールの中の「ホール・フーズ」へ行きます。

 

 

 

■カハラ・モール

ホール自体は開いてましたが、核テナントのお店は開店の10時まで空いてませんでした。

2754.JPG

 

 

■表側のイート・インコーナー

お店の外側では、こんな風にお店で購入したものを食べる場所も確保

2755.JPG

 

 

■こちらはお店内の「PUKA’S」

ここは、お店で買ったものをここでいただけたりできる場所、その他にもこの店の商品をダーダ−でき

ます。

2756.JPG

 

 

■おしゃれな店内

2757.JPG

 

 

■ホール・フーズから見たPUKA'S

2758.JPG

 

 

■レジ周辺

2759.JPG

 

 

■おいしそうなカット・フルーツ

2760.JPG

 

 

■ジュース類も充実

アメリカのジュースは美味しいのです。ただ少しお高いのが難点。

2761.JPG

 

 

■きれいなディスプレー

2762.JPG

 

 

■野菜はオーガニック

2763.JPG

 

 

■エコバックも種類がたくさん

2764.JPG

 

■いろんなタイプがあります。

以前はお土産によくこれを購入しました。

2765.JPG

 

 

■透明なケースに・・・

こちらは、ナッツや穀物を量り売りするコーナー

2768.JPG

 

 

■こんな風に透明な容器に

2769.JPG

 

 

■肉だってきれいにディスプレー

2772.JPG

 

 

■お寿司も売ってます

2773.JPG

 

 

■おかずもグラム売り

2774.JPG

 

 

■野菜なんかも好きな分だけ

2775.JPG

 

 

■甘そうなパイ

しかし、これで$22ならそんなには高くはありません。

2776.JPG

 

 

■目にも鮮やかなフルーツ・ケーキ

2777.JPG

 

 

 

| 2018ハワイ旅 | 09:17 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2018ハワイ旅:123:サニーディズの朝食

前回にもこのお店で食べた朝食、美味しいうえに最新式の”インスタ映えするカフェ”ですから行かねばならぬ…‥。

 

『サニー・ディズ』です。

 

 

 

【サニー・ディズ】

■住所:3045 Moasarat Ave. Honolulu

■電話:808-792-2045

■営業時間:8:00-18:00 ■休日:木曜

 

 

 

■カピオラニ公園

この広大な公園の先にモンサラット地区があります。ダイアモンドヘッドのふもとにあるこの地区、最近は

オシャレなカフェ・レストランが並んでいます。

2720.JPG

 

 

■パイアニア・サルーン

ここは有名なランチのお店、日本人が経営してるので細やかなサービスがあり、そのランチも美味しいというの

で評判です。

2722.JPG

 

 

■この店舗の中の1つ

ここは5店舗くらいのお店が並んだ大きな建物の1画にあります。サニ−・ディズはこの中にあるのです。

2724.JPG

 

 

■こちらはお隣の「ボガーツ・カフェ」

中のインテリアがおしゃれです。

2726.JPG

 

 

■上品な感じでしょう?
2728.JPG

 

 

 

■そして、『サニ−・ディズ』

こちらがメニュー

2734.JPG

 

 

■そしてお水のサービスが

最近のハワイのおしゃれなカフェは、こんなビンテージ調の器にドリンクが入れられます。

2735.JPG

 

 

■カラフルなお店の一角

2736.JPG

 

 

■ロゴ入りのコーヒーカップ

$18ですが、日本円で約2,000円ですが記念にはいいのかもしれない。

2737.JPG

 

 

■お店の様子

オシャレでしょう?

2738.JPG

 

 

■店内のメニューボード

2739.JPG

 

 

■オープンキッチン

最近の店は、こんな風にオープンキッチンで中で調理してる様子が見えます。

2740.JPG

 

 

■壁際のロゴ

オシャレなお店のロゴ、このお店・・・日本人が経営・企画してるんですよ。

2744.JPG

 

 

■メニュー

単品のメニューです。

2741.JPG

 

 

 

■こちらはサンドイッチ

2742.JPG

 

 

■こちらは「プレート・ランチ」

つまり日本でいえば○○定食という観念ですね。

2743.JPG

 

 

■こちらは『ベリー・ベリーパンケーキ・トロピカル』$16

まぁ1ことで言えばフルーツたくさん盛りのパンケーキです。フルーツもすごいボリュームですが、パンケーキ

の柔らかさに驚きです。

2745.JPG

 

 

■エッグ・スラット:$14

こちらは、ト−スト&野たっぷりのヘルシーメニュー、我が家の奥さんチョイスでした。

2746.JPG

 

 

■別角度から

かなりのボリュームがありました。ただ野菜が多いのでヘルシーかも‥‥。

2747.JPG

 

 

■パンケーキ

カラフルでしょう?やはり”インスタ映え”してるでしょう?フルーツだけでもすごいボリュ−ム

2748.JPG

 

 

■こちらはお隣のお客さんに撮らせていただいた

エッグ・ベネディクト・・・なかなか美味しかったといわれてました、。

2750.JPG

 

 

■お会計

チップ込みで$40というのは朝ご飯にしては奮発しすぎですが、まぁこんな

贅沢もたまにはいいのかも…。

2751.JPG

 

 

■帰るころにはお客さんでいっぱい

こう見れば、日本人が多いようですね。

2752.JPG

 

 

| 2018ハワイ旅 | 08:37 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2018ハワイ旅:121:早朝のカハラ地区

いよいよ2018年のハワイ旅も最終日、まぁ実質的には明日が帰国する日ですので最終日前日なんですが、

あすは帰国するだけですので今日がハワイで活動できる最後の1日となります。

この日も朝早くから動き回ります。

 

まず、朝1番に朝食へ向かいますが朝早いのでまだお店が空いてなかったので、少し寄り道をしてみます。

オアフ島のシンボルの1つであるダイアモンド・ヘッドを海回りで走って、有名な別荘地のあるカハラ

地区へ向かいます。

 

 

 

■朝7時過ぎ、カラカウア通りを走る

この時間でも、観光バスや工事用の車などがまぁまぁ走ってます。最初

ハワイへ来た時には”カラカウア通りを車で走る”なんてのは思いもしませ

んでした。それくらい、長期間ハワイへは通ってるのかも‥‥。

2689.JPG

 

 

■ツインタワーのハイアット・リージェンシー

おなじみのツインタワー、結構高層階で目立つ建物ですよね。

2690.JPG

 

 

■ホノルル動物園を越えて海沿いに走ると‥‥朝日到来

東の空から朝日が差し込みます。

2692.JPG

 

 

■こんな感じですてき

2694.JPG

 

 

■道端は駐車する車で混雑

何で混雑してるかって?実は、ここはワイキキから近いサーフポイントで、近辺の波乗りをするには最適な

場所。そのために大混雑してます。

2695.JPG

 

 

■海辺ではたくさんのサーファーの姿も

2696.JPG

 

 

■陸ではジョギング・ウォーキングを

2697.JPG

 

 

■そして、「ワイアラエCC」

毎年正月明けの1月中旬、ここでソニー・オープンが開催されます。

2698.JPG

 

 

■プロショップ内

コース内にはメンバーしか入れませんが、ここプロショップは一般人でも入場は可能。

2699.JPG

 

 

■そしてその脇にはカハラの文字が

このカハラというのは、あの有名なホテル『カハラ・ホテル』のこと

2701.JPG

 

 

■これがカハラホテル

2702.JPG

 

 

■入ってみましょう

やはり高級なホテルらしく、豪華なシャンデリアが存在感大

2704.JPG

 

 

■豪華なプールサイド

2706.JPG

 

 

■ロビー付近もいい感じですね

2707.JPG

 

 

■1階のレストラン:テラスサイド

海を眺めながらの朝食、なかなかありませんよね。この前の海はプライ

ベートビーチですから安心して朝の時間を満喫できます。
2710.JPG

 

 

■まだ時間が早いのでお客さんはこれくらい‥朝7時半ころ

2711.JPG

 

 

■屋内のレストラン内

こちらは少し重厚な感じもします

2712.JPG

 

 

■高級ホテルにはやはり卵料理のプロが

通常のホテルにはいませんが、1流と呼ばれるホテルにはちゃんとしたシェフが好みの卵料理を作って

くれますよね。

2714.JPG

 

 

■好みでオムレツ作成中

焼き加減や中身などを全部お好みで作ってくれるんです。嬉しいサ−ビスですよね。

2715.JPG

 

 

■レストラン「プルメリア」

このレストランは世界的にも有名なお店ですよね。1度はここで食事したいものです。

2716.JPG

 

 

■エントランス付近

2717.JPG

 

 

■アップ

2718.JPG

 

 

■こちらはアランチーノ

日本人の経営するイタリアンの3軒目がここに数年前にオープンしました。

2719.JPG

 

 

| 2018ハワイ旅 | 08:10 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2018ハワイ旅:120:和食「ちばけん」

さて、2018年のハワイですが滞在ももう10日目、オアフ島では2日目の夜を迎えます。

この日は久しぶりに和食が食べたくなり、ホテルから歩いて10分程度のお店へお邪魔します。

その名も『ちばけん』です。

 

ご覧ください。

 

 

【ちばけん】

■住所:Ena St. waikiki

■電話:808-941-2800

■営業時間:17:30-23:30 ■休日:日曜

※ちばけんという名の由来は、このお店の経営者が千葉県出身だということです。

 

 

■お店の外観

ワイキキからは位置的には北の端っこ、場所的にはアラモアナ方面になります。路面店で、オレンジの外観

がひときわ目立ちます。
2664.JPG

 

 

■店内の様子

カウンター形式のお店の中、ここ以外にもテーブル席が多数あり落ち着ける店内です。やはり日本の居酒屋

さん風ですので日本人には「ここがハワイか?」なんて思うほど和風でした。

2665.JPG

 

 

■外側のテラス席

居酒屋という提灯も飾ってあり、ここがハワイなんて思わないくらいの居心地の良さでした。お客さんも

日本人が多いようで、外国で日本人嫌いな私でも大丈夫な居酒屋さんでした。

2666.JPG

 

 

■メニュー

1品料理がずらっと・‥‥こんなのがあればやはり安心ですね。そして、日本語と英語の量票の表記でしたので

オーダーする際にもリラックスできます。

2668.JPG

 

 

■とりあえずビール

2669.JPG

 

 

■我々の席からはこんな雰囲気

2671.JPG

 

 

■スタッフのお姉さま

CHIBAKENと書かれたTシャツです。日本ではこんなTシャツを着た店員さんはいませんが、ハワイではどの

店でも当たり前に着てます。お寿司を握る方は日本人ですが、接客のスタッフは現地の方のようです。

2672.JPG

 

 

■後ろ姿

こちらも大きなプリントが

2674.JPG

 

 

■お寿司

お寿司の盛り合わせを頼みました。やはり日本人が作るのは「和風のお寿司」ハワイではカリフォルニア風な

ものが多く、お寿司であってお寿司ではないものが多いのです。

2675.JPG

 

 

■1品料理

こちらはアスパラの豚肉巻き、こんなのはやはり居酒屋の定番メニューですから安心です。

2676.JPG

 

 

■お寿司についてる「ミソスープ」

こんな風にスープ用のレンゲを入れるのがハワイ風、そして、持ってくるタイミングもお寿司が来るかなり前

なんだから、お寿司が完成したころには冷めてしまいますから…。お味の方はGOODでした。

2677.JPG

 

 

■1品料理:イカの天ぷら

こんなのが日本人には嬉しんですよね。酒の肴にはこんなのが大好き。

2679.JPG

 

 

■焼き鳥

これも落ち着くお味

2680.JPG

 

 

■お会計

〆て$40、なかなか良心的なお値段ですね。チップを払っても日本円で

5,000円程度、また来たいとも思いました。

2681.JPG

 

 

■真っ暗なヒルトン前の信号付近

この時間でもまだまだたくさんの人が行き交います。やはり夜でも安全なのがハワイの良さかも‥‥。

2682.JPG

 

 

 

 

| 2018ハワイ旅 | 08:09 | comments(6) | trackbacks(0) | -
2018ハワイ旅:119:モダンホテル

ハワイのホテル事情

 

ここ数年は毎年値上がり傾向で、私の実感するのに5年前の1.5倍くらいに跳ね上がってる感じが

します。しかし、ハワイが好きだから行かないわけにはいかず、少々他を削ってもホテルには宿泊するのです。

まぁホテルのシェア所有権などというのもありはしますが、私の場合は毎年異なったホテルへ宿泊したいので、

いろんな場所やコンドミニアムなんかにもへ宿泊するのです。ネイバーのカウアイ・マウイ・ハワイ島などは

まだ比較的安いホテルもありますが、やはりオアフ島は1段と値上がりが激しい傾向にあります。

 

そんなオアフ島のホテル、この年も少々というのか…‥私のとってはかなりお高いホテルへ宿泊します。

その名も、ザ・モダン・ホノルルです。ご覧ください。

 

 

【ザ・モダン・ホノルル】

■住所:1775 Alamaona Blvd. Honolulu(イリカイとプリンスホテルの間です)

■電話:808-943-5800

■予約:今回もhotel.comにて予約しました。

※ちなみに、1泊のツインルームの料金は宿泊のみで約30,000円でした。

 

 

 

■モダンホテル

ニューヨークの近代的な要素をたっぷり取り込んだこのホテル。白を基調にしたホテル内は「ワイキキで最も

洗練されている」ともいわれ、欧米の若年層のお客が多いのです。

2687.JPG

 

 

■受付カウンター

カウンターは1個の大きなブロックの大木で作られていて、その裏側は「割れたサーフボード」が飾られてると

いう大胆なインテリアに圧倒されます。

2635.JPG

 

 

■ツインルーム

清潔感が漂う白を基調にした部屋、まさに”シンプル・イズ・ベスト”なんですね。
2641.JPG

 

 

■TV関連のブース

こちらは軽快な感じ、置かれてあるウクレレや絵画・カラフルなバンダナなんかもハワイを表現してますね。

2642.JPG

 

 

■ジス・イズ・ハワイ!!

2640.JPG

 

 

■寝心地の良いベッド

サイズはセミダブルクラスのベッドが2つ、少々寝相が悪くても大丈夫

2643.JPG

 

 

■窓際にある1個のソファー

2644.JPG

 

 

■こちらもシンプルなサニタリー

2638.JPG

 

 

■大きな浴槽の洗面所

2639.JPG

 

 

■シャワー・ブース

2637.JPG

 

 

■イケメンのスタッフ

このホテルのスタッフは、白人のイケメンのスタッフ。皆さんフレンドリーです。そして、女性のスタッフは

白人の金髪の女性がほとんど。

2649.JPG

 

 

■ハーバービュー

ここからワイキキのハーバーが眺められます。そして、夕刻ともなると

ここからサンセットが拝められるそうです。

2647.JPG

 

■アラモアナ方面

このホテルから歩いてアラモアナセンターまで約10分、いい距離間です。
2646.JPG

 

 

■アメニティ用品

使用はしませんが、なかなかいいものなんでしょうね。

2654.JPG

 

 

■コーヒーのサービス

1日4個分のコーヒーが用意されてまして、美味しくいただきました。

2655.JPG

 

 

■コーヒー・メーカー

2657.JPG

 

 

■廊下回り

2659.JPG

 

 

■エレベーター

我々の宿泊したのは15階、最上階は17階なんですね。

2660.JPG

 

 

 

 

 

 

| 2018ハワイ旅 | 08:27 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2018ハワイ旅:118:アラモアナセンター

何度も言いますが・・・・・私自身”オアフ島はあまり好きではありません”

 

その訳とは、1.日本人が多すぎる2.物価が高い3.島の割には車も多く運転しずらいといったところ

私にとってのハワイの良さとは‥…古き良き日本があり、気候が年中穏やかであり、休暇に行ってもリラックス

できるという点で古き良き南国の楽園のハワイが好きなんです。そんな中で、せっかく外国に来てもオアフ島では

出会うのは日本人ばかり、レストランなんかでも隣の席から日本語でのOLさんなんかの愚痴を聞いたりすると、せ

っかくハワイへバカンスに来てるのに興ざめしまうのです。その点、オアフ島以外のハワイ・マウイ・カウアイ島

なんかでは早々に日本人には遭遇しませんし、やはり外国へ来てると実感できるのですから、なおさらオアフ島へ

滞在するのが毎年減ってきます。しかし、飛行機の関係で日本から行くのはオアフ島経由が殆どですから、短期間

でも滞在を余儀なくされます。

 

まぁグチはその辺で‥‥オアフ島のメインのアラモアナショッピングセンターをご紹介します。

 

 

 

■周辺の様子

ここ最近では短期間に借れる自転

車の利用が増えてるようで、歩くには少し遠いわいーどちきなどへ行くには

ちょうどいいのかもしれません。

2607.JPG

 

 

■アラモアナホテル

アラモアナセンターに隣接するアラモアナホテル、ここの宿泊したら

歩いてすぐの位置にアラモアナセンターがあるので何かと便利です。

私も過去に3度宿泊しましたが、お値段も手ごろでグルメのお店も周辺

にはたくさんあるのでいいのです。

2608.JPG

 

 

■1階中央のステージ

ここでは何かしらのイベントが開催されてます。

2609.JPG

 

 

■ビッグ・アイランド・キャンディズ

こちらは、中央のステージのすぐ近くにあるハワイ生まれの美味しいクッキーのお店。ハワイ本店にも今回

は行きましたが、やはりクッキーだけに帰りに買うのが荷物にならなくていいのかも。最近はここにできた

ので、いつもお客さんでにぎわってます。お勧めできる美味しいクッキーの1つです。

2610.JPG

 

 

■路面でも最新式の屋台形式のお店も

2611.JPG

 

 

■手作りのサンダル

底やひもの色を変えれるサンダルのお店、何かと個性的で面白い

2612.JPG

 

 

■私の好きなブランド‥‥OAKLAY

こちらは、アメリカ生まれのサングラスのメーカーでサーフイン・ゴル

フ・トレーニングウエアなどで人気があります。

2613.JPG

 

 

■お客さんの年齢層は若い方みたい

2614.JPG

 

 

■たくさんの人・人・人

ここはいつもたくさんのお客さんでにぎわってます。ゆっくり回ると約3時間くらい、それでもまだ時間が足

りません。

2615.JPG

 

 

■アイランド・スリッパー

こちらはハワイ生まれのサンダルメーカー、サンダルの素材が皮でできていて、その履きやすさに5年前くらい

に購入して夏には重宝してます。

2616.JPG

 

 

■Malie

ハワイ好きならご存知のカウアイ島生まれのブランド、自然の花々から

抽出した香りのディフユーザーが有名です。私もその香りが大好きで、

年中私のオフィスは「プリメリア」の香りで満ち溢れてます。

2618.JPG

 

 

■ディフユーザー

爽やかな香りが約1年間持続します

2620.JPG

 

 

■FOREVAR21

四国のような田舎町にはH&MやFOREVER21なんてないので興味津々

2624.JPG

 


■アバクロ

今から7年くらい前にはTVなどで有名人たちが来ていて爆発的な人気でしたが、最近はその影も見られなく

なりお客さんの入りも今一つ‥。ブランド商売は大変だと実感します。

2626.JPG

 

 

■お店の盛り上がりに欠けてます。

2627.JPG

 

 

■駐車場はいっぱい

この写真の1番左側にあるのがアラモアナホテル、駐車場の脇から歩いて行けます。この日のハワイも晴天、

快晴の空のもとで楽しくショッピング、

2630.JPG

 

 

■こちらはこの年にオープンしたTARGET

アラモアナセンターに立ち寄る際にできたので便利です。

2631.JPG

 

 

■TARGETの外観

2632.JPG

 

 

 

 

 

 

 

| 2018ハワイ旅 | 08:44 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2018ハワイ旅:117:ピギー・スモールの激うまランチ

さて、オアフ島の最近最も注目されるカカアコの街を車で散策、やはりこの周辺の街の壁画は

芸術なんだと改めて思わされます。

 

そして、時間もお昼頃になりランチをいただきにオアフ島の情報の中心地のワード地区を訪ねます。

その地区の名店『ピギー・スモール』を訪ねます。

 

 

【ピギーズ・スモール】Piggy's Smalls・・・新進ベトナム料理

■住所:1200 Alamoana Blvd.(ワード・ウエアハウス内)

■電話:808-777-3588

■営業時間:10:30-15:00,17:30-22:00

 

 

 

■ワード地区

アラモアナショッピングセンターの近く、最近話題のお店がたくさんオープンしたワード地区。ワイキキ周辺

からは少し距離はありますが、行く価値は十分にあります。

2580.JPG

 

 

■ピギー・スモールのお店

道沿いにあります。このお店は、ワード・ウエアハウスという大きな

モールの中にあります。

2579.JPG

 

 

■派手な壁画

アジア的な絵画ではないのですが、大きな壁1面にインパクトのある絵が壁に直接描かれています。

2574.JPG

 

 

■混雑する店内

人気店というのと、ちょうどお昼ごはん時に邪魔したもんだからこんな混雑ぶり

2575.JPG

 


■こんな子豚のオブジェも

2576.JPG

 

 

■オープンキッチン

こんな風に作業してる様子も見えます

2577.JPG

 

 

■違う角度から店内を

高い天井も最近のお店の特徴です。

2578.JPG

 

 

■お店の正面の営業案内

2581.JPG

 

 

■目の前にはこんな個性的なビルディングが

2582.JPG

 

 

■案内されたテラス席

やはりハワイのランチはこんな屋外もいいのかも

2583.JPG

 

 

■お箸とフォークが

2584.JPG

 

 

メニューをにらんでチョイスします

2585.JPG

 

 

■最近はこんなビンテージ風なグラスが多いようで

2589.JPG

 

 

■陽気なお姉さま

2590.JPG

 

 

■オーダーしたもの

向かって左が「フォ−・パストラミSW」、そして右側が「フライドチキン(LFC)」です。

2591.JPG

 

 

■フライドチキン

鳥の手羽肉をこんがりと揚げたフライドチキン、鳥肉には酢醤油がかかってあって下味もバッチリついてあり

ます。お店の看板商品ということです。

2592.JPG

 

 

■こちらも看板商品

こちらは、豚肉のチャーシューを挟んだサンドイッチ、これを容器に入った和風ぽい出汁につけながらいた

だくのですが、これが実に美味しいのです。

2593.JPG

 

 

■たくさんの豚のチャーシュー

豚肉の照りかげんが抜群なんですね。

2594.JPG

 

 

■チキンもボリューミィ

周囲にかけられたピーナツの風味もいいバランスで…。

2595.JPG

 

 

■肉好きにはたまりません

2596.JPG

 

 

■鳥さんも完食

美味しくいただいちゃいました。

2598.JPG

 

 

■こんなレシートが

ついてきたのはレシートとベトナムの紙幣をコーティングしたもの

2600.JPG

 

 

■全部で32ドル

チップ込み約40ドル、これならまた来てもいいかも‥‥。

2599.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 2018ハワイ旅 | 08:21 | comments(4) | trackbacks(0) | -
2018ハワイ旅:116:カカアコの偉大な落書き?

1晩宿泊したカイルアの街をあとにオアフ島の中心部に戻ります。

 

今回のオアフ島の滞在もあと2日、やはりショッピングはオアフ島が1番品数も豊富で欠かせません。

バリハイウエーを通って車で約30分、最近オアフ島で最も発展している新しい街カカアコへ向かいます。

ここカカアコは、もともとは工業地帯で周辺は倉庫街ですが、最近では近代的なビルの建設ラッシュで、

そんな場所にオシャレな若者たちが集結しています。そして、毎年2月に開催される「パウ・ホウ・ハワイ」

というイベントでこの地区の壁に様々な壁画が描かれていて、そのすごさに観光客も多数集まっています。

 

そんなカカアコの街を探索します。

 

 

■こんな落書き?

いえいえ‥‥落書きなんては言えません、この絵画を描いたのは著名なアーチストたちで、落書きなんかじゃ

ない芸術なんです。文字の下に観光客がいますが、それと比較すればどんなに大きな絵だというのがわかるで

しょう?※ちなみに、ALOHAと書かれてあります。

2543.JPG

 

 

■こちらも建物の壁に

この付近は工場や倉庫の多い場所、そんな日常味気のない場所の壁に色を付けると素敵な感じに変身!!

2544.JPG

 

 

■涼しげなペイント

2545.JPG

 

 

■こちらのイラストは

この建物が『ソルト・アット・カカアコ』というこの地域のシンボル的な建物なんです。この中には有名な

カフエやブティックがたくさんあって、流行の先端を行くローカルの若い人たちでにぎわいます。

2546.JPG

 

 

■こちらにもイラストが

2547.JPG

 

 

■こちらは現在制作中

現在はまだ下絵の段階、これからどのように変身するのかも楽しみ

2548.JPG

 

 

■周辺は高級コンドミニアムが建設ラッシュ

2549.JPG

 

 

■壁には力作も

2550.JPG

 

 

■見ていて飽きません

2551.JPG

 

 

■こちらは有名な文具店の壁に

こちらは、「フィシャー・ハワイ」という文具店の壁画、常にたくさんの観光客がここに来場してます。

2552.JPG

 

 

■何か斬新な空間で

2554.JPG

 

 

■ユニークなペイント

2555.JPG

 

 

■でっかいコンドミニアム

2556.JPG

 

 

■なんとも言い難い人の表情

2561.JPG

 

 

■こちらは現在営業中の店舗の一角

2562.JPG

 

 

■色とりどりでなんとも素敵

2563.JPG

 

 

■見飽きませんなぁ

こんな光景があちらこちらで…。

2564.JPG

 

 

■素晴らしい

2565.JPG

 

 

■こちらも有名な作品

女性のサングラスに例えた窓ガラス、ユニークで大好きです。

2566.JPG

 

 

■古い倉庫に近代的なビル

2567.JPG

 

 

■不思議と明け抜けた感じがしますね

2568.JPG

 

 

■ただの倉庫の壁が芸術作品に

2569.JPG

 

 

■これは決して落書きではありません。

2570.JPG

| 2018ハワイ旅 | 08:09 | comments(0) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ